HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  VISION  »  Arcane Magic Voil.3 カード考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arcane Magic Voil.3 カード考察

遅ればせながら博麗神社例大祭で頒布開始された新カード達の考察です。

今回は「オーバードライブ」という新ルールが導入されましたが、
こちらの「Arcane Magic Voil.3 」はラストワードの方。

おさらいのため、ラストワードのルールを書いておきます。

(自動β):
〔このカード〕はあなたの場にこのカードの術者がいない場合はプレイ出来ない。
(自動β):
〔プレイされているこのカード〕が他のカードの目標になった場合、
そのカードのプレイを無効とし、破棄する。
(自動β):
〔このカード〕がプレイされずに場に出る場合、
このカードの術者のいない場に出ることは出来ず、破棄される。


基本的にはノード0コスト0として扱います。
「伝統の墨守チーム」のように場のカードが目標を取る場合には無効にされますが、
ほとんど止められることはないでしょう。
おっと、ディゾブルスペルでは無効にできます。
採用するひと増えるのかなーディゾ。1ドローがなーという考えもあるんですけどね。



術者が出ればプレイできるラストワード。
グリモアやBNBが強力だっただけに今回のカードたちはどんなものなんでしょうか・・・


★PR.165 「ブランブリーローズガーデン」
NODE(0)COST(0) 術者:古明地 こいし

【ラストワード】 【世界呪符】
(自動γ):
〔あなたの場のカード〕が相手プレイヤーがプレイしたカードの効果の対象になった場合、
〔相手プレイヤー〕に4ダメージを与える。



会場限定PRと封入PRで例大祭で買うと一気に数が増える・・・
こんなカード、増やしてもいいのでしょうか・・・
「効果の対象」は「目標を取る」も含まれます。
いわゆる〔〕内に書かれていることが自分の場のカードを対象や目標に取っている場合は
4ダメージが発生します。
これはこいし出された後プレイされたらツライなー
ちなみにギャスで1キャラを目標に取ってもスカデビで大量に葬り去っても4ダメージ。
そしてカタディと一緒で自動αについては先に出されている場合は4ダメージの対象にならない。
このカードを出していて自動αで対象を取られた場合は4ダメージが発生する。
また、このカードを防ぐにはカタディと神前試合。
どちらもこのカード自身を対象には取っていないため。



★No.1461 「サングレイザー」
NODE(0)COST(0) 術者:霧雨 魔理沙

【ラストワード】
目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕をスリープ状態にする。
その後、〔グレイズがX以下の相手キャラクター全て〕を決死状態にする。
Xはこの効果でスリープ状態にしたキャラクターのグレイズの値に等しい。



目標の自分のキャラをスリープにすることによって相手の場を壊滅に追い込む。
グレイズ3以上のキャラを目標にすればほぼ間違いなく全滅するだろう。
効果の対象が相手キャラ限定というところが非常に強いのだが、
目標を取らせないようにジェラで殺してしまえば・・・と思うとそれなりか。
ジェラを躱すためにアイスバリアなどなど手札に持っておきたい。
神の加護、魔鏡をよく見る環境下、どこまでブッパできるのか。




★No.1462 「華麗なる親父時代」
NODE(0)COST(0) 術者:雲居 一輪

【ラストワード】 【ターン1枚制限】
〔あなたのデッキ〕を全て見て「帯電入道」1枚を抜き出し、
あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。
その後、デッキをシャッフルし
、あなたの場の「帯電入道」全てにデッキの上のカード1枚ずつセットする。
そのカードは以後、以下の効果を持つ呪符カード「雷雲」として扱う。
「戦闘修正:+3/+3 先制」



まず、「帯電入道のテキストをば。

★No.1080 稲妻「帯電入道」
GRAZE(1)NODE(3)COST(1) 術者:雲居 一輪

【幻想生物】
(常時)スリープ:
〔このキャラクターにセットされている「雷雲」1枚〕を、〔あなたの場の別のキャラクター1枚〕に移す。
(自動γ):
〔このキャラクター〕が相手プレイヤーのカードの目標になった場合、
〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。
そのカードは以後、以下の効果を持つ呪符カード「雷雲」として扱う。
「戦闘修正:+3/+3 先制」

攻撃力(3)/耐久力(3)


帯電入道専門セットカード生成カードとみていいかと。
帯電入道の効果でセットカードが増える場面は相手のカードに目標を取られた場合なので
基本的には除去されるとき以外になかなか考えられない。
デッキから帯電入道を抜き出さない場面でもセットはできるので
使いまわせば無視できない状態になると思われる。
また、このカードの効果で帯電入道を出した場合、すぐに呪符を他のキャラに移せるので
戦闘での干渉の駆け引きとしても使ってもいいだろう。
また、「雷雲」は「雲」を含む名称カードなので、12弾雲山で手札に回収ということもできますが、
このカードに比べて12弾雲山のセットカード展開の方が融通が利いて早いので何とも。



★No.1463 「アーンギラサヴェーダ」
NODE(0)COST(0) 術者:聖 白蓮 ◎

【ラストワード】
〔あなたの場のキャラクター1枚〕をスリープ状態にする。
その後、ターン終了時まで〔あなたの場のキャラクター全て〕は、
この効果でスリープ状態にしたキャラクターが持つ全ての戦術と「戦闘修正:+3/+3」を得る。
但し、この効果で同じ戦術を複数得ることは出来ない。



自分のキャラを1枚スリープすることによって戦闘修正と戦術をいただいてしまうカード。
聖サンがいないとプレイ出来ないのが一番の難点ですが、
今回出た術者サーチカードでなんとかなるレベルかと。
とはいえ、そのカードも自分ターン制限でスリープで出るので結構ツライが・・・
12弾聖を出してこのカードをプレイして隠密キャラをスリープにする・・・
2枚プレイ出来れば
幻想の四季かリグル付きのバタフライストームで裏向き並べるだけでゲームが終わりそうですが、
それはいつも通りの幻想なのか・・・果たして?


★No.1464 「大火の改新」
NODE(0)COST(0) 術者:物部 布都 ☆

【ラストワード】
〔全ての冥界にある、「呪符」を持たないカード全て〕をゲームから除外する。
その後、取り除いたカード6枚につき1ダメージを
〔任意のキャラクター〕と〔任意のプレイヤー〕に振り分けて与える。

(自動β):
〔このカード〕が冥界にある場合、あなたの冥界のカードは呪符カードとしても扱う。



・・・「大化」ではないのね(笑
冥界大量除外カード。冥界にカードの存在を許さない。
除外したついでにダメージが発生すると考えた方が無難かと思われる。
しかし、このカード、布都よりも八雲に相性がいい気がする。
山焼きしてこのカードプレイして八雲立つ夜2回プレイすればゲームが終わり兼ねない。
ただし、地獄相手には無力なので希望の始まりを貼りたいところだが、
このカードの自動βも消えるので・・・冥界利用カードは入れないことが吉かと。
地獄デッキにこのカードを入れれば自分の冥界を気にせずに
相手の冥界を除外できるので、冥界利用デッキ対策にはいいのかもしれない。


★No.1465 「詔を承けては必ず慎め」
NODE(0)COST(0) 術者:豊聡耳 神子

【ラストワード】 【世界呪符】
(自動γ):
あなたがスペルカードをプレイした場合、〔相手プレイヤー〕はその干渉終了時まで、
必要ノードがX以下のコマンドカードをプレイすることが出来ない。
Xはあなたがプレイしたスペルカードの必要ノードの値に等しい。
(自動γ):
〔このカード〕が相手プレイヤーのカードの効果で破棄された場合、
〔相手プレイヤー〕は手札を破棄する。



厄介な世界呪符が出たものである。
4ノード以上のスペルカードは威令で止められないと書いてある。
エレンがいればノードがー2になるものの今度はエレンの効果で戻されるから大した解決になっていない。
そしてこのカードの真意はまた別のところにあって、
4ノード以上のスペルカードをプレイした場合、相手は威令も阻止も風水も神仙はおろか
波動やジェラシーなどもプレイできないため、
ここぞとカードをプレイし放題となること。(止められることがないのでね)
リバースヒエラルキーとともに貼ったらいい動きしそうなんだけど、
ヒエラルキーデッキ自体あまりカウンターされてもそんなに気にならないデッキだろうしなー
ここは好みが分かれるか。
ちなみに相手プレイヤー手札破棄の効果は対象を取ってようが取ってなかろうが関係ない。
例えばカタディは対象に取っていないけど、上の自動γでカタディの効果を使った場合は
カタディの効果でこのカードが破棄されるため、下の自動γが解決される形。
カタディを2枚貼りするか、神前試合を貼ってテキスト無効にするか・・・
まあ、スペルは全て通してもいいよーってデッキならスルーでいいかもしれないが。



★No.1466 「スーパースコープ3D」
NODE(0)COST(0) 術者:河城 にとり +

【ラストワード】 装備
(常時)コスト1:
〔あなたの手札にあるキャラクターカード1枚〕を破棄しても良い。
破棄した場合、目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕にXダメージを与える。
Xは破棄したキャラクターカードの攻撃力の半分(端数切り上げ)に等しい。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
(常時)コスト2:
ターン終了時まで、〔このキャラクター〕は
スペルカード、コマンドカード、及びキャラクター効果の目標にならない。



ラスワ初の装備カード。
戦闘の干渉で常時効果を使い戦闘補助で使える。
14弾咲夜の能力を付随したようなものと思えばよいかと。
14弾咲夜の場合は冥界から戻ってくる銀ナイフを破棄して繰り返し使えるのですが、
手札のキャラクターカードを破棄するというハンドディスアドが少し気になる。
もう一つの常時効果は目標に取るカードからは守れるものの
全体効果には無意味。
微妙な装備カードかな・・・



★No.1467 「八百八狸囃子」
NODE(0)COST(0) 術者:二ツ岩 マミゾウ ☆

【ラストワード】
〔あなたの冥界にあるキャラクターカードとスペルカード全て〕を裏向きにして、
あなたの場にスリープ状態でセットする。
以後、そのカードがキャラクター「狸(GRAZE1、1/1、種族:獣」として扱う。



冥界に落ちているスペル、キャラを場に出せる。
スペルのため、スリープ状態で出るということでアクティブにするには
相手ターンを超えないといけないのですが、
動と静の均衡を使えば一気に攻勢に転じることも可能。
冥界に25枚以上キャラやスペルが落ちていれば削り切ることも可能となる。
また、冥界のどのキャラをどこに置いたか記憶しておいて耳無し芳一で表にしてしまうことも可能。
・・・ちなみに変身して名称が変更されている場合、プレイできないので注意。



★No.1468 「仮面喪心舞 暗黒能楽」
NODE(0)COST(0) 術者:秦 こころ ☆

【ラストワード】
〔場のキャラクター1枚〕に4ダメージを与える。
その後、〔相手プレイヤーのデッキの上のカード1枚〕を破棄する。
この効果で破棄したカードの種類により、以下の効果を解決する。

・キャラクターカード・・・〔相手プレイヤー〕に5ダメージを与える。
・スペルカード・・・〔あなた〕はライフポイントを3得る。
・コマンドカード・・・〔あなた〕はもう1度このカードをプレイしたものとして効果を解決しても良い。



目標を取らない単体4ダメージ。
これだけでも十分使い勝手は良さそうですが、
相手のデッキの上1枚を破棄してその種類によって効果が変わる。
コマンドカードを破棄できた場合はもう1度解決できるため、
ダメージ蓄積で耐久8のキャラまで倒せる形となる。
ちなみにこの解決中は干渉のタイミングがないため、
相手のデッキがコマンド続きだと相手キャラを全滅させることも可能。



★No.1469 魔界不変のペシミズム
NODE(4)COST(2) ☆

【自分ターン1枚制限】 抵抗(2)
このカードは
あなたの冥界に「ラストワード」を持つスペルカードがある場合のみプレイ出来る。
〔相手プレイヤー〕は手札のカード2枚までを選べるだけ選び、破棄する。
但し、相手プレイヤーは自分の冥界にあるスペルカード2枚をゲームから除外することで
この効果を無効にする事が出来る。



ラスワが冥界にある場面限定のハンデスカード。
しかし、相手は冥界のスペルカードを2枚除外することによって無効にすることができ、
限定条件があるわりには少し弱い印象を受ける。
同じノード4コスト2ならば情報戦の方が優秀かと。ピーピングもできますし。
ただ、地獄相手ならば問題なくハンデスとなるため、
ハンデスに特化したいデッキならば採用の余地はあるかも。(天狗のラスワないけどね)




★No.1470 ムーンサイドフェスティバル
NODE(5)COST(X) ☆

【自分ターン1枚制限】
〔あなたの手札にある「ラストワード」を持つスペルカード1枚〕を公開しても良い。
公開した場合、あなたのデッキを全て見て、
〔名称がAであり、コストがX以下のキャラクターカード1枚〕を抜き出し、
あなたの場にスリープ状態で出しても良い。
その後、デッキをシャッフルする。Aは公開したスペルカードの術者に等しい。



ラスワをプレイするために術者をサーチするカード。
このカードのプレイが通ってしまうと十中八九ラストワードが飛んでくると思われる。
例えばスカーレットデステニー、一番軽い10弾レミリアはコスト3で出せる。
デステニーデッキはレミリアを出すまでに時間がかかっていたのですが、
このカードで簡単にサーチできるようになる。
これはレミリアの例ですが、12弾こいし(コスト3)をサーチしたり、11弾神子(コスト4)をサーチしたりと
ラストワード関係なく警戒持ちの大型キャラを持ってこれるのは強いと思う。
しかも、こいしも神子もラストワードは厄介な効果を持つ世界呪符・・・
とはいえ、ノードが4以下のキャラをサーチするには重いと思われるので
どのキャラのラストワードを使うのかで採用を決めたい。



以上、カード考察でした。

ラストワード、増えたなー使えるかどうかはわからないけど。

そういえば、衛星斬見せたらムーンサイドフェスティバルでみょんが登場するのかー
そう考えたらやはりムーンサイド強いなー

樹海見せたら輝夜登場ってそれもコマルーアクティブ飛ぶし。

次回はオーバードライブ編です。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。