HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  デッキレシピ考察のようなもの  »  上位デッキについて考える<第58回 広島東公認 1位>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上位デッキについて考える<第58回 広島東公認 1位>

・・・明後日(18日)は岡山公認。

まだデッキを考えていない・・・この記事書いてから考える予定。

今の形を大きく変えたいな・・・

でも・・・る~こといるでしょ、
ムラサ入れたい、穣子入れて、雛入れて、
神奈子入れるデショ・・・あれ?変化ないのか・・・?

ま、後で吟味しよう・・・

明日は仕事休みだから・・・考える時間も調整時間もありますし・・・ね。
(夜から飲みだからそれまでになんとか・・・)


さて、今回の記事は
先日開催した「第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認)で
見事に優勝されましたAFK様のデッキレシピを考察しようと思います。

まずはデッキレシピ。


<キャラクターカード0枚>

<スペルカード8枚>
3 新史「新幻想史-ネクストヒストリー-」
3 河符「ディバイディングエッジ」
1 想起「テリブルスーヴニール」
1 魔眼「ラプラスの魔」

<コマンドカード42枚>
3 マナの生成
3 情報戦
3 紅葉狩り
3 強引な取引
3 可視化の儀式
3 香霖堂
3 タイムパラドックス
2 作戦阻止
3 是非曲直庁の威令
2 魔法研究
3 未来予知
2 永夜の術
2 破壊工作
3 雲外蒼天
2 神前試合
1 破滅の呼び声
1 思念の看破

<サイドボード>
2 秘術「天文密葬法」
3 閉ざされた瞳
3 魔力掌握
2 陰謀論



雪舞ビート・・・と、本人は申していますが、
ディバパラ神前ラプラスでございます(笑

勝ち筋は・・・だいぶ知れたとは思いますが、

ディバイディングエッジ+タイムパラドックスで
キャラを指定し、デッキ=手札にします。

大量の手札から情報戦で相手の手札を見て
(これはディバパラ決める前にプレイする場合も)

ラプラスの魔→干渉神前試合

その後、破壊工作で神前試合を割ってラプラスの効果で勝利をつかむ・・・

・・・その「勝ち筋」の割にはこのデッキ、

ラプラスが1枚(テリブルを含めても実質2枚)、
素材の思念の看破、破滅の呼び声がそれぞれ1枚ずつ・・・

そして、神前試合も2枚・・・と、大丈夫なのか・・・と思ってしまうのですが(ぁ

魔法研究でディバイディングエッジ、未来予知でタイムパラドックスを
早いターンで手札に持って来れれば問題ないらしい・・・

そして・・・相手キャラの攻撃の干渉でデッキからサーチできる雲外蒼天。
タイムパラドックスにいたっては戦闘ダメージを受ければほぼ持って来れる。
「デッキの上10枚」からと制限は付くものの
未来予知でサーチしていれば問題はない。

可視化の儀式はノード2のときにディバパラを決めるための採用と思われるが、
ラプラスもノード4コスト2のため、そこでも効果を発揮する。

そして・・・永夜の術。
ディバパラが決まった後に相手にドローさえ許さず決行できるカード。
このカードも先ほどの可視化の儀式を使えばノード1コスト0・・・となる。

ディバパラを決めるときに相手は出来うる限りのことはしてくると思われる。
ディバパラの隙は効果が解決される前に相手のターンに移ってしまうこと。

相手がその最後のターンで何とか勝ちを拾おう・・・と思っている場合とかもあり得るし、
そもそもドローフェイズのドローで
強引な取引や紅葉狩りなど引いてしまえばワンチャンスを拾うことになり兼ねない。

その最後の「芽」まで摘んでしまうのが永夜の術。
「もう1度自分のターンが来る」ではなく、
「相手のターンをスキップする」というところが大きな肝である。


★タイムパラドックス

何といっても最近はいろいろ活躍中のこのカード。
ノードコストともに0でスペルによってはいろいろ悪さができる。


・河符「ディバイディングエッジ」

今回紹介した形。最近は「ディバパラ~」として
一気に勝負を決めてしまうデッキとして有名になりつつある。

・・・本来はライブラリアウト向き・・・の効果になるのだろうか・・・
「相手のデッキ」を相手が指定した種類(キャラかスペルか)を引くまで
引き当てて大将棋の効果などで勝ちを拾う・・・そんな形なんだろうか。

前環境までは「ヒノディバパラ」が主流でしたが、
神前試合の登場により、ラプラスとの組み合わせが注目を浴びている。



・『スターソードの護法』

本来は自分の手札を世界呪符として貼ったこのカードにセットして
そのかわり相手キャラの攻撃を封じる・・・
ただ、自分で使うと手札0になるため、非常に不利。

そこでタイムパラドックスと組み合わせることにより、
相手がプレイしたことになって一時的に手札0にすることになる。
当然、そのターンはカウンターが飛んでこない・・・ということで、
マストカードを通すことに使える。

また、このカード、非常にノードコストが軽いため、
先行1ターンでプレイすることが可能。
相手は2ターン目以後、圧倒的な手札アドで苦労することになる。

前環境までは「スターソードパラドックス」として使われていた。
・・・が、長くターンが経つと相手は手札枚数が回復するため、
一時的に相手の展開を止める・・・そんな形だったのですが・・・

これまた神前試合の登場により、
手札回収&攻撃不可の能力を無効に出来るようになったため
より有用に使われるようになった模様。


・新史「新幻想史-ネクストヒストリーー」

本来はデッキを回して必須カードを引いてくるために
ライフ9を引き換えにノード1プラス、3ドローをするカード。

これをタイムパラドックスと組み合わすことにより
相手は払いたくないライフを払うことになる。
また、新史自体は自分のカードのため、
相手のノードにならず、こちらに付くことに。

3ドロー自体は相手にとっては美味しい効果・・・ということになりますが、
パラドックスのその効果が解決するのは次の自分ターンのメインフェイズ開始時。
メンテナンスフェイズ辺りに運命のダークサイドでもプレイしておけば
確定の「手札3枚破棄」・・・となる。

この組み合わせを使う場合はぜひ運命のダークサイドを持っておきたい。



・防ぐには?

厄介な動きをするタイムパラドックス。
特にディバパラは勝敗を決めかねないので、ぜひとも止めたいところ。

1番に上げられるのは・・・
威令とか阻止とかカウンター系カードとなるのですが、

・スペルそのものに撃つのではなく、パラドックスを止める。

・・・基本的に普通に解決されるとあまり美味しくないカードの場合が多い。
ただ、ノードが達していない場合が多く、
手札にあっても決められてしまう場面をよく見る。



2番目に上げられるのは・・・地上の密室。

除外されているカードを「他の領域」に移動できなくなる装備/場。

タイムパラドックスは目標スペルを一時的に除外してしまうため、
プレイエリアに移動できずに効果が解決されなくなる。

ノード2コスト1、コマンドタイミングでプレイできるのが強み。
ただ、装備/場の性質上、神前試合によって無効にされるので
神前ラプラスと組み合わさったディバパラには少し苦しい・・・


あと、ディバパラ限定ですが、大将棋を貼ってしまうのも手。
ディバの解決は決定事項なので、せめて手札を・・・
相手が手札10枚以上になった時点で勝ちが決定される。

ただ、これも神前試合1枚で残念なことになる。






・・・以上、簡単ながらデッキ考察でした。

タイムパラドックスに関しては
もっと掘り下げたらまだまだ奇妙な組み合わせが出てきそうな予感。


さてさて・・・デッキ考えるか・・・

いや・・・眠いお・・・明日考えるか・・・←ダメなヤツ(ぁ
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。