HOME   »  VISION番外編「カードを使ってみた」シリーズ  »  カードを使ってみた《脳符「ブレインフィンガープリント」》編

カードを使ってみた《脳符「ブレインフィンガープリント」》編

明日(15日)は第33回 広島東交流会(公認)を開催します。

久しぶりに広島駅付近の二葉公民館での開催です。

そして11時の参加受付終了。

お間違えのないように。



今回はこれまた久しぶりの「カードを使ってみた」シリーズ。

ACSのブログや他のところの方が詳しく、
そして実戦に基づいて書いてあるので、
「恥ずかしながら」って感じですが、書いてみようかなーと思いまして。


今回のカードは・・・

☆脳符「ブレインフィンガープリント」

Nord(3)/Cost(1) 術者:古明地 さとり

【世界呪符】 維持コスト(1)

(自動α):
〔このカード〕は自分ターンの間、他のカードの効果の対象にならない。

(自動β):
〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、
〔あなたの手札1枚〕を表向きにしてこのカードにセットしても良い。
セットした場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、
このカードにセットしたカードと同名のカード1枚を抜き出し、
公開してから手札に加えても良い。
その後、デッキをシャッフルする。

(相手ターン)(0):
目標の〔相手プレイヤー1人〕は、
あなたの手札にこのカードにセットされているカードと
同名のカードがあるかどうかを宣言する。
その後、〔あなた〕は手札を公開し、このカードを破棄する。
宣言が間違っていた場合、6ダメージを〔任意のキャラクター〕と
〔任意のプレイヤー〕に振り分けて与える。



8弾のカード。
一瞬、9弾かと思ったけど、結構時間経っているのですね・・・

レポートでは略されて「BFP」とも表記されています。

出た当初、テキストがあまりにも長いため、
読んで理解することを拒否していました(笑

9弾が出てから使われるようになったような気がします。
(正しく言うと、ダメージ確定のQAの回答が出てからかな・・・)

維持コストがありますが、
次の自分ターンまで持たせたところを見たこと無い・・・

順序としては・・・

<プレイ時について>

① 手札の任意のカードをセット
セットするカードはコマンドカードかキャラクターカードの奇襲持ちが好ましい。
もちろん、他のカードでもいいが・・・
あと2枚以上デッキに採用しているカードの方がよい。

② デッキを全て見て、セットしたカードの同名のカードを1枚抜き出して公開
デッキにセットしたカードがない場合は抜き出せない。
デッキから小悪魔/9弾を場に出せるのはこのタイミング。
「同名のカード」なので、弾違いでもOK。
(例:十六夜咲夜/1弾、5弾は同名のカード)
ただし、ユニオン(連結)カードや符付きカードはデッキや手札内では
違う名称なので含まれない。

③ 抜き出したカードを手札に加える。


<効果使用時について>

① 相手ターン効果の使用を宣言
「この効果を使いたい」そう宣言したときに
相手にセットしたカードが手札にあるかないか問う。

②-1 相手があると答えた場合
効果使用と同じ干渉内にセットカードと同名のカードをプレイ

②-2 相手がないと答えた場合
何も行動しない。

③ 効果の解決
自分の手札を公開して、このカードを破棄。
相手の宣言が間違っている場合のみ、
任意のプレイヤーと任意のキャラクターに6ダメージを振り分ける。
当たっている場合は何も起こらない。

※このように相手の決定を聞いて行動できるので、
たいていの場合は相手の宣言は外れます。




出た当初はあまり注目を浴びなかったこのカード、
この質問の答えが発表されてから使いやすくなりました。

QA-311
No.608脳符「ブレインフィンガープリント」で、
相手プレイヤーがあるかないかを宣言するのは何時ですか?

A.効果の使用時です。

この答えにより、
貼った側が有利になり使われるようになった模様。

そして、効果の解決時に発生する「6ダメージ振り分け」の有用性が・・・異常。

任意のプレイヤーとキャラクターなので、
もちろん自分や自分のキャラクターでもOK。

振り分けなので、
相手の場にキャラクターがいない場合やダメージが効かない場合、
プレイヤーにダメージが効かない場合でも臨機応変に対応できる。

相手ターン効果なので、
相手キャラクター攻撃や八坂神奈子/5弾の効果の干渉などで使用可能。

また、他の全体効果を持つカードと違い、
永江 衣玖/5弾の効果が及ばないところも魅力の1つ。

例え、相手のあるかないかが当たってしまっても大きいリスクが無い。
(ただ、手札を見せてしまうのはリスクといえばリスク)

これでノード3、コスト1なので・・・
いろんな意味でお気軽に使用できます。
(術者と共に出ているところは・・・見たこと無い・・・涙)

・・・デッキを見るだけで小悪魔が登場できるのも
くるみがはびこる昨今、壁として有用なのかもしれない。



ただ、セットするカード候補が少ないと・・・採用は厳しい。
また、そのカードがあまりに重いと効果使用タイミングが限られる。
(効果使いたいときにノードが足りない・・・とかね)

そう考えると、意外にデッキを選ぶかもしれません。




あと少しダメージが足りていないなぁ・・・
そんな悩みを持っている場合、採用を考えてみてはいかがでしょうか。

中盤の6ダメージってかなり助かるので。




<相手にする場合>

このカードを貼られたら、
「6ダメージで相手の手札を見ることができる」
・・・そう割り切りましょう。

もしくは、貼られた相手ターン中に
解呪や情報戦で使えない状態にするとよい。

また、セットカードを使われた方がいい場合は「ある」を選択すること。
コストを使わせたり、先に使わせることで、
こちらの行動を判断してもいいでしょう。
(効果使用によって、セットカードは2枚冥界に落ちることになる)

どちらにしても解決時に「6ダメージ振り分け」なので、
カタディや大将棋やマナシールド(以下、プレイヤーダメージ回避)
オレンジや覚醒、迷ひ家(以下、キャラクターダメージ回避)
・・・これらをプレイしても方向を変える程度かと思われます。

ただ、9弾美鈴がいると、キャラが決死にならないので、
軽量キャラ大量虐殺はなんとか守れるかもしれない。
(これもコマンドカードと組み合わされると決死になりますが)



・・・以上、ちゃんと書けただろうか・・・
つたない文章と、当たり前なことを書いただけのような気がする・・・
Comment
解説ありがとうございます。
wikiを見てもいまひとつ納得できなかったのですが、スッキリしました。
コメレス。
> ぐりこ様
ありがとうございます。
少しでもためになれて嬉しいです。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード