HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  カードゲーム勉強  »  カードゲーム用語について「アド」編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードゲーム用語について「アド」編

最近、すれでのVISION広島環境の評価

「プレイングや構築力をドロー力でカバー」

・・・ドロー力でカバーできたらどんなに素晴らしいか・・・

ただ、いくらドローが良くても
デッキに入っているカードが悪けりゃ話にならない(涙

せっかくドローが良くていいカードが手札に来ても
そのカードを使うタイミングを間違えると
有利に運ぶことができない・・・

手札に来てくれたカードたちを
最適な場面で使い、相手より有利になればどんなにいいだろうか?

そんな場面を見分ける、カードを使い分けるには・・・

カードゲームの共通用語を理解する

・・・唐突にそんな結論にたどりつきました。

現に他カードゲームをたくさん経験しているひとほど
どんなデッキを渡されていても
それなりにまわしている印象があります。

もしかしたらカードゲーム全てに共通した
プレイイングのコツがあるのかもしれない・・・


そこで今回は「アド」について考えてみようかと。

よく優勝者の大会レポなどで
「アドを取った」なんて言葉がでてきます。


「アド」・・・アドバンテージ、優位性という意味

あまり詳しく知らないワタクシが書くより、
すでに理解されている方々に説明された方がわかりやすいので、
先日mixiにて「アド」について質問した日記に
コメントを送ってくださった皆様の文章をコピペします。

<ぴら様のコメント>
魔力還元などでライフを回復して相手のライフを上回れば
こちらはライフアドバンテージがとれます。

(解説)
一番わかりやすい「アドバンテージ」。
5幽香の効果を存分に使うため、
何よりVISIONは相手のライフを0にしたら勝ちなので、
かなり有利になります。


<リーON様のコメント>
相手より自分の方が優位に立つやり方のこと。

例:強引な取引

例:うまい棒を売ったら1億で売れた


(解説)
お互いに同数の手札を持っている場合、
取引をプレイすると・・・

手札から1枚(取引)を使う
→手札に2枚加える・・・手札が1枚増える
→相手より1枚増える。

手札が多い方が選択肢が増える分相手より有利になる。

うまい棒は・・・9999万9970円のアドが生まれた!


<スキマ妖怪様のコメント>
とりあえず分かりやすい例を


こちらが5弾幽々子を出しました

干渉ないので相手のサニーを食べます

これによりこちらに+1のボードアドバンテージが発生し、
相手に-1のボードディスアドバンテージが発生します

こんな感じですがどうでしょうか(汗


(解説)
自分の場に5ゆゆが増える(+1)、
相手の場はサニーが減る(-1)
場のキャラを増やすことによりアドをとっていく・・・
(たくさんいた方が有利・・・なのはわかりますね・・・)

<桜華様のコメント>
単純に1弾レミリアを出すだけで場のアドはとれますよね
あ、瞋怒はやめてw




あと、「アド」について考えるなら
「交換数」のことも触れなくてはならないらしい。


<朱音様のコメント>
一番分かりやすいアドバンテージとして、交換数がありますかね。

たとえば、恐ろしい波動をプレイしたとします。
このとき、プレイと効果処理の段階で、こちらはカードを『2枚』使っていますよね。

そして、相手のカードを『3枚』破棄できたとします。

この場合、こちらは2枚のカードを、
相手は3枚のカードを失っているので(2:3交換)『アドバンテージを取れた』と言うことになります。

逆に、相手のカードを『1枚』破棄出来なかった場合は、
2枚に対し1枚なので(2:1交換)『ディス(失う、などの意味)アドバンテージ』となり、
損をしたことになります。


<ずんだもち様のコメント>
例えば俺の場に エコロジー パルスィ 
グリーンアイドモンスター 大ナマズ がいたとします

ここで相手が恐ろしい波動をプレイ、衣玖さんを手札から捨てました
すると俺の場は 2+2+3+1=8 で全部吹っ飛びます
この場合、相手は手札二枚(波動、衣玖さん)で俺の場四枚を吹き飛ばしたわけです

コレを相手が俺に対して「アドを取った」と言います
この場合は「2:4交換」と言います(手札二枚を使って俺の場四枚を消し飛ばしている)

まあVISIONだとノードの関係とかあるんで一概にそうとは言えないかもしれませんが
ギャストリは「1:1交換」です、
強引な取引は「1:2交換(1枚のカードで二枚手札が増えた)」です、
自分ターン一枚制限なのもうなずけますね

まあ色々グダグダ言ってますが
結局のところアドって言うのはつまり
「少ないカードでどれだけ相手に優位に立てたか」って言うことだと思います


<直矢様のコメント>
ギャス、あるいはカウンター系統のような確実な1:1交換が出来るカード。

情報戦やシュートみたいに単純なアドバンテージ的に1:1交換で+αを持つカード。

取引や人形の森、離反や鰐のような1:2、
あるいはそれ以上のアドバンテージを持つカード。

アドバンテージを意識すると自然と優秀なカードが集まってるという寸法です。

グッドスタッフを組むなら自然とそういう構成になりますし、
ハイランダーみたいなデッキで勝ちを狙うとなおさら意識しないと勝てないという……

逆にディスアドバンテージ
(フラスターエスケープが廃れた理由とかマスパや釣瓶における銀ナイフとの併用によるディスアド相殺)
についても学ぶとおいしいかも。


<セイバー様のコメント>
僕も簡単な例を

5弾射命丸っていわゆる情報戦内蔵キャラですよね?

つまり情報戦+1コストで3/4先制のキャラクターがついてくるのです。

つまり、キャラクターを出すって言う行為に付属して情報戦が打てるわけです。

キャラクターを出すという仕事、情報戦を使うという仕事、
この2つは通常2枚のカードを使用しますが、射命丸をプレイすると1枚ですみます。

つまり2枚で行う仕事を1枚でこなすので1枚分お得というわけなのです。
このお得という言葉をよくアドと言います。


・・・この説明にある5弾文みたいに
キャラクターを出す行為に付属して+αの能力が内臓しているものを
「グッスタ」と呼んでいたりします。

西行寺 幽々子/5弾
キャラを出す+キャラを決死(条件アリ)

符ノ壱「八雲 紫」
キャラを出す+相手キャラ除外





VISIONならではのこんな考え方も・・・

<りく様のコメント>
ノードの使いきりのシステム上、
カードの取引、ライフ等一般的な要素だけでは語れないのがVISIONの特殊なところですね。

たとえば、魔理沙経由のシュートを威令すると
カードの取引としては1対1ですが、前者はハンド1枚のみ、
後者はハンド1枚に加えコストとして1コスト払ってるので損です。

手札から伏せたノードは2コスト払うことができるので、
1コストはハンドに換算すると0.5枚分ってところでしょうか。

この辺りがカウンターの強さでもあります。

大多数は1コストなので、
2コスト以上のカードを止めるだけで実はアド稼げてます。



<まとめ>
VISIONにおいては、
いかにマナチャージをして相手よりノードを増やし(ノードアドバンテージ)
自分の手札枚数と自分の場のカード枚数を
相手の手札枚数と相手の場のカード枚数より多めに保てるか・・・


恐ろしい波動を1枚プレイするにしても、
相手の場のカードを1枚しか消せない場合は
相手より多くのカードを消費している・・・ということで、
不利に動いてるかもしれない・・・

ギャスだって、相手のキャラ1枚を決死にできるけど、
こちらはカード1枚&コスト3枚の計4枚破棄している場合も・・・

シュートザムーンも相手の手札1枚減らす+見ることができますが、
こちらはカード1枚とコスト3枚の計4枚破棄している場合も・・・

キャラやカードは消せたけど、
相手の方が+3のアドを稼いでいる・・・とも取れます。

そのアドをなくすために
5ゆゆが場にいる場合のギャス、
1魔理沙が場にいる場合のシュートが生きていくわけで。
(どちらも1:1交換になるけど、任意に仕掛けた分有利)

アドのプラス、マイナスを考えながらカードをプレイするだけで、
十分に有利に戦えるのではないでしょうか?

少なくとも自分から不利な方へ不利な方へ向かうことはなくなるでしょう。

最初は時間かかるかもしれませんが、
慣れれば違う方向から見つめることができると思います。

<けんた様のコメント>
マナチャでノードを稼いで

カウンターで相手がプレイしたアドの取れるカードを打ち消し

五弾ゆゆこや五弾しゃめいまる、一符ゆかりなんかで相手よりアドをとっていけば勝てます。



「アドバンテージ」
知っておくと、・・・少なくとも「やりたいこと」をするための準備も
早く整えることができるのではないか・・・と。

かなり長文になりましたが、
少しでも参考になるといいなぁ・・・


ワタクシも考えてプレイしよーっと(ぁ
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。