HOME   »  VISION  »  【遅報】 Arcane Magic Voil.1 考察

【遅報】 Arcane Magic Voil.1 考察

皆様、いかにお過ごしでしょうか・・・

最近、艦隊なんちゃらにはまってしまいまして
すっかりブログの更新をさぼってしまいました・・・

艦隊なんちゃらはいけません!
中毒になります、ヤバイです、楽しいです、なんででしょうね・・・
ただの「作業ゲー」なのに。


ただ、先日の大⑨州東方祭8であるサークルさん
(あの炎上したカードゲーム・スリーブ制作サークル)が言っていました。
艦隊なんちゃらの人気ぶりは東方の初期に似ている・・・と。

この方の予言通り、大きい流れになるんですかね・・・
アイマス、ボカロ、東方・・・の次に艦これが・・・


まあ、そちらよりもエロゲをやっているのが
ブログ更新をさぼっている原因だったりしますが(ぁ



さて、言い訳はこれくらいにして
大⑨州東方祭8から頒布開始となった新カードの考察を
遅ればせながら書いていこうと思います。


今回は新ルール「ラストワード」の搭載です。


ラストワードのルール説明から。

10.32 ラストワード
10.32.1
ラストワードは特殊効果である。
10.32.2
ラストワードの本来のテキストは以下の通りである。
10.32.2.a
(自動β)〔このカード〕はあなたの場にこのカードの術者がいない場合はプレイ出来ない。
10.32.2.b
(自動β)〔プレイされているこのカード〕が他のプレイされているカードの目標になった場合、
そのカードのプレイを無効とし、破棄する。



術者がいないとプレイできません。
・・・ということは術者がいない場面でのテリブルは解決失敗します。

今まで名称を変更するために使用されていた「変装」は
テキスト修正が行われて封術を付与することに。
封術が付いてしまうと術者として扱われなくなるため、全くの無意味。

またそれ以上に威令や断罪裁判、陰謀論で無効にできないのが非常に厄介。

唯一、ディゾブルスペルだけ
テキスト中に「無効にすることが出来ない」という文があるため、
「~ない」の方が優先されるというルールから防ぐことが出来る。

そして「プレイされているカード」が対象の効果のため、
すでに場に出ている墨守チームなどの効果では防ぐことができます。
・・・なので、14弾エレンがいる場面ではどうやっても防げないなぁ・・・


そんな感じなので、プレイされたらほぼ通ると思っても間違いないでしょう。
プレイされた後の干渉で術者をどうこうしても関係ないし。
(術者が必要なのはあくまでプレイする条件、干渉時には満たされてプレイされている)

ラストワードをプレイされる前に術者を葬り去る・・・
プレイさせないためにはこれが一番かと。

逆に考えると、ラストワードで勝負を決めるなら
術者はその直前まで出さないこと・・・これを心掛けたい。
(術者プレイし解決後、次の動作でプレイすれば相手に干渉の余地がない)



では、新カードの考察。
・・・ノードコストがないので、書くの楽。
ラストワードのカードはノード、コストともに0として扱います。
(なので14弾夢美で冥界から回収可能なんですよ・・・なんて恐ろしい)


★No.1341 「季節外れのバタフライストーム」
術者:リグル・ナイトバグ

【ラストワード】
以下の効果から1つ選んで解決する。

1.
〔相手プレイヤーの冥界にあるコマンドカード全て〕を裏向きにして
あなたの場にアクティブ状態でセットする。
以後、そのカードはキャラクター「夢蝶(GRAZE0、0/1、種族:なし」として扱う。

2.
ターン終了時まで、
〔あなたの場の「夢蝶」全ては「戦闘修正:+3/+3」を得る。



相手の冥界に落ちたコマンドカードの枚数頼みという
なんとも安定しなさそうな効果を持つ。
ただ、コマンドカードが入ってないデッキは皆無に近いので
中盤以降の落とし込みには活躍するかと。
このカードを2回連続プレイして1と2を選ぶと
攻撃力3の夢蝶がわらわら現れて勝負を決めることも。
なお、夢蝶は11弾リグルやバタフライストーム生成可能。


★No.1342 「ブラインドナイトバード」
GRAZE(1) 術者:ミスティア・ローレライ

【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密
(自動α):
〔あなたの場の「ナイトバード全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。
この効果は重複しない。

(自動γ):
〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。
その後、相手プレイヤーにXダメージを与える。
Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。
このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を
本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。

攻撃力(3)/耐久力(3)



みすちーの幻想生物。
速攻で出て隠密攻撃4・・・と侮れない能力を持つ。
特に種族なしの隠密なので非常に厄介かと。
守りでも先制を持つので、それなりに壁として活躍もできそう。
また、効果ダメージを受けると相手へのバーンダメージが入るため、
強化して攻撃した後に不意打ちをプレイ・・・なんていうのもいいのかもしれない。



★No.1343 「デフレーションワールド」
術者:十六夜 咲夜 ☆

【ラストワード】
ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕の手札のコマンドカード、
及びプレイされているコマンドカードのテキストは以下に変更される。
但し、この効果では「装備」、「呪符」、「装備/場」の
いずれかを持つカードのテキストは変更することは出来ない。
「〔相手プレイヤー〕に4ダメージを与える。」



プレイヤーのコマンドカードがバーンカードに早変わり。
テキストが変更されるだけなので、ノードやコストはそのまま。
このカードを根幹に置くときはマナ生や霞網などコストの低いカードを大量に採用したい。
ただ、相手も同じようにプレイできるため、
自分のライフが少ないときにプレイするのはおススメできません。
ちなみにこのカードの効果でバーンキルを完成させるには
コマンドカード6枚が必要。
序盤に計量キャラで削ってからの開始・・・が理想かと。
また「変更」なので同じターンに2回プレイしても8ダメージとかにならないので注意。



★No.1344 「グランギニョル座の怪人」
GRAZE(0) 術者:アリス・マーガトロイド

【ラストワード】【幻想生物】 速攻 マナチャージ(1)
(自動α):
〔「アリス・マーガトロイド」以外のキャラクター全て〕は「人形」を得る。
(常時)スリープ:
目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕を破棄する。
その後、〔相手プレイヤー1人〕に4ダメージを与える。

攻撃力(5)/耐久力(5)



アリス以外、みんな攻撃できなくなる・・・そんな効果を持つ。
当然、このキャラも人形を持つことになるため、攻撃出来ない。
相手のビートを止めるにはうってつけ、時間稼ぎにもなるので
耐久型デッキには重宝すると思われる。
また、速攻で出て即マナチャージが出来るとか
即効果で相手にダメージ与えられるとかそつがない。
・・・実は12弾こいしと相性がいい。
相手が攻撃できずに立っていても隠密ですり抜けられるし、
そもそもアクティブ状態では人形にならないので攻撃することが可能。
そして、常時効果ではパペットリッターとの相性が○。
もしくは殺人鬼プレイ後、このキャラ自身を破棄って総攻撃とか
いろいろできそうな気がする。


★No.1345 「スカーレットデステニー」
術者:レミリア・スカーレット ☆

【ラストワード】
目標の〔相手プレイヤー1人〕にXダメージを与える。
その後、〔このカード〕を除外する。
Xは25からあなたのライフポイントを引いた値に等しい。
但し、Xの最低値は1とする。



今回出たカードの中で一番の要注意カード。
ネクストヒストリーや金鉱床で自分のライフを減らし
術者を用意すればほぼ防がれないので安定しすぎている。
ちまたでは「1ターンキル」できるとも言われているが、
手札に来ずに中盤以降でも一気に勝負を決められる強さを持っている。
14レミリア干渉エニグマ→デステニー・・・この流れが完璧か。
また、レミリア、デステニー2枚でも十分そのターンで決められるところが恐ろしいところ。

カタディは当然、雲外青天や森羅結界で防いでいきたいところ。
初ターンキルされたら・・・仕方ない、あきらめよう。




★No.1346 「無何有浄化」
術者:上白沢 慧音(白沢) ☆

【ラストワード】
〔全てのプレイヤーの冥界にあるコマンドカード全て〕をデッキに戻し、シャッフルする。
その後、〔相手プレイヤー〕は
〔自分の場のカード、及び手札を合わせてX枚まで〕を選べるだけ選び、破棄する。
Xはこの効果で相手プレイヤーがデッキに戻したカードの枚数から
あなたがデッキに戻したカードの枚数を引いた値に等しい。
但し、Xの最低値は1とする。

(自動β):
〔このカード〕が手札から破棄された場合、
〔あなた〕は〔アクティブ状態のノード1枚〕を選び、破棄する。



コマンドカードを冥界から戻し、あわやくば相手の手札や場をずたずたにする。
その後以降は「おまけ」程度で考えてもいいのかもしれない。
コマンドカードがデッキに戻る
・・・取引や威令など手札に持っておきたいカードを再び使用する可能性を見いだせる。
そのかわり、冥界にあって効果を発揮するようなカードがある場合は
このカードとの相性は最悪だったりする。
自分にとっては最悪だが、相手が冥界のコマンドカードに依存したり参照したりするデッキだと
結構な確率でささるのではないだろうか。

一応、失われた希望が落ちていたり相手の場におじいちゃんがいる場合は
プレイしないよう気を付けたい。



★No.1347 「フェニックスの太陽」
術者:藤原 妹紅 ☆

【ラストワード】
〔あなた〕はコストX支払う。
その後、〔あなたの冥界にあるキャラクターカードX枚まで〕を
裏向きであなたの場にアクティブ状態でセットする。
以後、そのカードは以下の効果を持つキャラクター
「火の鳥(GRAZE1、4/3、種族:なし)」として扱う。
但し、Xの最大値は3とする。
「(自動γ):
 〔このキャラクター〕が戦闘によって決死状態になった場合、
 あなたはこのキャラクターを手札に戻しても良い。」



妹紅がいる状態でこのスペルをプレイする旨みを感じれないのだが(汗
ただ、冥界から場を経由して手札に回収する手段としては
条件が厳しいもののアリな効果。
アクティブで登場するため、
グレイズ1攻撃4はいいアタッカーにはなるとは思うのですが・・・
やはり術者が山焼き特化のの力を持っている(一部除く)ので
かみ合わない印象・・・使っても耐久のための壁・・・かな・・・


★No.1348 「深弾幕結界ー夢幻泡影ー」
術者:八雲 紫 ◎

【ラストワード】
〔このカード〕と〔場のカードX枚まで〕をゲームから除外する。
Xはあなたの冥界にある「弾幕結界」の枚数に等しい。
但し、Xの最低値は1とする。



防ぐことのできない大量除外カード。
弾幕結界が冥界に落ちてなくても1枚は除外できる、それは強い。
弾幕結界を含むカードがこのカード以外では
・大結界「博麗弾幕結界」
・紫奥義「弾幕結界」
・・・のこの2種類。

弾幕結界より優秀なものの能力が被るなぁ・・・
どちらも連結持ちだし。
強そうだけどなかなか見ないのは参照するカードが使えないからなのかもしれない。
ただ、単体除去としては強い。
その方向で考えて採用するのはアリかもしれない。



★No.1349 迷惑な妖怪退治
NODE(1)COST(1) +

目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。
Xはあなたの冥界にある「ラストワード」を持つスペルカードの枚数の2倍に等しい。

(自動β):
あなたのカードのプレイが無効にされた場合、〔冥界にあるこのカード〕を手札に戻しても良い。
但し、この効果で「迷惑な妖怪退治」を一度に複数枚手札に戻すことは出来ない。



ラストワードを多用するデッキには嬉しいコマンド除去カード。
・・・だけど、このカード目標取るんだよね・・・
ノードコストは軽いけど、序盤では使えない・・・
これを使うなら他の除去使った方がいいかもしれない。



★No.1350 東方妖怪小町
NODE(3)COST(1) ☆

〔全てのプレイヤー〕は自分のデッキを全て見て、
「ラストワード」を持つスペルカード1枚、または「ディゾルブスペル」1枚を抜き出し、
公開してから手札に加えても良い。
その後、全てのプレイヤーはデッキをシャッフルする。



ラストワードかディソルブを回収できるカード。
・・・とはいえ、ラストワードをプレイする側から見ると
相手がディゾルブ回収したらアボーン・・・となるよね・・・
同じノード3ならば魔法研究の方がいいのかもしれない。






・・・以上、考察でした。

デステニーは・・・やはり25-ライフ・・・と25固定がおかしな設定だと思う。
デイメアの10固定と同じような感じ。
他のスペルもなかなか個性的な強いものが揃ったように思う。
(使える使えないは別として)


まあ、ラストワードは術者添えられたらほとんど防げない、
成すがままになってしまうので、
術者を出させないようにするとかハンデスするとかで対応するしかないのかも。


来週ある「東方観月宴」には参加できません(東方紅楼夢のスタッフ)が、
結果がどうなるのか、非常に興味深いです。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード