HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  VISION  »  "萃香バーン”ご存知ですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"萃香バーン”ご存知ですか?

最近、ブログ更新意欲に湧いている。

・・・そんなことは関係なく、今回も軽く書いてみよう。

先日(10日)の周南公認、
2回戦で対戦したせそ様が使っていたデッキは

「萃香バーン入り軽量ビート」


・・・実は、秋杯前の周南公認の後、
ふみ様の家でせそ様と泊まった際に「萃香バーン」というものを知りました。

せそ様と東海勢とのスカイプでの会話から生まれた・・・らしい。


事前に「萃香バーン」で出ることを知っていたので、
2戦目からフォビを投入して・・・

せそ様
「個人メタ、やめてよー(涙」

・・・だって、これしか防ぎようがないからさー(汗



スカイプなどでだいぶ世間に知れてきたようなので、
「萃香バーン」について説明を兼ねた記事を書いていこうと思います。


まず・・・使用カードの紹介。


★No.340 符ノ弐“伊吹 萃香”
GRAZE(4)/NODE(-)/COST(-) 種族:鬼

【弐符】
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。
以後、そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「霧」として扱う。

 「戦闘修正:+1/+1」

(自動γ):
〔このキャラクター〕が
〔相手プレイヤーのスペルカード、またはコマンドカード〕の効果の目標になった場合、
このキャラクターにセットされているカードを2枚選んで破棄する。
その後、そのカードの効果を無効にし、破棄する。

攻撃力(3)/耐久力(3)



★No.818 西行妖/10弾
GRAZE(3)/NODE(9)/COST(5) 種族:幽霊

(自動β):
目標の〔あなたの冥界にある、「種族:人間」、
または「種族:幽霊」を持つキャラクターカード5枚〕をゲームから除外してもよい。
除外した場合、〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にスリープ状態で出す。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用できない。

(自動γ):
冥界のカードが場に出た場合、〔相手プレイヤー〕にXダメージを与える。
Xは場に出たカードの枚数の2倍に等しい。

攻撃力(6)/耐久力(10)




弐符萃香と10弾西行妖。

この2種のカードである。
・・・えっ?・・・と、お思いだろうけど、この2枚で成立する。

・・・「この2枚」というのは少し語弊があるか。

手札に弐符萃香3枚と10弾西行妖が1枚あれば成立。

何が起こるかというと・・・まあ、実際の対戦会話でお伝えしよう。


霊夢と魔理沙が対戦しているとする。

・・・この場合、ライフやノードがどんな状態か・・・とかは関係ない。
・・・関係なくても成立するから。

霊夢
「自動効果を使って場に西行妖を出します」
魔理沙
「ああ」
霊夢
「出すので、冥界の幽霊と人間を5枚除外するよ」
魔理沙
「おーけー」
霊夢
「そして、手札から弐符萃香出すよ」
魔理沙
「・・・え?」
霊夢
「弐符萃香の効果で冥界からカード5枚セットするよ」
魔理沙
「・・・・壱符いないのに?」
霊夢
「萃香は壱符いないから除外ね・・・5枚冥界から出したから10ダメージ」
魔理沙
「・・・マジか」
霊夢
「続いて、手札から弐符萃香出しマース」
魔理沙
「干渉・・・」
霊夢
「待って、自動効果だから干渉できないのよ」
魔理沙
「・・・」
霊夢
「・・・で、また冥界から5枚セットね・・・ハイ、10ダメージ」
魔理沙
「・・・え・・・」
霊夢
「そして、もう1枚萃香あるから・・・アタシの勝ちね!」
魔理沙
「・・・えーマジでー納得いかん!」



・・・そんな運びになります。

文中で魔理沙が「納得いかん!」と言っていますが、
ワタクシも初めてせそ様に決められたときそう思いました。

そしてルールを確認・・・


まず、手札から西行妖が場に出る・・・

(自動β):
目標の〔あなたの冥界にある、「種族:人間」、
または「種族:幽霊」を持つキャラクターカード5枚〕をゲームから除外してもよい。
除外した場合、〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にスリープ状態で出す。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用できない。



まあ、これには疑問を感じないでしょう。
自分のメインフェイズで効果を使う・・・これは普通。


そして、弐符萃香が場に出れば、
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。



この効果が解決されて西行妖のこの能力
(自動γ):
冥界のカードが場に出た場合、〔相手プレイヤー〕にXダメージを与える。
Xは場に出たカードの枚数の2倍に等しい。



この能力で5枚セット=相手に10ダメージが飛ぶ。


ここまでは・・・わかるが・・・

最大の疑問点

 「場に壱符がいなくても弐符が出せるのか?」


これを探るには「スペルブレイク」について書かなくてはなるまい。

・・・最近始めた・・・という方にはなじみの薄い特殊効果だと思う。

スペルブレイクとは
場にある壱符を持つキャラを弐符を持つキャラに代えること。

手札もしくはなんらかの効果で場に出した場合、
自分の場の同名壱符を持つキャラを除外しないといけない。
除外できなければ、除外される。


3弾にて登場した能力で
弐符は通常プレイでは場に出せない・・・というところが特徴。

ただ、難点として

・壱符に比べて弐符が強いかといえば少し微妙
・壱符を除外して弐符を出しても簡単に除去される

今のように加護とかあれば・・・少しは定着したかもしれないが・・・


「壱符」だの「弐符」だの最近見るとすれば
「符ノ壱”八雲 紫”」くらいだろうか・・・

その壱符紫も純粋にCIP効果が素晴らしいので使われているだけで
弐符につなげるため・・・ということはない。
(ただ、弐符紫はまだ使われている方。たまに見かける)


スペルブレイクの説明はこれくらい。
今回の件にはほぼ関係ないので、簡単な説明程度。

・・・で、弐符萃香は当然【弐符】を持っている。

特殊効果:弐符についての説明。

10.19.2
弐符の本来のテキストは以下の通りである。

10.19.2.a
(自動β)
〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用出来ない。

10.19.2.b
(自動β)
〔このキャラクター〕が場に出た場合、名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクター1枚をゲームから除外しても良い。
除外した場合、除外したキャラクターにセットされていたカードを全てこのキャラクターに移す。
除外しない場合、このキャラクターをゲームから除外する。
Aはこのカードの本来の名称である「符ノ弐“B”」のBに等しい。

10.19.3
弐符の「自動β」によって壱符を持つカードをゲームから除外することを
「スペルブレイク」という。



・・・ワタクシも確認してびっくりしたのですが、
スペルカードのタイミングとはいえ、場には出せる。

壱符がいないと効果を使っても無意味なので
今まで誰もかんがえなかっただけ。
そして自動効果なので、ジェラシーなど相手に邪魔されて
効果使おうと思ったとき壱符が除去されて解決失敗・・・なんてことはない。

壱符が場にいないと名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクターを除外できないため、
弐符は除外されることになります。


・・・じゃあ、弐符萃香に5枚セットされるのは・・・おかしいような・・・

ここが今回記事の肝です。

弐符萃香
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。


弐符の効果
(自動β)
〔このキャラクター〕が場に出た場合、名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクター1枚をゲームから除外しても良い。
除外した場合、除外したキャラクターにセットされていたカードを全てこのキャラクターに移す。
除外しない場合、このキャラクターをゲームから除外する。
Aはこのカードの本来の名称である「符ノ弐“B”」のBに等しい。



・・・どちらも同じ「自動β」。

7.1.6.a
同じタイミングで解決される効果が複数ある場合、
その解決順序はその効果を発生させたプレイヤーが決定する。


先に弐符萃香の自動βを解決し、次に弐符の自動βを解決する。

これにより、場に西行妖がいる場合、
弐符のスペルブレイクの特殊効果を使い弐符萃香を場に出し、
5枚セットして、10点バーンが成立。


・・・ちなみに10弾西行妖が手札から場に出るのも自動効果、
弐符萃香を手札から場に登場させるのも自動効果・・・

干渉のタイミングは・・・ない。

ただ、このバーンの最大の欠点は弐符萃香は
デッキに3枚しか入らないこと。


今のところ防ぐことが出来るのは・・・


★禁弾「カタディオプトリック」
先貼り限定。10ダメージを無効にすることが出来る。


★雲外蒼天
手札に持っているだけで相手の10点以上のダメージを無効、


自動効果に割り込めるとすればこの2枚しかないだろう。


そして、妖3枚、弐符萃香3枚をデッキに入れるだけで
残り44枚を使って人間や幽霊中心のデッキを構築すれば・・・

人間、幽霊・・・これは、西行妖を自動効果で場に出す場合に
冥界に落としておく必要があるため。

ビートで相手のライフを削っていって
追加ダメージとしてこのバーンを使うのもアリ。



・・・以上、「萃香バーン」についてわかっていただけたでしょうか。

完全な初見殺しである。

ただ、大会で使用するには
2戦目以降の対策をなんとか練らないと・・・

また、計4枚揃えなくてはならないため
フルバーン1ショットで30ダメージ発生させるよりも
10点火力として考えた方が現実的かもしれない。


大きな大会ほど
こんなデッキとは対戦したくないなー
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。