HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  VISION  »  初めて大会に参加される方への入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて大会に参加される方への入門

この前の大会で初参加の方にいろいろと質問をされました。

大会に参加するにおいて用意するもの、
知っていた方がいいことなどを
ここにわかりやすくまとめておこうと思います。



<大会に参加しようと思ったら・・・>

《場所、開始時間の確認》

VISIONの公式HPをみると、
各地の公式大会、公認大会、交流会の情報があります。
各主催のブログやHPを調べましょう。

事前受付か当日受付か・・・

・事前受付の場合
主催ブログの指示に従い、
メールやコメント、電話をして参加受付をして下さい。

・当日受付の場合
定員の数を調べて、なるべく早めに会場に向かうこと。
せっかく会場に行っても参加できなかったら、あまりにも損が大きいので。

見学だけでもいいのですが、
カードゲームは対戦してはじめて楽しめるので、
初参加や初心者でも大会参加をお勧めします。



《大会参加するためのデッキを考える》

VISIONの対戦は
基本的にメインデッキ50枚、サイドボード10枚で行われます。

・メインデッキ
VISIONのルールに基づいて対戦する50枚のカードの束。

・サイドボード
公式や公認大会の場合、3戦2本先取が基本。
2戦目以降にメインデッキのカードと入れ替えるカードのこと。
特殊ルールではない限り、サイドボードは0枚or10枚登録できます。


メインデッキ50枚+サイドボード10枚において、
同じ名称のカードは3枚までしか入れてはいけません。
(壱符のカードも含まれる。弐符カードは別に3枚入れることができる)
「デッキ1枚制限」のカードは1枚しか入れることができません。
(1部特殊ルール戦は除く。各大会告知をご覧下さい)


「十六夜 咲夜」/1弾 2枚、「符ノ壱 十六夜 咲夜」 1枚
※注意
これに加えて「十六夜 咲夜」/1弾or5弾や「符ノ壱 十六夜 咲夜」は入れることはできません。
ただし、「符ノ弐 十六夜 咲夜」はこれに加えて3枚まで入れることができる。
VISIONの場合、サイドボードを0枚か10枚、カードを登録できます。

※サイドボードから投入して同一名称カードが4枚以上になってはならない。




サイドボードは大会において非常に重要です。

・・・と、いうのは、3戦2本先取の場合、
勝ちを得るには同じ相手から2回、同じデッキで勝たないといけません。

大体の場合、1戦目でデッキの内容は
場に出てくるキャラや世界呪符、冥界やプレイングで相手に観察されています。
(速攻で決まってデッキ内容をさらしていない場合は例外)

それはこちらも一緒で相手を観察できる・・・ということ。

サイドボードからカードを入れ替えることにより、
相手のカードに対処したり、相手の目をくらましたり・・・

本当に強いひとは相手を観察して
サイドボードを入れ替えながら対応してきます。

1戦目負けて、2、3戦目で取り返すような対戦もよく見ます。

【主な例】

相手の主軸になっているカードを取り除きたいとき
→禁忌「フォービドゥンフルーツ」を投入

相手の自分に向けたダメージ(プレスなど)やハンデス(情報戦、5文など)を防ぎたいとき
→禁弾「カタディオプトリック」を投入

相手の冥界利用(魔界人デッキ、ユニオン、紅色の冥界など)を防ぎたいとき
→無縁塚、古の記憶を投入

相手のドローを妨げて遅らせたいとき
→朱鷺色の妖怪、運命のダークサイドを投入

相手に主軸となる呪符や世界呪符(ゴットン、生と死、憂鬱の毒など)や
自分のキャラに貼られたら困る呪符(離反、グレイソー、精神の海など)がある場合
→八坂 神奈子 / 5弾や解呪、恐ろしい波動を投入

相手は阻止系カード(威令や阻止、掌握、しんぬなど)が多そうだ
→八雲 藍 / 5弾を投入

このように相手が使っていなかったら完全に不要となってしまうカードや
相手の主軸カードを使えなくしてしまうカードを
サイドボードに入れることにより対戦しながら対応することができます。


また、相手が対応してくることを予想して
サイドボードを組んでみることも可能です。

【主な例】

メインデッキのアタッカーは1弾フランだけど、2戦目はこいしと入れ替える。

※相手がアタッカーのフランをフォビすることを読んで全然別のデッキにしてしまう。


1つ言えることは、
例え適当にサイドボード10枚組んで、使わないつもりではあっても、
サイドボード0枚よりは相手を牽制することができる・・・ということ。

はなから0枚ですと相手がかなり有利なので。
(対策されたかどうかを考えずに済むので)

なるべくならサイドボード10枚での参加をお勧めします。

 

☆プロキシについて☆

プロキシとは代用カードのこと。

カードが足りないときや入手できないときに
コピーしたり、紙に名称などを書いてカードの代わりとします。

基本的に公式大会、公認大会では使用できません。
(大会合間や大会後のフリー対戦のときは使用OK)

フリー対戦のときに使用するのはOKなのですが、
相手にもわかりやすいものが望ましい。

カラーコピーがお勧めです。

ちなみにわが「VISION広島遊符会」が主催する公認大会では、
プロキシの使用を認めています。

VISION自体が同人のため、入手困難な時期があるということ、
それでも継続的に初心者に来てもらいたい・・・と、ワタクシが個人的に願っていること、、
経済的に入手できないひとにもカードの優劣をつけず、
平等に対等に対戦して欲しいから・・・

理由は様々です。

参加できるけど、優勝PRは渡せない・・・そんなルールにしています。


☆スリーブについて☆

スリーブとは、わかりやすく言えばカードカバーのこと。

イエローサブマリンやアニメイトの他、
カードゲームを扱っている店になら大抵店頭で売っています。

1セット60枚くらいで約500~800円くらい。

VISIONは印刷工場の関係で、裏面の色の濃淡が違う場合があります。
見分けをつかなくするため、裏面が透けないスリーブの使用をお願いします。



《大会使用デッキが決まったら・・・》

公式HPからデッキシートをダウンロードして印刷できます。
それにカード名を書き込んで(デッキレシピ)、大会に持参する。

もしくは、たいていの大会会場では
デッキシートが用意されていますので、そこで記入して下さい。

あと、ルール的にこのカードの効果がわからないなぁ・・・とか、
カードとカードを組み合わせて使うとどうなるのか・・・とか、
疑問に思ったこと(デッキの根幹にかかわることは特に)は、

デッキレシピ提出時や大会前に
主催やメインジャッジに裁定を確認しておく方が良いでしょう。

※公式ルールに準ずる裁定を心がけますが、
 基本メインジャッジが判断した裁定はその大会においては絶対です。


<大会当日>

参加受付時間に遅れないように会場入りして下さい。

初参加の場合、知らないひとばかりだと思うので、
組み合わせ発表まで、他の方々の邪魔にならないよう過ごしてください。

気持ちに余裕があれば、
他の参加者に話しかけてフリー対戦を申し出たり、
アドバイスをもらったりしてもいいでしょう。

・・・ただ、その場合、1回戦で当たってしまう・・・
そんなフラグが立つ可能性がありますので、注意(ぁ


<対戦においての注意点>

対戦組み合わせが決まり、席に着くと、
メインデッキとサイドボードが10枚あることを確認します。
(2戦目、3戦目開始時、カードを入れ替えた後にも確認する)

その後、お互いのデッキを切る。

※あまりバラバラにしたり、表にしたりしないこと。
(ワザとではなくとも、反則をとられることも)

手札7枚の配膳まで済まし、
「始め!」の合図があって初めて先攻後攻を決める。

先攻後攻を決めた後、手札を見る。

対戦中は相手を尊重した言動を心がけること。





・・・と、まあ・・・いろいろ書きましたが、当たり前のことを書いただけ。

特に気をつけることはないと思います。


基本的に対戦相手の慣れたプレイヤーがフォローしてくれるかと。

これを参考にして存分に楽しんでくれると、主催冥利に尽きます。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。