HOME   »  2012年11月
Archive | 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上位デッキについて考える<11/25 千葉公認 1位>

・・・さて、2日あいてしまった・・・

早く帰れる日は更新したいなぁ・・・と思うものの、
残業3時間以上となると、更新意欲より眠気が勝る・・・

今月は・・・多く記事を上げている。
・・・17記事目・・・

今年最高が1月と2月の16記事。

今年の最高記録か・・・



今回は11月25日(つい最近ですね)に開催された
千葉公認にて優勝された御凍様のデッキを考察します。

・・・御凍様って確か、秋杯で2位だった方ですよね・・・



<キャラクターカード22枚>
2 サニーミルク/1弾
3 くるみ
3 リリカ・プリズムリバー/11弾
3 宮古 芳香
3 ユキ
3 マイ
3 チルノ/11弾
2 封獣 ぬえ/PR

<スペルカード7枚>
3 波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」
2 騒符「リリカ・ソロライブ」
2 鵺符「弾幕キメラ」

<コマンドカード21枚>
3 マナの生成
1 強引な取引
3 香霖堂
3 疑惑の五芒星
2 緑眼のジェラシー
2 裏切りの少女
2 業火絢爛
2 不意打ち
3 陰謀論



チルぬえ入りユキマイビート。


考察する前にレポートにあった主催の感想。

極端に遅いコントロールが流行ると読んだのか、
序盤のマナチャージ持ちを除去して3ノード帯のキャラで攻撃していくのが
ハマっていた時は怒涛の勢いでした。
3連覇がかかっていたにしうりさんを決勝で阻止したのは流石の一言です。


決勝でにしうり様を破ったのか・・・

確かにマナチャコンは最初は「待ち」の姿勢で
ノード、手札、ボードを構築していく形なので
軽量ビートには分が悪い・・・

これはワタクシのデッキでもそうなのでよくわかります。

序盤のマナチャージャーを裏切りの少女で貰ってくる・・・とか
五芒星で破棄させる・・・とか
リリカが取り付いて決死にするとか・・・

・・・この戦法、どこかで見たことがあります。
9弾衣玖を主力とするぐるコンがそんな感じですよね・・・

・・・裏切りの少女はぐるコンでは見ないですが、
相手キャラを出してきた端から消していくところが似ている。

そしてぐるコンと違うところは
軽ノードキャラを出してどんどん殴っていくところ・・・

くるみで殴って、チルノで相手キャラを氷塊にして
PRぬえで奪い、幻夢にしてビートしていく。
そして、芳香もいるので、
あっという間に相手ライフは減っていくのではないかと。

ただ、チルぬえの場合、一度場を掃除してしまえば
ライフが10以下でも意外と耐えることができます。

第一波を耐えればなんとかなる・・・

しかしこのデッキ・・・
第一波が終っても簡単に攻撃できる状況になる・・・
それがユキマイ・・・

ユキが場に出て攻撃してしまえば
冥界のマイの数いかんではその場の勢いで終らすことが可能。

・・・終らなくてもユキで殴った後に
絢爛貼ったら相手はほぼ何もできなくて終るのを待つだけ・・・

チルぬえの打点の不足分をユキマイで補う・・・

今の環境、遅いデッキが増えたので
一気に相手ライフを危険域に持っていける・・・と言う意味では
軽量ビートはムラサをなんとかできれば上位に食い込む可能性大かと。



★ユキ

冥界に「マイ」が落ちている枚数分、攻撃力が上がる。
1枚につき攻撃力+2。

「マイ」が含まれていれば枚数として数えることが可能なので、
キャラクターの「マイ」の他に
・幻術『マイナイフリカージョン』
・波符『赤眼催眠(マインドシェイカー)』
・・・これらも含まれる。
よって、最大9枚落とし、攻撃力+18まで可能。
(現12弾環境では。以降増える可能性アリ?」

また、攻撃の干渉で何かカードをプレイし、
ノードから落として急激に攻撃力アップ・・・ということもできる。

さらに冥界の「マイ」を1枚除外することにより
先制と貫通が付く・・・という、

相手が防御してきても
戦闘に勝ってなおかつ相手にダメージを突き通せる・・・
相手の出方次第で使える能力は強い・・・

・・・パンプアップ系の能力には
・・・必ずって言っていいほど「天敵」として名前の上がる11弾雛。

雛はジェラシーでなんとかしちゃいましょう。
・・・とはいえ、消される干渉で効果使われることになるので、
11弾雛を消すときは攻撃前に。

そうとはいえ、ユキは他のパンプアップ効果を持つキャラと違って
攻撃力だけプラスされる効果なので、
11弾雛で決死になることがない・・・というところが強み・・・かなぁ・・・

その分、変動のない耐久3・・・ということで11弾リリカに弱い。
リリカが出たら・・・あきらめてマイの肥やしにするか(笑

リリカにはリリカで対応・・・もしくは少女密室で・・・
攻撃の干渉で付くようだったら神前試合でもいいのですが、
リリカは効果が無効になっても居続けてもう1回効果使うからなぁ・・・微妙。

そんなユキでもリリカ居なくて雛がいなかったら独壇場になるので、
軽量ビートの攻撃力アップ!・・・を考えるのであれば
入れてもいいかも・・・但し、ユキ、マイ3種:合計12枚枠は・・・空かないか・・・


★チルノ/11弾

プレイされて場に出ると相手キャラ1体を氷塊にしてしまう。
・・・主な仕事はこれだけ・・・単純だけど強い(ぁ

場に出た後は仕事が済んでいるので
攻撃4グレイズ1でガンガン攻める(だけ)。
法界の火撃たれようが決死にされようが
チルノ自体には基本的に未練はない・・・

問題は相手キャラを氷塊にした後。
グレイズ0、攻撃力0、耐久力1の
吹けば飛ぶ程度の裏向きキャラ(?)にしてしまう。

そこで裏向きカードを幻夢に仕立て上げるPRぬえとセットで採用され、
「チルぬえデッキ」として一世風靡したのが前環境。

チルノ:攻撃4、PRぬえ:攻撃4、幻夢:攻撃4・・・
これにぬえの幻想生物:弾幕キメラ:攻撃5が加わり
軽量ビートとしては詰めの早いデッキ・・・

最近ではチルノで氷塊になった相手キャラをキャプチャーウエブで奪い、
先に氷塊を溶かし自分の場に残す・・・なんてギミックも。

・氷塊
「(自動γ):
  あなたのターン終了時、〔このキャラクター〕を表向きにする。」


・罠符「キャプチャーウエブ」
NODE(1)/COST(1) 術者:黒谷 ヤマメ

目標の〔相手プレイヤーの場のキャラクター1枚〕をあなたの場に移す。
ターン終了時まで、そのキャラクターは攻撃と防御を行うことが出来ない。
このターンの終了時、そのキャラクターを本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。


どちらも効果が切れる
(氷塊の場合:表に戻る キャプチャー:相手の場に戻る)タイミングが
「ターン終了時」と同じなので、そのキャラがいるプレイヤーが
解決の順番を選ぶことができます。

先に氷塊の効果で裏向きから表に戻る・・・
氷塊としてキャプチャーウエブを使ったので、
表に戻ったら・・・別のキャラということで
キャプチャーの効果は無効になる・・・場に居続ける・・・ということになります。

氷塊にしたキャラによっては盤面が変わる・・・
しかもぬえより軽いノード1コスト1で。
ぬえと2枚立てで採用するといいかもしれない・・・

キャプチャーはテレメスで取られたキャラを奪い返すこともできます。
・・・おっと、チルノが採用されているデッキの場合
そんな大きいキャラはいないかもしれないけど・・・

チルノにとって怖いのは・・・ミステリアスジャック・・・
あと・・・神前試合。

ミステリアスジャックは・・・
仕事させてもらえない+決死になり存在さえ許してもらえない。
相手キャラを氷塊にできないばかりか
キャラのプレイ自体は無効になっていないため、
1ターン1度・・・というキャラのプレイが成立し、
他のキャラが出せなくなる。(奇襲キャラを除く)

神前試合を貼られると、チルノはほとんど仕事をさせてもらえなくなる。
ジャックと違い、キャラ自体は場に残るけど・・・ツラいことになる。
これはPRぬえも一緒。
ただ、PRぬえは奇襲持ちなので、まだマシかもしれないが。

それでも、枠にはまったら相手のキャラを1枚戦力外に出来、
PRぬえやキャプチャーがあれば相手キャラ1枚減。

・・先ほどの2枚が登場したため若干減りはしたものの
まだまだチルぬえは生きている。


★波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」

・・・ユキの効果のために入れているところはよく見るのですが・・・(汗
目標のキャラの攻撃力と耐久力を入れ替える。

入れ替え・・・(以下、総合ルールより)

6.1.10
キャラクターの戦闘力に修正が与えられる場合、以下の順序に従って処理する。
この処理は戦闘力への修正に何らかの変更がある度に行う。
戦闘力に変数がある場合、この処理の前にその変数の値を確定する。
また、単に戦闘力、攻撃力、耐久力という場合、この処理を適用した後の値を指す。

6.1.10.a 変更
6.1.10.b 入れ替え
6.1.10.c 加減算
6.1.10.d 常に、と指定された変動


入れ替えの次に加減算・・・要は戦闘修正の効果を足す。
そして・・・「常に」という効果がある場合、ほとんど意味がなくなる・・・かも?

戦闘などキャラクターの攻撃力、耐久力を参照する場合は
常にこの順番で計算されている・・・と考えていい。

過去に禁断の魔法についての公式の答えがある。

Q195.
「No.554 禁断の魔法」を1枚のキャラクターに2枚以上解決した場合、
戦闘力は2*X倍になりますか?

A195.
いいえ、なりません。
戦闘力への修正の内「変更」にあたり、同様の変更が他に適用される場合、
同時に適用できないため、最後から解決された変更のみが有効となります。
この場合は何枚解決されても2倍にしかなりません。

効果などで本来の戦闘力を参照する場合は2倍にした後の値が適用されますが、
戦闘力への修正は新しい修正が適用される度に計算され直されます。
そのため、2倍に変更された戦闘力をさらに2倍にするような処理は発生せず、
適用される変更は後から適用されたもののみとなります。



攻撃0のキャラを決死にしたくても
戦闘修正で攻撃力がアップしていたら決死にできないのか・・・
・・・では、マインドシェイカーに普通の使い方を求めてもだめなのか?

スペルカードだからなぁ・・・コマンドカードなら強いんでしょうなぁ・・・

ちなみに・・・ダメージを受けている場合は
変更→入れ替え→加減算・・・なので
マインドシェイカーで耐久力となった攻撃力の数値からダメージ値を引く形となる。




・・・以上、デッキ考察でした。

このデッキに優曇華とテレメスとキャプチャー入れたら
それなりに大変なことになりそうな・・・

どうやってその枠を空けるかが問題なのですが・・・
ユキ、マイ、マインドシェイカーを・・・いや、それただのチルぬえですよ・・・

かと言って、くるみや芳香は外したくないですよね・・・
1弾サニー?いやいやいや(汗

ワタクシのメインで使っていないカードが
たくさん投入されているので、
フリプ用デッキとして構築しようかな・・・

里香戦車の入っていない絢爛デッキ、非常に新鮮でした。
スポンサーサイト

第59回 広島東交流会@ますかれいど(非公認) 告知

・・・次の大会まで1週間を切りました。

今週日曜日(2日)に大会を開催する予定ですが、
・・・公式に申請を忘れていまして・・・

・・・というか、1日間に合わなかったため、今回は「非公認大会」です。

優勝賞品もワタクシからの提供の死槍・・・と、なります。

・・・次の週の9日にしようか・・・とも考えたのですが、
偽紙舞から帰ったばかりで無事に運営できるのか・・・?
そう思ったので、今月の公認大会申請をあきらめました(ぁ

・・・ディバパラ神前ラプラスが封印されて
そして冬コミで新弾が出るならば
冬コミまでの期間は安定している環境になった・・・

そんな中で公認大会を開催できなくて・・・すみません。

さて・・・そんな「非公認大会」の告知です。

★第59回 広島東交流会@ますかれいど(非公認)

日時:2012年12月7日(日)13:00大会開始

場所:カードショップ ますかれいど
   (広島市西区横川町2丁目12-12藤本ビル2F 地図
※ 場所は前回開催から移転しました。お間違えないよう。


参加費:200円



そして・・・開催においての注意事項。

・スイスドロー4回戦の予定(人数による)
 全勝者が1人になった時点で終了。

☆優勝賞品    蝶符「鳳蝶紋の死槍」 

☆特別賞    PR074 八坂 神奈子/5弾 

※全勝者が1人になったら大会は終了いたします。
 順位の決定はオポーネント差で決定します。

※特別賞は当日大会参加人数の4分の1の順位の方まで配布します。
 (参加人数が20人の場合、5位までが対象)


・1回戦50分、2戦先取で勝ちとします。
・先攻・後攻の決め方
 1戦目:ジャンケン(コインやダイスも可)
 2戦目:負けた方が選択
 3戦目:2戦目負けた方選択

・時間切れ
 3戦目の場合は現ターンの次のターンからエクストラターンとして4ターン
 それでも決着がつかなかった場合は、以下のようになります。

 <その対戦が3戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方を勝者とします。

 <その対戦が2戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方が
 勝ちとなる勝負を3回してもらいます。

 1戦目に勝利を治めているプレイヤーが3回のうち1回でも勝てば勝ち、
 未勝利のプレイヤーは3回のうち2回勝って初めて五分(1ー1)に、
 3回勝って全体の勝利を治めるもの(2ー1)とします。

 <その対戦が1戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方を全体の勝ち(1ー0)とします。

・MTGスイス支援サイトをつかいオポーネント計算の上、
 順位、対戦組み合わせを決めます。

・デッキレシピの提出はナシ。
 デッキ審査もありません。 
 ただし、1位、2位、3位に入った方には書いてもらいます。

・デッキはメイン50枚、サイドは10枚か0枚。

・マリガンなし。

・ドロップも基本は認めない。


☆裁定関係
 ルール、Q&A裁定、エラッタ適用、カードテキストなど、
 すべてにつきまして公式アナウンスに従います。
 
 こちらの都合(主催の人数等)上、
 ジャッジが常にそばにつくわけにいかないので、
 基本的にプレイヤー(当事者)同士の話し合いにより解決していって下さい。

 その上で、

 「どうしても納得できない」 とか、

 「この場合はどうなるの?」 とか、

 「…だと思うんですけど…」 という場合は、

 主催を呼んで下さい。ジャッジいたします。
 想定外の事もあるかもしれませんが、その時はジャッジに従ってください。


★会場での注意
今回はカードショップますかれいど様に場所を借りて開催します。
以上のことは禁止されています。モラルを守っての参加、お願いします。

・カードの金銭トレード
・飲食物の持ち込み
・携帯ゲームの持ち込み
・対戦や店内の撮影
・喫煙

また、あまりの大騒ぎになると回りの迷惑になるので注意。
同時間内に別カードゲームの大会もあるのでほどほどに。



・・・以上のことに気をつけて楽しい大会にしましょう。

さよなら・・・萃香バーン、キミのことは忘れない

・・・最近、ネタが多くて更新に困らないなぁ・・・

さて・・・昨日(25日)の夜、急遽発表されたのですが・・・

<M.I.Wのツイッターより>

1/2 
挙動の不備が発見された為、弐符の効果を修正します。
1.壱符を先に除外する為セットされたカードが一度破棄されてしまう現象を修正 
2.弐符の自動βを他の自動βよりも先に解決し、
  必ず最初に壱符の除外もしくは弐符の除外を行うように修正 以上の2点です。

2/2
急を要する内容の為、明日26日から直ちに施行されます。
具体的なテキストについてはこの後公式サイトを更新しますので、
そちらでご確認ください。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。




思った以上に対応が早かったなぁ・・・

・・・確定情報ではないが、
どうやら24日の秋葉原公式にて萃香バーンが優勝したらしい・・・(本当か知らん


変な挙動をするデッキはお膝元で見せるに限る・・・ということだろうか。

まあ、なにも対策のないデッキだと
自動効果の連続で干渉できずに30点削られますからね・・・

さぞかしお初にくらった方々はびっくりして
ジャッジを呼びまくったのでしょう・・・容易に想像できる・・・

バーンが考えられて約2ヶ月・・・
弐符萃香を安全に3枚集められるギミックでも誰かが編み出した・・・と思われる。

どんどん改良されていってたもんね・・・

最終形はどんなデッキになったのだろうか・・・?
ぜひとも秋葉原で大暴れしたデッキを拝見したいものである。


そして・・・意外と全国各地に広まっていたようだ・・・

ま、過去にここに取り上げた本人が書くことではないのだろうけど・・・

”萃香バーン”ご存知ですか?(11/13付)


・・・と、いうことで、
だいぶ忘れ去られている「スペルブレイク」についてのルール改正となりました。

・・・弐符?使うひといるのか・・・?
・・・そもそもVISIONにそんなものあったんだ・・・

そんな声は置いておいて、
総合ルールを見てみようか・・・

10.19 弐符

10.19.1
弐符は特殊効果である。

10.19.2
弐符の本来のテキストは以下の通りである。
10.19.2.a
(自動β)
〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用出来ない。
10.19.2.b
(自動β)
〔このキャラクター〕が場に出た場合、名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクター1枚を選んでも良い。
選んだ場合、選んだキャラクターにセットされているカード全てをこのキャラクターに移し、
選んだキャラクターをゲームから除外する。
選ばない場合、このキャラクターをゲームから除外する。
Aはこのカードの本来の名称である「符ノ弐“B”」のBに等しい。
この効果は他の場に出た場合の効果よりも先に解決する。

10.19.3
弐符の「自動β」によって壱符を持つカードをゲームから除外することを
「スペルブレイク」という。



古くからやっているプレイヤーでさえ、
厳密なルールを忘れているでしょうから・・・

最近始めた・・・という方々にとっては・・・寝耳に水・・・

・・・しかも、再販されてないだろうし・・・(壱符紫は除く)



・・・とりあえず、よかった。

最近は公式の見事なエラッタ修正、ルール改正が目立つ。


アドバイザーが増えたのか?
それはそうとして、偽紙舞はどんなデッキが上位にくるのか・・・

楽しみである。

・・・そして、皆で歴史をつくるチャンス!

上位デッキについて考える<11/11 秋葉原公式 1位>

・・・今日(25日)は山口で徳山公認が開催されました。

行きたかったな・・・今回は不参加です。

今使っているデッキが展開が遅いながら安定しているので
いろいろ対戦したかったのですが・・・

このままの状態で東方偽紙舞に出ることになりそうです。



今日も時間があるので、いそいそと更新・・・

今回は11月11日の東京・秋葉原公式で優勝された
Hexa=Anthos様のデッキレシピを取り上げようと思います。



<キャラクターカード17枚>
3 る~こと
2 サニーミルク/9弾
3 霧雨 魔理沙/1弾
3 八雲 藍/5弾
2 八坂 神奈子/11弾
1 八坂 神奈子/5弾
3 西行妖/1弾

<スペルカード7枚>
3 光撃「シュート・ザ・ムーン」
3 天竜「雨の源泉」
1 紅魔「スカーレットデビル」

<コマンドカード26枚>
3 マナの生成
2 思念の看破
3 香霖堂
3 強引な取引
3 守矢神社
3 是非曲直庁の威令
2 恐ろしい波動
3 風祝の奇跡
3 死霊の復活
1 少女密室



最近はあまり見なくなった死霊源泉。

死霊の復活で妖を出して毎ターン4点バーン、
源泉を使い手札アド、冥界回収、風祝回収、
風祝でノード回収、冥界からキャラクター回収・・・

源泉は「8点回復」、風祝も「4点回復」の効果も選べますが、
源泉全盛期と違って11弾雛がいますからね・・・
・・・使える場面があれば美味しい・・・程度かと。

源泉デッキのいいところは冥界に落ちたカードを
何度でも回収できる・・・使い回しができるところでしょうか・・・

このデッキもその特質を生かして
全体除去となるスカデビは1枚、サイドボードも基本的に1枚ずつ・・・

回収可能だから神奈子を惜しげもなく波動の手札破棄要員にすることが可能・・・
・・・と書きましたが、るーことがいるので
魔理沙(ノード5)、藍(ノード5)、サニー(ノード3)でも
数を揃えてカタディなど偶数ノードカードを破棄することには苦労しなさそう・・・

そして・・・る~こと→サニー→魔理沙・・・と上手くマナチャージャーのリレーが
できそうなので、サニーが出た後はる~ことはお払い箱?
(・・・もしかしたら波動はる~ことを安全に排除する手段・・・かも)

そして・・・これまた久しぶりに見た魔理沙、シュートザムーンの組み合わせ。
相手の手札の様子を見つつ、ついでに高いコストのカードを破棄、
これまた申し訳程度にライフを削るという・・・

今の環境、陰謀論が入っているデッキが多いので、ダメージ5が見込まれる・・・
(前までは離反くらいしかなく、ダメージ5はめったになかった・・・)

・・・シュートで手札を見ようとして相手の反応を見つつ
5弾藍でカウンターを飛ばし、源泉を安心してプレイする・・・

また・・・地味ですが、思念の看破・・・
最近までは「神前ラプラス」にてラプラスの素材の看破を見る機会が増えましたが、
ここでの看破は純粋に仕事をしています。

・・・1積みのスカデビを指すことにより展開したキャラの除去を防ぐ・・・とか
サイドからの1積み運命のダークサイドを指すとか

・・・そうか、サイドの1積みカード群は看破のためか・・・
(その他、サイドボード:塚、フォビ、カタディ、リリカソロ、瞳1積み)

それでなくても看破貼られたらかなり警戒する常連プレイヤーは多い。
プレイしたカードは無効にされて2ドローされる・・・単純に手札3枚のアド。

5弾藍をプレイした後に死霊の復活を防がれる心配はないし、
1弾西行妖がいることでわざわざ攻撃してグレイズ与える必要ないし、
(攻撃に転ずるタイミング:アタッカーの少ないコントロールデッキの悩み所)
改めて死霊源泉の存在感を実感しました・・・


★八雲 藍/5弾

プレイを無効にされず、「プレイを無効」と書いてあるカードを
お互い破棄する効果を持つ。

主に主軸となるスペル、コマンドカードをプレイする前に
相手の手札を見る&カウンターカードを破棄させるために
プレイします。

当然、カウンターカードを貯め込んでいるプレイヤーの手札は
手痛い打撃を受けるわけで・・・

そして・・・5弾藍を採用しているデッキには
威令や作戦阻止などカウンターカードを採用していない場合が多い。

・・・5弾藍をプレイして自分の方が破棄枚数が多くて
意味がない・・・なんてことを防ぐためですが・・・

なので、5弾藍がいる=カウンターがない・・・
「カウンターがないので何やっても通る」・・・と気づかれるので注意・・・
出来れば冥界に落とさないとか気づかせないよう気をつける必要があります。

とはいえ、相手がなんとかする前に勝ってしまえばいいので、
1ショットデッキによく見られます。

最近では真実の光景で藍の自動βを無効にされてしまって
プレイしただけ・・・となったり、
手札を公開するため、相手の手札にイリュージョナリイブラストがあって
思わぬ破棄を強制される憂き目に遭うことがあるので、
注意したいところ。

※「プレイは無効に出来ない」の自動効果はキャラクターカードの効果なので
 真実の光景の効果の対象外。



★思念の看破

デッキからサーチしたカードをセットし、
プレイしたカードと同じスペル、コマンドカードだった場合、
プレイを無効にし破棄、2ドローできる装備/場。

特異な例としては
序盤ある程度ノードが貯まって無駄になるマナ生をセットして
マナ生プレイして2ドロー・・・
その形を使って5弾映姫さんを場に出す・・・とか、できます。

普通の使い方としては威令や阻止をセットして
相手の威令や阻止を無効にして自分のスペルやコマンドを通すために使う・・・とか、
または強引な取引をセットして相手の取引を無効にして2ドロー・・・

あとは・・・今回取り上げたデッキみたいに
サイドボードに1枚ずつ入れて相手がプレイしそうなカードをセットしておく・・・

1度この方法で無効にされると、相手は2戦目、3戦目に
再び看破を貼られるとプレイしにくくなります。

・・・関係なくプレイしているように見えても
余計なことを考慮する必要が出てくる分、
相手に見えないプレッシャーを与えることになります。

ただ・・・今は絢爛とか神前試合とか便利な装備/場が増えてきたので
採用は難しい・・・かもしれない・・・



・・・以上、デッキ考察でした。

看破について書くのが一番難しかったな・・・

まとまらなくなっちゃったよ・・・

カードについて書くのは難しいな・・・

カードを使ってみた《小野塚 小町/11弾》編

仕事が暇で3連休と相成りましたので、ブログの更新を加速・・・

今月は更新数が久しぶりに二桁となりました。

そして・・・そろそろ書きたくてうずうずしていたので・・・

久しぶりに「カードを使ってみた」の記事を書いていこうと思います。

今年はこのカテゴリーは6月のテレメス以来。

・・・とはいえ、各地の上位デッキ考察のときに
何枚かカードを抜き出して考察しているので、
その拡大バージョン・・・という考えになってしまったなぁ・・・


そして、今回取り上げるのは「小野塚 小町」。

最近、場でも冥界でも仕事する・・・と評判です。

・・・本人はサボリ魔のはずなんですが・・・(汗

過去記事のデッキ考察にも書いているので、
被っているところが多いと思いますが、
あの時以来はワタクシ自身も使っているので・・・

最近にない「使ってみた」記事が書けるのではないかと。


まず・・・11弾小町のテキストです。



★No.932 小野塚 小町/11弾
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(2) 種族:死神

即死 耐性:幽霊

(自動β):
あなたが戦闘ダメージを受けた場合、
〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。
除外した場合、目標の〔キャラクター1枚〕を決死状態にする。
但し、相手プレイヤーは(4)支払う事で、この効果による決死状態を無効にできる。

攻撃力(6)/耐久力(5)




まず・・・攻撃6の即死持ち。
先制持ち相手ではない限り、確実に相手をしとめます。

場にいるときはほぼバニラカード(場にいて効果のないカードのこと)なのですが、
戦闘に関しては単純に強いです。

相手の耐久力が多かろうが関係ない。
ダメージさえ通れば相手を倒してしまう。

そして耐久5・・・と安心の硬さ。
先制持ちで攻撃5以上・・・かなり数が絞られます。

攻撃6の先制持ちのおじいちゃんが筆頭に上がりますが、
小町は耐性:幽霊を持ち、ダメージすら受けない。


・・・なので、小町が攻撃するとだいたいは防御されない。
そして小町で防御していると大型も攻撃してこない。

ただ・・・注意が必要なのは即死持ち同士の戦闘になった場合。
即死の効果は防御側が不利で、
先に攻撃側の効果が解決されてしまう。

小町同士だと攻撃力の方が高いので
即死持ちとか関係なくダメージを受けて決死になってしまうので
気にすることはないのですがね・・・


そして・・・冥界にいる場面の効果・・・
これは普通に厄介である。


戦闘ダメージを受けた場合、
冥界にある小町を除外することで目標のキャラを決死にできる。

効果使用の手順としては・・・

① 相手キャラの攻撃
② 自分に戦闘ダメージが入る
③ 小町除外を宣言(=小町効果使用開始)
④ 決死にするキャラを指定
⑤ 相手はコスト4払うかどうか決定
⑥ 相手はコスト4を払う。払わない場合決死にする。
⑦ グレイズ解決

※小町が冥界に2枚以上いて2枚目の効果も使いたい場合、
 1枚目の③~⑥が終わってすぐ2枚目の③~⑥を解決する。




戦闘ダメージ・・・と、あるので、もちろん貫通によるダメージも含まれます。

そして・・・
使用宣言に見えますが、自動効果なので、
「干渉で塚で除外したい・・・」なんてことは無理である。
わかっている時点で攻撃する前に冥界から除外することをオススメする。
(それは1枚目と2枚目の効果解決の間も含む)


また、目標のキャラは自分のキャラでも可能。
呪符付けられてどうしようもない自分のキャラを除去する手段としても使える。


この効果の優秀なところ・・・
なんと加護関係なく相手のキャラを決死にできるところ・・・

この効果、「キャラクター効果」ではなく
「キャラクターカードの効果」だからで、
なんともルールの穴をついたような解釈になりますが・・・(汗



ここまでは前にデッキ考察で書いたときにくわしく取り上げました。

上位デッキについて考える<10/14 秋葉原公式 1位

※幻視ブログの回答を踏まえてルールと照らし合わせて書いているつもり。



ここで書いていない・・・というか
書き忘れたこと・・・「⑦ グレイズの解決」について。


戦闘終了時に発生する「グレイズ」。

大量のカードをプレイするにおいて
欠かせないのが「マナ」と言われるものですが、
相手からの戦闘ダメージを受ける代わりに貰うもの。

大きいダメージを受けてもグレイズを貰ってノードを増やすことにより
コストのかかるカードを使って
大型キャラをプレイする、戦況を変えるほどの効果を持つカードを使う・・・

いろいろあると思います。

序盤はわざとダメージを受けてノードを増やし、
後々盤面や手札を充実させて勝ちを拾いにいく・・・


おおまかな説明すると「グレイズ」はそんな感じですが、
戦闘干渉解決の一番最後にグレイズの解決・・・となります。


当然、「戦闘ダメージを受けた場合」の効果の後に
グレイズを貰うことになるわけで。



有名な例を挙げると・・・


★No.693 上白沢 慧音(白沢)/9弾
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(3) 種族:妖怪/獣

貫通
(自動β):
手札にある〔このカード〕が相手プレイヤーのカードの効果で破棄され、
冥界に置かれた場合、このカードをあなたの場にスリープ状態で出す。

(自動γ):
〔このキャラクター〕が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、
目標の〔冥界にあるカード2枚まで〕をあなたの任意の順番でデッキの上に戻す。

攻撃力(6)/耐久力(6)




9弾きもけーねは相手に戦闘ダメージを与えると
冥界からデッキの上に戻すことができますが、
一応、相手の冥界のカードをデッキトップに戻すこともできます。

・・・が、この効果を使った後にグレイズが発生するため
基本的には相手に使わず、自分の冥界に落ちたカードの回収のために使います。

・・・もちろん、貫通ダメージで与えた場合は
グレイズ自体発生しないので、相手のドロー封じに使えるといえば使えるのですが(汗



★No.697 霧雨 魔理沙/9弾
GRAZE(4)/NODE(7)/COST(3) 種族:人間

先制 マナチャージ(1)
(自動β):
〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、
〔あなたのデッキ〕を全て見て、「ミニ八卦炉」1枚を抜き出し、
このキャラクターにセットしても良い。その後、デッキをシャッフルする。

(自動γ):
〔このキャラクター〕が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、
〔相手プレイヤーのデッキの上のカード5枚〕を見て、
1枚選んで裏向きにしてこのキャラクターにセットする。
それ以外のカードは任意の順番でデッキの上に戻す。

(常時)(2):
〔このキャラクターにセットされている裏向きのカード1枚〕を破棄する。
破棄したカードがコマンドカードだった場合、
〔あなた〕がそのカードをプレイしたものとして解決する。

攻撃力(5)/耐久力(4)




9弾魔理沙の場合は相手のデッキトップ5枚を見て
1枚はセット、4枚は戻す・・・という効果。

この効果の後にグレイズが発生するのですが、
トップ4枚の順番も相手に知られているために
基本的にグレイズをすることになります。






・・・と、2枚のカードの実例を出して少し遠回りした感がありますが・・・

戻って小町の場合。


冥界の小町の効果を使って攻撃しているキャラを目標にした場面。

相手がコスト払わないことを選択。


攻撃してきたキャラが決死になります。


・・・その後にグレイズの解決・・・なんですが、
すでに攻撃してきたキャラは場にはいません。


・・・と、いうことで、グレイズは貰えません。

参照にするキャラがいないから・・・というのが理由。

決死の効果はすぐに冥界に送られますから・・・


・・・そういう意味では仮に


霊夢
「小町の効果で除外します」

魔理沙
「・・・今、グレイズしましたよね、効果使うタイミングは終わってる」



・・・という感じで回避することも可能です。
(少し意地悪ですが)


ジャッジキルとまで行かなくても
デッキからノードに移動しているわけで、
大会なら巻き戻し・・・というのも難しい・・・


※フリプならどうにでもなるのですが、
 ノードの入れ替えとか行われる可能性まで考えると・・・



なので・・・

冥界にいる小町の効果は

戦闘ダメージをもらってライフカウンターを動かした後に除外(使用)しよう!


もちろん、攻撃をしてきたキャラ以外を目標にした場合は
普通にグレイズをもらえるので安心を。



・・・というのは、芳香とかくるみなど軽いグレイズのキャラの
攻撃に対して使う場合はあまり関係ないのですが、
神子(ダメージ7、グレイズ4)や12弾天子(ダメージ7、グレイズ3)に対して使う場合、
ダメージが大きいけどグレイズはもらえない・・・そんな場面が発生します。

「このキャラが攻撃してきたら小町で決死にしちゃえ!」
・・・と、思っているときはグレイズはもらえない・・・と計算すること。

・・・この場合、相手がコスト4払って決死無効にしてくれたら
普通にグレイズはもらえるので、
ノードアドを取れることも考慮にいれるとなお、いいのかもしれません。



そして・・・小町の効果を使われた場合もしかり。

メインアタッカーを消されてグレイズも取られる・・・なんて場面は
「ルールに照らし合わせてもおかしい」・・・ということを知るだけで
自己防衛できると思います。




・・・以上、小町の考察でした。


使ってみて・・・かなりいい働きしますよ・・・

場で、冥界で・・・と2度美味しい・・・みたいな。


ワタクシのデッキでは12弾衣玖が一番大きいキャラとなりますが、
即死持ちの小町がサブ・・・といいながらメインアタッカーとなっていたりします。

相手の攻撃の干渉でコマンドカードのプレイなどで
ノードから小町を冥界に落としたり・・・

戦闘干渉で防御した小町をジェラシーで落とす・・・なんて考えは
想像できると思うけど、やめた方がいいです。

ダメージは通るけど効果使われて誰かが決死になります。

冥界に小町が落ちるだけで
特に大型キャラを展開している相手にとっては邪魔・・・にしかならない。
変に他の小型で攻撃したらメインの大型が消えることになるので・・・


・・・とはいえ、コスト4が払える場合は何も関係ないのですがね・・・


小町での攻撃は法界の火が一番怖いので、ほどほどに(・・・と、言っておく)

・・・冥界で仕事させたいこまっちゃんが除外されるのはかなり痛い!

11/23付 エラッタ修正、ルール改正施行についての考察 

今日(23日)からエラッタ施行。

このエラッタによりディバパラ関係、神前ラプラス関係は終了、
ミステリシルフィ、難題関係のデッキは少し弱くなります。

・・・難題に関しては「少し」どころじゃないかもしれないが・・・

・・・とはいえ、今回のエラッタはある意味いい調整だと思います。

秋杯でディバパラデッキが1位と4位に入ったから
何らかのエラッタがかかるとは予想していたけど・・・

偽紙舞の前に入れてくるのは・・・公式もいい判断だったと思う。


また、後の文にも触れますが、
ルール改正により「紅色マミゾウ」も終了のお知らせ。

・・・これはまぁ、妥当だと思いますが、マミゾウ効果は強いと思います。



では、エラッタが入ったカードの変更点と簡単な雑感を
ワタクシなりに書いていこうと思います。



★No.066 木符「シルフィホルン」

【幻想生物】 維持コスト(1)
(常時)0:〔このキャラクター〕をアクティブ状態にする。
その後、ターン終了時までこのキャラクターは「戦闘修正:-2/-2」を得る。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


※注意点
ターンに1度しか起き上がれなくなった。


ようやく・・・シルフィの黒歴史に終止符が打たれた。

ミッシングシルフィからミステリシルフィまで
エラッタをするタイミングは今までもあったはず。
・・・それを今・・・うがった考えをすれば、何かあるのだろうか?

何はともあれ、難題デッキの弱体化その1・・・


★No.430 騒符「リリカ・ソロライブ」

目標の〔あなたの冥界にある「リリカ・プリズムリバー」1枚〕をあなたの場にアクティブ状態で出す。
その後、〔あなた〕は1ドローし、
あなたのデッキの上のカード1枚をスリープ状態でノードに加える。


※注意点
冥界にリリカが存在していないと解決できなくなった。
それに加えて紅葉狩りで回収しての使いまわしが不可能に。


今までは場のリリカの効果を使って冥界に落として舞い戻る・・・なんてことができた。
場に術者がいるということで、コスト1とはいえ免除されてましたし。
塚を撃てるタイミングが生まれた・・・と考えたら普通の挙動になったと評価。

1ドローとノードが増えるのは現状どおりなので、
テキストが変わったことを忘れる事件はいろんな場面で起こりそう(ぁ



★No.594 秋符「フォーリンブラスト」

 目標の〔スリープ状態のノード2枚 〕を破棄する。
その後、〔あなたのデッキの上のカード2枚〕をスリープ状態でノードに加える。

(自動β)
あなたの場に「秋 静葉」がいる場合、
メンテナンスフェイズに〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。
除外した場合、〔あなた〕は1ドローする。
但し、このメンテナンスフェイズに
あなたの他の「フォーリンブラスト」を除外した場合、この効果は無効になる。



※注意点
目標が「スリープノードのみ2枚」になった。

今まではアクティブノードが主に狙われていた。
それは目標を外すことが容易ではなかったためですが、
今回のエラッタで言ってしまえば常時効果コスト1を使うだけで
解決の失敗に持っていけるようになった。

・・・これでますます術者ナシではプレイできなくなりましたね・・・

また、相手の11弾穣子が仕事をし過ぎていると
目標を取らせる隙すら生まれなくなる・・・
ノード加速に持って行くことがかなり困難になり、
静葉フォーリンの時代が終りそう・・・

その分、11弾静葉が活躍・・・?うーん、7弾はドローできるしな・・・




★No.530 五つの難題

【装備/場】
【(自動γ)〔このカード〕に装備カードがセットされていない場合、このカードを破棄する。】
(自動β)
〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、
〔あなたのデッキと冥界〕を全て見て、術者が「蓬莱山 輝夜」であり、
それぞれ異なる名称の装備カードを5枚抜き出し、このカードにセットしても良い。
その後、デッキをシャッフルする。
(常時)0:
目標の〔あなたの場の「蓬莱山 輝夜」1枚〕にセットされているカード全てを破棄し
〔このカードにセットされている装備カード1枚〕を移す。
移した場合、この干渉終了時までその「蓬莱山 輝夜」は
「先制」、「貫通」を得、相手プレイヤーのカードの効果の目標にならない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



※注意点
常時効果の期間が「ターン終了時まで」から「この干渉終了時まで」、
「対象にならない」が「目標にならない」・・・と範囲が狭まった。

実質、難題デッキの弱体化。
また、全体除去カードの効果を受けるようになった。
それに加えて11弾雛の効果から逃れることが不可能となり、
相当つらいエラッタと思える。

10弾輝夜の効果で決死無効に出来るものの相手ターン限定のため
上手く守ることが難しい・・・
ミステリシルフィの枠に何か投入してケアできるかが今後の課題かと。



★No.731 タイムパラドックス

抵抗(2)
目標の〔プレイされた、術者がいない相手プレイヤーのスペルカード1枚〕の
プレイを無効とし、ゲームから除外する。
その後、〔このカード〕を裏向きにしてアクティブ状態でノードに加える。
次のあなたのターンのメインフェイズ開始時に
そのスペルカードを相手プレイヤーがプレイしたものとして効果を解決する。


※注意点
相手プレイヤーのスペルカード限定となった。


今までは自分がプレイしたら不利益になりそうなスペルを
相手がプレイしたことにすることにより有利を生んできた。

今回のエラッタで「相手のスペル限定」となり、
ほとんどのスペルの場合はタイミングを遅らせるだけ・・・の効果となる。
ただ、解決されるのがスペルをプレイした側の相手ターンになるため、
戦闘補正など自分のターンに都合がいいもの(総立ちなど)は防ぐことが出来る。

ギャスやスカデビなど除去系スペルにはあまり意味がない。
解決時期が決まっているため、
神の加護などで決死にさせない・・・という備えはできますが。



★No.1100 神前試合

【装備/場】
(常時)スリープ
ターン終了時まで、「神前試合」以外の相手の場の「世界呪符」、
または「装備/場」を持つカード全てのテキストは無効になる。

(常時)スリープコスト1:
この干渉終了時まで、〔あなたの場のキャラクター全て〕は
相手プレイヤーのキャラクター効果の対象にならない。
 


※注意点
世界呪符、装備/場の無効の効果が相手の場限定となり、
自動効果からスリープコストの必要な常時効果となった。


自分の場に効果が及ばなくなったため、
世界呪符や装備/場に頼ったデッキでも
自分のキャラを守るために使用することが可能となった。

・・・自分の場に効果が及ばないため、神前ラプラス終了宣言・・・

しかし、それ以上に使いやすくはなったのではないかと思う。
カタディとともに採用できるし、
貼っているだけで相手にかなり牽制できる。

そして相手のキャラの効果を防ぐところは変らず。

相手のキャラの効果に供えるか
相手の世界呪符、装備/場をこのターンは無効にするのか・・・

チルぬえ+ウェルディみたいに両方防ぎたいときは
究極の選択・・・とかプレイヤー資質を問われそうであるが(汗

常時効果を持つ世界呪符や装備/場には歓喜・・・なエラッタ。



★No.1119 陰謀論

 目標の〔プレイされたキャラクターカード、
スペルカード、コマンドカードのいずれか1枚〕の プレイを無効とし、破棄する。
(自動β)
〔このカード〕をプレイする時、
このカードの必要ノードとコストを-Xしてプレイすることができる。
Xはあなたの冥界にある「効果範囲:目標のカード1枚に及ぶ効果」を
持つカードの枚数に等しい。


※注意点
抵抗(3)が消えた。



干渉合戦で出されてもコストを払わなくていいのは大きい。
ただ、今まで通りノードコストが免除される効果は持続。
・・・抵抗がなくなったのでほぼ「断罪裁判」と一緒に見えるが・・・

陰謀論の魅力はコスト0でカウンター合戦に参加できるところ。
終盤は今まで通り威力を発揮してくれると思うが、
相手に与える脅威は作戦阻止並み・・・と思った方が無難。

これに対して断罪裁判は冥界が越えなくても使えるところ・・・
安定のノード5コスト2。
冥界がなかなか肥えない(11弾穣子が仕事をする)場合はこちらかと。


また、ノードコストが安定するなら
威令と阻止より陰謀論と断罪の方がいろいろ止めれて強い?

これから先、断罪とのすみわけはどうなるのか注目していきたい。


・・・以上、今回エラッタがかかったカードたちでした。


そして公式ブログにて・・・(以下、幻視ブログ:11月20日更新記事を参考)

★2.12.3
テキストが無効になった場合の補足を修正

<ルール改正前>
テキストが無効になった場合、【 】に囲まれた記述を含み、
テキストが持つ全ての効果は発生せず、解決されない。

<ルール改正後>
テキストが無効になった場合、【 】に囲まれた記述を除き、
テキストが持つ全ての効果は発生せず、解決されない。
 

★12.4.2
無効に出来ない記述のルールを修正

<ルール改正前>
テキスト全体を無効にする場合、無効に出来ない記述も無効になる。

<ルール改正後>
テキスト全体を無効にする場合でも、無効に出来ない記述は無効にならない。





例えば
No.068 冥符「紅色の冥界」の効果で場に出したキャラクターを
変身後のNo.940二ッ岩 マミゾウの効果によってテキストを無効にした場合でも、
【 】内の記述は無効にならない為、、ディスカードフェイズ終了時にゲームから除外されます。




・・・とまあ、「紅色マミゾウ」は終了のお知らせ・・・

・・・なんですが、妖怪を冥界から引っ張り上げて
マミゾウ効果で大妖怪に仕立て上げることは可能です。

まだまだがんばれます、マミゾウさん(ぁ


・・・これで「東方偽紙舞」はどのデッキが上位に食い込むか
なかなかわからない状態になった・・・

「ぐるコン一強だろう・・・」という方も多いと聞くが・・・
最近の朝倉サンの普及率を考えると一概には言えないような気がする。

あと・・・絢爛が息を吹き返した・・・
絢爛か・・・絢爛なのかなーうーん・・・

第23回 岡山公認大会 対戦レポ

・・・行ってきました。18日に開催された岡山公認大会。

そして思った。

・・・ブログにデッキに入れているカードについて
どんな役割なのか書き出してみる・・・

前回の記事でそんなことをしましたが、今思えばとてもよかった。


さて・・・前回記事でデッキに入っているカードについて書きましたが・・・

結局こんなデッキで参加しました。


<キャラクターカード20枚>
3 る~こと
2 秋 穣子/11弾
3 秋 静葉/7弾
3 鍵山 雛/11弾
3 博麗 霊夢/1弾
3 小野塚 小町/11弾
3 永江 衣玖/12弾

<スペルカード6枚>
2 紅魔「スカーレットデビル」
2 雷矢「ガゴウジサイクロン」
2 神霊「夢想封印 瞬」

<コマンドカード24枚>
3 強引な取引
2 紅葉狩り
2 作戦阻止
3 是非曲直庁の威令
3 呪海の眠る記憶
2 緑眼のジェラシー
2 ミステリアスジャック
2 真実の光景
2 陰謀論
3 神の加護

<サイドボード>
3 朝倉 理香子
2 無縁塚
3 神前試合
2 雲外蒼天



結局、ムラサが抜けまして・・・1弾霊夢が入り、
11弾神奈子を抜いて12弾衣玖が入りました。

・・・と、言うのは

このままだと勝ち筋薄いなぁ・・・
→瞬入れたら誰でもアタッカーになれるお
→瞬入れるなら霊夢入れたいな
→ムラサと霊夢、同じノード同じコストじゃん
→穣子いるから1弾霊夢の効果使えるのでは・・・?

・・・そんな思考で霊夢&瞬が入ったのでした。

また、呪海も
「干渉合戦になったとき軽いコストで使えるじゃないか」
そんな発想。・・・後々ディバパラの邪魔が出来ることに気づく。

あと・・・ミステリアスジャックは
瞬を付けたアタッカーがチルノで氷塊→ぬえで取られる・・・これを防ぐため。

そして前日、ほむら様とのフリー対戦で調整していると
静葉とフォーリンがまったく仕事しない・・・
静葉にいたっては引きもしない・・・

一時期、静葉&フォーリンの6枚枠を空けよう・・・
そう思っていましたが、静葉はドローソースとして残すことにしました。



そして・・・会場に着くと・・・なぜ居るの、このひとが・・・

かつて「シルフィのひと」と呼ばれた椋木様。

mixiボイスで
「岡山の路面電車は料金がわかりにくい」
・・・そうつぶやいていたので、まさか・・・と思っていましたが(汗

正直、この方がいたので、呪海を2積みから3積み、
サイドボードにあった真実の光景をメインにして雲外蒼天を投入しました・・・

主催の柾木様とフリプしても・・・デッキはなかなかいい動き。



★1回戦 不戦勝


不戦勝だったので、主催と対戦することに。

岡山公認のルールで不戦勝のひとは主催と対戦し、
勝ったら2勝0敗、負けたら2勝1敗となります。

勝っても負けても勝ちは確定なので気楽な対戦。

柾木様、本当は先ほどフリプで使った
大会前日に構築したデッキを大会に使う予定だったみたいですが、
フリプで回らなかったので・・・違うデッキに。


12弾阿求が出て11弾穣子が出て・・・デッキを回せてうらやましいなぁ・・・
そして理香子出てきて、芳香出てきて・・・大祀廟落ちて・・・
・・・人間幽霊ビート?・・・と思ってたら・・・
香霖堂で落ちたのは・・・10弾西行妖・・・
・・・萃香バーンかよ・・・

ただ、1戦目では対応できるカードを入れてないので
普段通り進めるしかないか・・・と思っていたら
自動効果で12弾西行妖が出て弐符萃香が2枚・・・残りライフ5。
なんとか場が揃っていたので耐えることが出来る・・・と踏んだら
12弾こいしが登場して負け。

2戦目はみのりんあっきゅんでデッキ回されて
最初に芳香に2回ほど攻撃されて
その後黄泉の船でキャラ落とされて自動効果で妖が登場、
弐符萃香2枚で・・・負け。


朝倉や芳香、みのりんあっきゅんからの見事な萃香バーン。
みのりんあっきゅんで手札を濃いものにして
朝倉でスペルで何かされることを防ぎ
黄泉船で落としてからの自動効果・・・
2戦目は塚と雲外蒼天を投入していましたが、
見事に引かなかったなぁ・・・



★2回戦 輪ごむ様 チルぬえ入りぐるコン

1戦目は・・・穣子が五芒星で早々に退場し、かなり厳しい立ち上がり。
小町を出せたものの今度はチルノに氷塊にされてぬえに奪われる。
チルノに攻撃を2回受けてノードから小町が冥界に落ちる。

攻撃で小町の効果で幻夢を落とし、
チルノの攻撃に再び小町の効果でぬえを決死にする。
その後、ガゴウジをプレイして他のキャラも消すことに成功。
その後出せた小町でライフを削っていくが、
今度は9弾衣玖が出てお互い攻撃せずにターンが過ぎる。

12弾衣玖のプレイから神の加護を握り、小町で攻撃、衣玖が受けて干渉神の加護、
衣玖を決死にすることに成功したものの結社から効果で出されてもとの木阿弥。

12弾衣玖はヴォーテックスで消されて
衣玖と小町で向かい合って何ターンか過ぎて
「残り時間15分」・・・の主催の声。

穣子に瞬付けて・・・輪ごむ様がサレンダーしました。


2戦目は・・・朝倉さんを山のように引いた。
朝倉さんを3体出して相手のスペルを腐らせることには成功。
・・・ただ、お互い場にキャラが揃って膠着状態。

5弾藍をプレイされてカウンターを落とされたが、
それは相手も同じ・・・それなら紅葉狩りを引いて
ノードに隠したスカデビと真実の光景を回収したいなー
・・・そう思っていたら相手が紅葉狩りをプレイしたので呪海で紅葉狩り。
スカデビと真実の光景を回収して真実の光景をプレイ。
相手は紅葉狩りを再び使い威令を回収。
(これは後で確認したし、そんな気がした)

輪ごむ様
「スペル使う気満々ですね・・・」

その通り(笑
スカデビプレイ、干渉で威令・・・
威令に威令、その干渉で作戦阻止。
手札に呪海があったもののノードは1。プレイできない・・・

そのままエクストラターンに。お互いライフはフル満タン。

エクストラ3ターン目、小町を離反で取られて4ターン目に攻撃される。
ライフ差6。

最終ターン・・・
朝倉で攻撃してなんとかライフを多く削らないと・・・
朝倉Aで攻撃・・・通る。
朝倉Bで攻撃・・・5弾藍に防御される
朝倉Cで攻撃
・・・リリカで防御されたのでジェラシーをプレイ、
干渉でリリカに取り付かれ・・・ライフ差1。

残っているのは穣子だけなのですが・・・
相手ノードは7、手札に離反を確認してたので・・・
残り1差を縮められず・・・負け。

1戦目:勝ち 2戦目:負け・・・で、引き分け。


反省点がたくさんあった対戦だった。

まず・・・攻撃してきた小町にジェラシーを撃たなかったこと・・・
ただ、手札を3枚使うことになり、0枚になるので・・・
最近「手札0」の状況はなるべく避けたいと思う。
「手札0」って相手のやりたいこと全部通してしまうことになるし、
それを相手もわかってしまう・・・例え、使えないカード・・・
マナ生であっても相手には威令に見える場合だってある。

なぜ神前試合を貼らなかったのか・・・
・・・これは反省。
輪ごむ様のデッキにはチルノやぬえがいるので、
貼っても腐る可能性は低い・・・
ましてや、最後のターンでのリリカの干渉だって防ぐことは可能だった。

いろいろ勉強になった対戦となった。


★3回戦 春様 萃香フォースフィールド

冥界にヤマメが見えたので樺黄小町いるかな・・・と思いましたが・・・
9弾萃香が出てきたので、毎度対戦しているふみ様の影におびえる・・・(笑

燐禍術とか来るか・・・と構えていたら・・・フォースフィールド。
うーん、ダメージ無効になるのが厄介だなー・・・と思いましたが・・・

こちらは雛がいるし、小町もいる。
そして・・・手札に光る真実の光景。

小町との戦闘干渉で雛の効果を使いつつ真実の光景をプレイ。
萃香を即死効果で難なく除去。

・・・そんな方法で萃香+フォースフィールドを打破。

しかし、2戦目は初ターンから出ているレイセンにてこずる。
・・・ウチのデッキ引っかかるものないな・・・と思ったら12弾衣玖が・・・(汗
ぐるぐるの回収が出来ないな・・・

攻めているもののアタッカーを除去されてからは攻め手がなくなり、
お互いデッキが少なくなり・・・残り8枚。
しかもこちらが先行してなくなる・・・

そんな中、引いてきた強引な取引。
場に霊夢が笑っている、手札には陰謀論・・・
相手のデッキが残り2枚の
こちらのターンのディスカードフェイズに

「強引な取引!目標はそちら!」

・・・決まり手:強引な取引



・・・9弾萃香をいつも使っている方が近くにいるので
いざ萃香を使われてもあまり怖くなかった。
雛がいたし、いざパンプアップされて攻撃されても対処できたと思う。


ちなみに・・・ふみ様いわく、
9弾萃香とフォースフィールドは合わない・・・とのこと。

・・・と、いうのは、
フォースフィールドの効果でセットされるカードは
フォースフィールド自体にセットされるので、
萃香パンプアップ効果の対象外・・・なんだそうな。

※萃香自体にセットされて戦闘修正:+1/+1が付く。

そして・・・

ふみ様
「(9弾)萃香は自動効果のかたまりみたいなもの」

・・・ようは、真実の光景1枚でパンプアップ効果が無効になる。

そうか・・・まだまだ萃香を理解してなかった・・・
そして、真実の光景を上手く使えてないな・・・




結果、2勝1分けで11人中3位でした。
・・・負けなかった、というのがいいですね・・・(柾木様には負けたが


そして・・・優勝は椋木様でした。
デッキはエア巻物で大災厄か幻視の系譜をプレイするもの。

エア巻物のプレイの干渉で未来予知とか魔法研究を使う・・・とか。
そうすることにより、
自分の解決したいカードをサーチしコントロールする・・・という。

1度フリー対戦をしたところ
序盤にる~ことが来て阻止や呪海も来て
挙句の果て霊夢まで出せた・・・
最後の手段で5弾映姫が攻撃してきたが、
冥界の小町2枚で映姫2体を決死・・・椋木様サレンダー。

引きが良かったかもしれないね・・・



今のデッキ、なかなかいい仕上がりですね。
・・・大会で対戦したいなぁ・・・

しかし、今週末は金欠で遠征に行けない予定である。悲しい・・・

そして・・・1弾霊夢は仕事をする。決して弱くないと思う。
また、戦闘干渉で瞬をプレイするのは気持ちがいい。

プレイすると
「おお、ラストスペルか!!!」

・・・そう相手は驚いてくれる。

明日(23日)からエラッタが施行されます。
ディバパラとミステリシルフィが終了のお知らせ・・・

ミステリシルフィはまだまだかもしれないが
少なくともだいぶ脅威が減る・・・それだけでもいいエラッタかもしれない。

・・・詳しくは次回記事にて。多分明日更新予定です。

デッキ構築・・・自分の場合を考えてみる。

明日(18日)は岡山公認です。

前々回の記事で
地方ようかい様のデッキ構築の仕方、考えの記事を載せましたが、
それにのっとってワタクシもやってみようと思いました。

・・・このままで出るかはわかりませんが、
今日(17日)朝起きて考えた結果、今現在こんな形。


★キャラクターカード22枚
なんとかムラサを使いたい・・・と思うのですが、
考えれば考えるほどムラサがいらない娘になっていく(涙

11弾神奈子→12弾衣玖
12弾ムラサ→ガゴウジサイクロン

・・・これでいい気もしなくはないがががが・・・

今の状態だと勝ち筋が薄い。
衣玖とガゴウジを入れると除去効率が良くなると思われる。


3枚 る~こと
マナチャージャーその1。
・・・やはり初ターンでノーコストで出せるのが大きい。
今のところマナ生を入れる枠が無いので早くに動けるこのキャラを採用。


3枚 リリカ・プリズムリバー/11弾
序盤キャラ除去&中盤の戦闘干渉にての除去
サニーやくるみを除去して相手の展開を遅くする。
リリカソロが手札にあれば使いまわしも可能。


2枚 秋 穣子/11弾
ノード基盤。大量にコストを使いそうなこのデッキには必要不可欠。
・・・なのですが、手元に2枚しかないので2積み。
神の加護を使う意味でも場に居て欲しいキャラ。


3枚 秋 静葉/7弾
ドローソース兼ノードアドを補助するカード。
神の加護を使う意味で一番場にのこりやすいキャラ。


3枚 鍵山 雛/11弾
マナチャージャーその2。
戦闘修正のマイナス可ということもあり
る~ことと2体で戦闘修正:-1/-1を作り出すこともできる。
普通に序盤の壁として存在することも。


3枚 村紗 水蜜/12弾
相手の攻撃に防御することで相手の軽量キャラを一掃・・・
ただ、耐久4のキャラが多いため、神奈子やリリカの助けが必要。
また、速攻持ちでもあるので、最後の攻めにも活躍。


3枚 小野塚 小町/11弾
即死持ちのサブアタッカー。
相手は相打ち覚悟で攻撃する必要があるため、
大型キャラからの攻撃を止めることにも適している。
冥界に落ちた場合も加護関係なく相手キャラ決死orノード削減してくれるため
大型除去にも活躍が見込める。


2枚 八坂 神奈子/11弾
フィニッシャー・・・といきたいところですが、
ムラサのダメージ補助・・・という控えめな役割。
相手キャラが戦闘修正:-1/-1を持つため、普通に強いのですが
なかなか攻撃するところまで行けない・・・



★スペルカード7枚
サイドから朝倉理香子を入れる・・・ということもあり、最小限。
ムラサがガゴウジになると除去が安定するかもしれないが、
理香子投入時フォーリン、全体除去が使いづらくなる。
グルグルカードをもっと増やして
術者(衣玖)のいる雷鼓弾の採用を考えてもいいかもしれない・・・
(術者がいれば理香子がいてもスカデビと同じコストでプレイ可能)


2枚 騒符「リリカ・ソロライブ」
リリカを使いまわししてのドロー、ノード加速、相手キャラ除去。
・・・ただし、リリカが冥界や場にいない場合は腐り気味。


2枚 紅魔「スカーレットデビル」
文句なしの全体除去。


3枚 秋符「フォーリンブラスト」
ノードアド&ドローソース。
2戦目以降は理香子投入でプレイしづらくなると思うが、
序盤のノードアドを取っておきたい観点から採用。
・・・そう考えたら軽量グレイズのビートキャラさいようしてもいいのかな・・・





<コマンドカード21枚>
マナ生を入れたいが・・・終盤は腐るし・・・悩ましいところ。


3枚 強引な取引
ドローソース。
環境的に運命のダークサイドが怖いが、
7弾静葉を採用している時点で考えるだけ無駄かもしれない。


2枚 紅葉狩り
序盤に来た陰謀論や大型キャラをノードに貯蓄。
また、グレイズで流れたカードの掘り起こしや
相手のフォーリンブラスト外しなど重宝すると思う。
・・・解決後の1ドローもあり、手札が減らないのも魅力。


3枚 神の加護
神がいるとき限定の決死無効カード。
雛3、静葉3、穣子2、神奈子2・・・と神が10枚あるし、
出たあと消されにくい静葉がいるため3積み。
ターン終了時のドローはダークサイドの効果を受けないため
貴重なドローカードでもある。


2枚 緑眼のジェラシー
単体除去としての採用だが、スペルで決死にならない9弾美鈴対策。
その他、攻撃してきた12弾こいし等、手札破棄は痛いが小回りが効く。
衣玖やガゴウジを採用した場合は真実の光景にしてもいいかもしれない。
(その場合、ジェラシーはサイドボード)


3枚 作戦阻止
コマンドカウンターカード。


3枚 是非曲直庁の威令
スペル、コマンドカウンターカード


2枚 陰謀論
マストカウンター最終兵器。
抵抗が付いている+ノードコスト変動する効果がついているため
最近は外せないカードの1つ。


3枚 呪海に眠る記憶
単体では使えないが、カウンター合戦になったときに効果を発揮すると思い採用。
ノード2コスト1(実際はコスト4だが)で相手の陰謀論をコピーなんて強いでしょ(ぁ
ディバパラ相手にパラドックスをコピーできるのも・・・
意外と使う場面があるのでは・・・と見ている。
これを採用する場合は陰謀論は2積みでも十分かと。



・・・とまあ、そんな感じで考えている。

ウーン、ムラサ外さざるを得ないのかな・・・
心の奥で思っていたが、文章化するとますます顕著にいらない気がする・・・

このままだと除去コンでもないし、攻撃で押す感じには程遠いし・・・

中盤で相手キャラをふっとばして小町、衣玖で決めてしまう・・・
その方が現実的かもしれない・・・
衣玖で全体除去(ガゴウジ、スカデビ)or全体保護(神の加護)拾ってこれるし・・・

衣玖なら12弾こいしを止めることも可能ですし、
実際、セイバー様に使われて強かった。
グルグル使った後手札のディスアドが出ないところもいい。


あと1日あるので、ゆっくり考えよう・・・

ムラサ活用策で反転攻勢を入れて
即死キャラ(ヤマメ、おじいちゃん)など採用したりとか
幽霊船に瞬つけて守りにしか使わない・・・とか

最近、ダメージ系の全体除去が多いから要石メイン積みでもいいよね・・・と考えたりとか
ミステリアスジャック、裏切りの少女、疑惑の五芒星を採用したデッキを作ってみたい・・・とか

ここら辺りの案を構築までつなげると
それなりに構築が上手になったりするんだろうけど・・・

案を思い浮かべるだけで挫折。

ムラサ使わないんじゃ、そちらにシフトしてもいいのでは・・・
そう思う自分もいます。

ただ、ムラサが手札にいるときの安心感は半端ない・・・
そう考えたらムラサや全体除去対策として
要石をメイン3積みはありなんじゃなかろうか・・・

神の加護と役割被るけど・・・かといって加護を要石には・・・

いろいろ考えるのは楽しいですね・・・
結果が伴わないのが・・・少し・・・

あー、どうしましょ・・・大会前は悩んでいる間が一番楽しいんですがね。

上位デッキについて考える<第58回 広島東公認 1位>

・・・明後日(18日)は岡山公認。

まだデッキを考えていない・・・この記事書いてから考える予定。

今の形を大きく変えたいな・・・

でも・・・る~こといるでしょ、
ムラサ入れたい、穣子入れて、雛入れて、
神奈子入れるデショ・・・あれ?変化ないのか・・・?

ま、後で吟味しよう・・・

明日は仕事休みだから・・・考える時間も調整時間もありますし・・・ね。
(夜から飲みだからそれまでになんとか・・・)


さて、今回の記事は
先日開催した「第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認)で
見事に優勝されましたAFK様のデッキレシピを考察しようと思います。

まずはデッキレシピ。


<キャラクターカード0枚>

<スペルカード8枚>
3 新史「新幻想史-ネクストヒストリー-」
3 河符「ディバイディングエッジ」
1 想起「テリブルスーヴニール」
1 魔眼「ラプラスの魔」

<コマンドカード42枚>
3 マナの生成
3 情報戦
3 紅葉狩り
3 強引な取引
3 可視化の儀式
3 香霖堂
3 タイムパラドックス
2 作戦阻止
3 是非曲直庁の威令
2 魔法研究
3 未来予知
2 永夜の術
2 破壊工作
3 雲外蒼天
2 神前試合
1 破滅の呼び声
1 思念の看破

<サイドボード>
2 秘術「天文密葬法」
3 閉ざされた瞳
3 魔力掌握
2 陰謀論



雪舞ビート・・・と、本人は申していますが、
ディバパラ神前ラプラスでございます(笑

勝ち筋は・・・だいぶ知れたとは思いますが、

ディバイディングエッジ+タイムパラドックスで
キャラを指定し、デッキ=手札にします。

大量の手札から情報戦で相手の手札を見て
(これはディバパラ決める前にプレイする場合も)

ラプラスの魔→干渉神前試合

その後、破壊工作で神前試合を割ってラプラスの効果で勝利をつかむ・・・

・・・その「勝ち筋」の割にはこのデッキ、

ラプラスが1枚(テリブルを含めても実質2枚)、
素材の思念の看破、破滅の呼び声がそれぞれ1枚ずつ・・・

そして、神前試合も2枚・・・と、大丈夫なのか・・・と思ってしまうのですが(ぁ

魔法研究でディバイディングエッジ、未来予知でタイムパラドックスを
早いターンで手札に持って来れれば問題ないらしい・・・

そして・・・相手キャラの攻撃の干渉でデッキからサーチできる雲外蒼天。
タイムパラドックスにいたっては戦闘ダメージを受ければほぼ持って来れる。
「デッキの上10枚」からと制限は付くものの
未来予知でサーチしていれば問題はない。

可視化の儀式はノード2のときにディバパラを決めるための採用と思われるが、
ラプラスもノード4コスト2のため、そこでも効果を発揮する。

そして・・・永夜の術。
ディバパラが決まった後に相手にドローさえ許さず決行できるカード。
このカードも先ほどの可視化の儀式を使えばノード1コスト0・・・となる。

ディバパラを決めるときに相手は出来うる限りのことはしてくると思われる。
ディバパラの隙は効果が解決される前に相手のターンに移ってしまうこと。

相手がその最後のターンで何とか勝ちを拾おう・・・と思っている場合とかもあり得るし、
そもそもドローフェイズのドローで
強引な取引や紅葉狩りなど引いてしまえばワンチャンスを拾うことになり兼ねない。

その最後の「芽」まで摘んでしまうのが永夜の術。
「もう1度自分のターンが来る」ではなく、
「相手のターンをスキップする」というところが大きな肝である。


★タイムパラドックス

何といっても最近はいろいろ活躍中のこのカード。
ノードコストともに0でスペルによってはいろいろ悪さができる。


・河符「ディバイディングエッジ」

今回紹介した形。最近は「ディバパラ~」として
一気に勝負を決めてしまうデッキとして有名になりつつある。

・・・本来はライブラリアウト向き・・・の効果になるのだろうか・・・
「相手のデッキ」を相手が指定した種類(キャラかスペルか)を引くまで
引き当てて大将棋の効果などで勝ちを拾う・・・そんな形なんだろうか。

前環境までは「ヒノディバパラ」が主流でしたが、
神前試合の登場により、ラプラスとの組み合わせが注目を浴びている。



・『スターソードの護法』

本来は自分の手札を世界呪符として貼ったこのカードにセットして
そのかわり相手キャラの攻撃を封じる・・・
ただ、自分で使うと手札0になるため、非常に不利。

そこでタイムパラドックスと組み合わせることにより、
相手がプレイしたことになって一時的に手札0にすることになる。
当然、そのターンはカウンターが飛んでこない・・・ということで、
マストカードを通すことに使える。

また、このカード、非常にノードコストが軽いため、
先行1ターンでプレイすることが可能。
相手は2ターン目以後、圧倒的な手札アドで苦労することになる。

前環境までは「スターソードパラドックス」として使われていた。
・・・が、長くターンが経つと相手は手札枚数が回復するため、
一時的に相手の展開を止める・・・そんな形だったのですが・・・

これまた神前試合の登場により、
手札回収&攻撃不可の能力を無効に出来るようになったため
より有用に使われるようになった模様。


・新史「新幻想史-ネクストヒストリーー」

本来はデッキを回して必須カードを引いてくるために
ライフ9を引き換えにノード1プラス、3ドローをするカード。

これをタイムパラドックスと組み合わすことにより
相手は払いたくないライフを払うことになる。
また、新史自体は自分のカードのため、
相手のノードにならず、こちらに付くことに。

3ドロー自体は相手にとっては美味しい効果・・・ということになりますが、
パラドックスのその効果が解決するのは次の自分ターンのメインフェイズ開始時。
メンテナンスフェイズ辺りに運命のダークサイドでもプレイしておけば
確定の「手札3枚破棄」・・・となる。

この組み合わせを使う場合はぜひ運命のダークサイドを持っておきたい。



・防ぐには?

厄介な動きをするタイムパラドックス。
特にディバパラは勝敗を決めかねないので、ぜひとも止めたいところ。

1番に上げられるのは・・・
威令とか阻止とかカウンター系カードとなるのですが、

・スペルそのものに撃つのではなく、パラドックスを止める。

・・・基本的に普通に解決されるとあまり美味しくないカードの場合が多い。
ただ、ノードが達していない場合が多く、
手札にあっても決められてしまう場面をよく見る。



2番目に上げられるのは・・・地上の密室。

除外されているカードを「他の領域」に移動できなくなる装備/場。

タイムパラドックスは目標スペルを一時的に除外してしまうため、
プレイエリアに移動できずに効果が解決されなくなる。

ノード2コスト1、コマンドタイミングでプレイできるのが強み。
ただ、装備/場の性質上、神前試合によって無効にされるので
神前ラプラスと組み合わさったディバパラには少し苦しい・・・


あと、ディバパラ限定ですが、大将棋を貼ってしまうのも手。
ディバの解決は決定事項なので、せめて手札を・・・
相手が手札10枚以上になった時点で勝ちが決定される。

ただ、これも神前試合1枚で残念なことになる。






・・・以上、簡単ながらデッキ考察でした。

タイムパラドックスに関しては
もっと掘り下げたらまだまだ奇妙な組み合わせが出てきそうな予感。


さてさて・・・デッキ考えるか・・・

いや・・・眠いお・・・明日考えるか・・・←ダメなヤツ(ぁ

VISIONのデッキの作り方~地方ようかい様の場合~

今週末の日曜日(18日)には岡山公認があります。

この前、全敗したからなぁ・・・どんなデッキにしよう・・・


そう思っていた矢先、mixiにて
デッキ構築に関しての日記を見つけました。

福岡の地方ようかい様のものです。


このブログには過去にもデッキ構築についての日記を転載したことがあります。

そのときは大分の朱音様のものでした。>>VISIONのデッキの作り方


朱音様の書かれていた日記では
使いたいカードを決めて肉付けしていく形。

地方ようかい様の場合はまた違っています。
・・・いや、大きな違いはないのか・・・

世の中には「構築が上手い方」「プレイイングが上手い方」などなど
強いとされる方々が全国各地にいますが、
それぞれ自分理論に基づいて構築し、対戦しています。

先日の福岡公認で優勝された地方ようかい様のバーンデッキ。

どんな理論で構築したのか・・・
彼の日記を見てデッキ構築の参考になれば幸いです。

そして、地方ようかい様、転載許可ありがとうございます。


まず・・・11月10日に開催された「第23回 福岡VISION部公認」で
優勝された地方ようかい様のデッキレシピを紹介します。

<キャラクターカード3枚>
3 秋 静葉/7弾

<スペルカード14枚>
3 新史「新幻想史-ネクストヒストリー」
2 狂符「風狂の詩(ドリームワールド)」
3 豊符「オヲトシハーベスター」
3 秋符「フォーリンブラスト」
3 赤眼「望見円月(ルナティックブラスト)」

<コマンドカード>
3 マナの生成
3 強引な取引
3 香霖堂
2 運命のダークサイド
2 鵺の鳴く夜
2 タイムパラドックス
3 パペットリッター
3 地霊殿
3 均衡
3 無名の丘
3 宣戦布告
3 イリュージョナリイブラスト

<サイドボード>
3 る~こと
1 運命のダークサイド
3 無縁塚
3 神前試合




そして・・・このデッキについての
地方ようかい様の日記・・・・

これを読めばなぜこのデッキになったかわかるばず・・・!


(以下、地方ようかい様のmixi日記から転載)



カードゲームやってて避けて通れないのは、
デッキを構築すると言う行為でしょう。デッキ無いとゲーム出来ませんし。

誰かに借りてやるにしろ、
中身を知るのと知らないのではカードの切り方も変わるでしょうから、
やはり勝敗を決める要素に、構築の良し悪しは大きく関わると思うのですな。

ここ最近、他人のデッキ構築に偉そうに口出しすることがあったので、
自分を見詰め直すと言う意味でも自分の構築論、
・・・と言うより構築をする時にしていることを日記にしようかと。


採用するカード一つ一つに意味を見出してみる。


以上。


まー、当たり前っちゃ当たり前のことです。
・・・ってか、意味の無いカードなんてのっけねーよ、って思われて当然かと。

要は、

「強いから入れとけば良いや。」

では無くて、

「こうだから入れる。強い!」

・・・って考え方と言うのですかね。
 
11月の大会で使ったデッキも、そう言う過程を踏んで作ってはいます。



<キャラクター>
3枚 No.493 秋 静葉/7弾
ドロー加速、ノード加速の補助。


<スペルカード>

3枚 No.212 新史「新幻想史-ネクストヒストリー-」
ドロー加速、ノード加速。
かつ、均衡を撃つ為の下地作り。また、3ノード帯から静葉に繋げる為でも。

2枚 No.267 狂夢「風狂の夢(ドリームワールド)」
ルナブラの素材。本当は入れたく無(ry

3枚 No.426 豊符「オヲトシハーベスター」
ノード加速。パペットリッターが絡めば6ノード帯に届き、かなり早い段階で動ける。
かつ、チャージャーを出されても、加速に差をつけられ難い。

3枚 No.594 秋符「フォーリンブラスト」
ノード加速。かつ、相手の加速阻害。

3枚 No.648 赤眼「望見円月(ルナティックブラスト)」
火力。かつ、一本目で相手に晒して二本目以降のフォビの判断を鈍らせる。
これ1枚で、最近は7点火力ぐらいになるので、メインの火力としても優秀かと。

 

<コマンドカード>

3枚 No.075 マナの生成 
ノード加速。変なデッキはもたもたしていられない。

3枚 No.092 強引な取引 
ドロー加速。火力を手早く引き込む為。

3枚 No.226 香霖堂 
キーカードを手早く手に入れる為。また、素材落とし。

2枚 No.384 運命のダークサイド 
静葉対策。地霊殿で死なないまでに補強された相手キャラの弱体化。
ネクストパラドックスをした場合の追い打ち。

3枚 No.458 パペットリッター 
相手の場に出すと、火力になりノード加速の基盤になる。
時折、相手の山を枯らす手段にも。

2枚 No.541 鵺の鳴く夜 
地霊殿バーンは相手のターンに動き、
そして決着する為にそのターンを凌げれば良いカウンターが重要。
特に、スリープ6ノードの場合。
地霊殿⇒リッター⇒均衡とするパターンで動いたとしても打てるカウンター。
ネクストなどが絡む場合、この動きだけでどうにかなることが多い。

3枚 No.634 イリュージョナリーブラスト
火力かつ素材。また、ルナブラ同様にフォビの判断を鈍らせる意味も。
ただ、均衡で大きくライフを削るこのデッキで、
このカードはビートが殴るのを躊躇う時もあって、
少しだけ噛み合わないのかと思わないでも無いが、火力や牽制としてはやはり優秀。

3枚 No.640 地霊殿 
メイン火力。これとリッターだけで12点。
このカードだけは、何が何でも通さなければならない、このデッキの肝。

2枚 No.731 タイムパラドックス
咲夜さんがすっごい格好良くて(ry
オヲトシに使って無理やりの加速や、ネクストに使ってターン跨ぎの9点火力に使ったり、
相手のネクストに使ってドロータイミングをずらしたり。
ディバパラに合わせたり。
メインから積んでいるので、そこそこ使う用途は多い。

3枚 No.986 均衡 
メイン火力。ネクストを1回使えば20対20、2回使えば16対16。
通常の火力では考えられない程にライフを削ることが出来るし、
自分の致死ラインを一気に引き上げることも可能。

3枚 No.987 無名の丘 
火力。バーンデッキの救世主。
使いまわしが可能な上に、回収も可能なので、メンテナンスフェイズに動く有利なカード。

3枚 No.1098 宣戦布告 
奇跡のカード。
攻撃を行うまでカードのプレイが出来ない。
そして、これを使うのはメンテナンスフェイズ。
これを使いもし通されることが有るなら、
メンテナンスフェイズ中は何をやってもこちらの思うとおり。
これにカウンターを割くなら、それで良し。
相手にとってはブラフかと思っても止めなくちゃならないようなカードで、
バーンの下地作りの最終段階がこれ。
コストが掛からないと言うのもポイント。
このデッキにチャージャーは居ないので、かなりノード基盤は薄い。





元々、地霊殿リッターのバーンを使っては居たのですが、
火力不足等々を理由に解体したのですが。
均衡、無名の丘の登場と、宣戦布告の能力に惚れて再編集をしてみた訳です。

結局の所、バーンは火力を叩き込む段階で削り込まなければならないので、
火力は高いに越したことは無いのです。

その上で、相手のカウンターに対しては最小限に対応しなければならない。
手札とノードに上限がある以上、そんなに何枚も抱えられない。

それらを解消する手段、カードが上記の構築をした理由です。

自分自身、再確認の為に書いた日記ですけども、
そこそこ参考になれれば幸いですん。

コントロールもビートも根底は一緒な筈なので、

それぞれのカードに意図さえあれば積んでみる。
結果駄目だったら次の機会に調整する。


それくらいで良いんじゃ無いでしょうか?

かく言う自分、なんでこんなカード積んでんだよと突っ込まれる毎日ですが((






・・・以上、地方ようかい様の日記でした。

ワタクシ自身、バーンデッキは大好きなので楽しく拝見しました。

地霊殿を通すために鵺鳴くか・・・思いつきもしなかった・・・(汗

また、文中に出てきた「ネクストパラドックス」とは
新史を相手が使ったことにして9ダメージを払ってもらうギミック。

タイムパラドックスの効果で新史が解決されるターンにダーサイ撃ってしまえば
相手は手札3枚破棄+ライフ9削られる・・・ということになる。



使うカードに採用理由を考える

山口の黒ネギ様も言っていました

「採用理由が思い浮かばないカードは入れるべきではない、外せ」

デッキを広げて
カードごとに考えてみるのもいいかもしれません。

マナ生や取引、香霖堂は彼の挙げた理由で採用しているひとが多いだろうし、
マナチャージャーだって漠然と入れるよりは何かあるかもしれない。

作戦阻止や威令に理由を見つけるのは難しいかもしれませんが、
それを考えることによって優先順位がわかるかもしれない。

また、カードの役割を見出すことによって
プレイのブレが少なくなると考えられます。

強いひとがどんなデッキを使っていても
それなりの成績を修めるところにはそんな理由もあると思います。



地方ようかい様と対戦したときの地霊リッター対決・・・

地霊殿の干渉に地霊殿をプレイされたことを今も覚えています。



・・・さて、岡山公認に出るデッキ、何にしよう・・・

ワタクシがバーンを思いつく=思考停止・・・に近いので、
なるべくコントロールかビートの方向で考えようと思っています。

忘年会のお知らせ(日時:12/22 場所:山口県周南市)

今年もあとわずか。

毎年恒例となっているVISION勢の忘年会を開催します。

・・・VISION勢と書いていますが、
まあ、話が合いそうな友と楽しく飲もうよ・・・そんな企画。

そして今年も去年と同じで山口・周南市で開催。

・・・というか、ふみさんが店を予約、幹事してくれています。


日時:12月22日(土)18:30から

場所:ホルモン金龍(周南市銀南街9-1)

参加費:3000円(酒飲み、飲まない関係なく)


※幹事(ふみさん)からのお願い
今回はコース、飲み放題等はせず、皆で思い思いに注文してもらう形式をとりたいと思います。
 予算オーバーしそうになった時点で店員さんに声をかけてもらい、ストップをかけます。
 もし予算が幾分かあまった場合、清算を行いたいと思います。
 なお、アルコールの入りそうな方は余分に予算を準備していただけると助かります。
 予約時の店員さんの反応から見て、ガンガン酒を頼むと肉代が圧迫されそうな感じなので、1,000~2,000円ほど非常用の金を準備しておいてください。


・・・と、いうことで、飲むつもりのひとは1000円から2000円持ってくること。


参加登録はふみさんのブログ(東方幻視行)にコメント入れて下さい。

  ※幹事(ふみさんからのお願い)
お店に正確な人数を連絡する都合上、11/17(土)23:59までに、以下の方法でご連絡ください。また、予定が合えば参加可能、という場合は参加したい旨だけでも先に書き込んでおいてください。人数としてカウントします。




ちなみに・・・
ワタクシは今回は電車で行きます。
車は出せないので、参加したい広島勢は各自行動でお願いします。

二次会はカラオケ・・・だそうですが、
ワタクシやふみさんは関知していません。


今のところの参加者(11/14 22:00現在)

ふみ
ずんだもち
依夜
桜華
あやね
七夜
無酢香
テトリミノ
せそ
すかーれっとしゅーと

コメント残してくれれば
ワタクシがふみさんのブログに書き込むことも出来ます。

"萃香バーン”ご存知ですか?

最近、ブログ更新意欲に湧いている。

・・・そんなことは関係なく、今回も軽く書いてみよう。

先日(10日)の周南公認、
2回戦で対戦したせそ様が使っていたデッキは

「萃香バーン入り軽量ビート」


・・・実は、秋杯前の周南公認の後、
ふみ様の家でせそ様と泊まった際に「萃香バーン」というものを知りました。

せそ様と東海勢とのスカイプでの会話から生まれた・・・らしい。


事前に「萃香バーン」で出ることを知っていたので、
2戦目からフォビを投入して・・・

せそ様
「個人メタ、やめてよー(涙」

・・・だって、これしか防ぎようがないからさー(汗



スカイプなどでだいぶ世間に知れてきたようなので、
「萃香バーン」について説明を兼ねた記事を書いていこうと思います。


まず・・・使用カードの紹介。


★No.340 符ノ弐“伊吹 萃香”
GRAZE(4)/NODE(-)/COST(-) 種族:鬼

【弐符】
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。
以後、そのカードは以下の効果を持つ呪符カード「霧」として扱う。

 「戦闘修正:+1/+1」

(自動γ):
〔このキャラクター〕が
〔相手プレイヤーのスペルカード、またはコマンドカード〕の効果の目標になった場合、
このキャラクターにセットされているカードを2枚選んで破棄する。
その後、そのカードの効果を無効にし、破棄する。

攻撃力(3)/耐久力(3)



★No.818 西行妖/10弾
GRAZE(3)/NODE(9)/COST(5) 種族:幽霊

(自動β):
目標の〔あなたの冥界にある、「種族:人間」、
または「種族:幽霊」を持つキャラクターカード5枚〕をゲームから除外してもよい。
除外した場合、〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にスリープ状態で出す。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用できない。

(自動γ):
冥界のカードが場に出た場合、〔相手プレイヤー〕にXダメージを与える。
Xは場に出たカードの枚数の2倍に等しい。

攻撃力(6)/耐久力(10)




弐符萃香と10弾西行妖。

この2種のカードである。
・・・えっ?・・・と、お思いだろうけど、この2枚で成立する。

・・・「この2枚」というのは少し語弊があるか。

手札に弐符萃香3枚と10弾西行妖が1枚あれば成立。

何が起こるかというと・・・まあ、実際の対戦会話でお伝えしよう。


霊夢と魔理沙が対戦しているとする。

・・・この場合、ライフやノードがどんな状態か・・・とかは関係ない。
・・・関係なくても成立するから。

霊夢
「自動効果を使って場に西行妖を出します」
魔理沙
「ああ」
霊夢
「出すので、冥界の幽霊と人間を5枚除外するよ」
魔理沙
「おーけー」
霊夢
「そして、手札から弐符萃香出すよ」
魔理沙
「・・・え?」
霊夢
「弐符萃香の効果で冥界からカード5枚セットするよ」
魔理沙
「・・・・壱符いないのに?」
霊夢
「萃香は壱符いないから除外ね・・・5枚冥界から出したから10ダメージ」
魔理沙
「・・・マジか」
霊夢
「続いて、手札から弐符萃香出しマース」
魔理沙
「干渉・・・」
霊夢
「待って、自動効果だから干渉できないのよ」
魔理沙
「・・・」
霊夢
「・・・で、また冥界から5枚セットね・・・ハイ、10ダメージ」
魔理沙
「・・・え・・・」
霊夢
「そして、もう1枚萃香あるから・・・アタシの勝ちね!」
魔理沙
「・・・えーマジでー納得いかん!」



・・・そんな運びになります。

文中で魔理沙が「納得いかん!」と言っていますが、
ワタクシも初めてせそ様に決められたときそう思いました。

そしてルールを確認・・・


まず、手札から西行妖が場に出る・・・

(自動β):
目標の〔あなたの冥界にある、「種族:人間」、
または「種族:幽霊」を持つキャラクターカード5枚〕をゲームから除外してもよい。
除外した場合、〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にスリープ状態で出す。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用できない。



まあ、これには疑問を感じないでしょう。
自分のメインフェイズで効果を使う・・・これは普通。


そして、弐符萃香が場に出れば、
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。



この効果が解決されて西行妖のこの能力
(自動γ):
冥界のカードが場に出た場合、〔相手プレイヤー〕にXダメージを与える。
Xは場に出たカードの枚数の2倍に等しい。



この能力で5枚セット=相手に10ダメージが飛ぶ。


ここまでは・・・わかるが・・・

最大の疑問点

 「場に壱符がいなくても弐符が出せるのか?」


これを探るには「スペルブレイク」について書かなくてはなるまい。

・・・最近始めた・・・という方にはなじみの薄い特殊効果だと思う。

スペルブレイクとは
場にある壱符を持つキャラを弐符を持つキャラに代えること。

手札もしくはなんらかの効果で場に出した場合、
自分の場の同名壱符を持つキャラを除外しないといけない。
除外できなければ、除外される。


3弾にて登場した能力で
弐符は通常プレイでは場に出せない・・・というところが特徴。

ただ、難点として

・壱符に比べて弐符が強いかといえば少し微妙
・壱符を除外して弐符を出しても簡単に除去される

今のように加護とかあれば・・・少しは定着したかもしれないが・・・


「壱符」だの「弐符」だの最近見るとすれば
「符ノ壱”八雲 紫”」くらいだろうか・・・

その壱符紫も純粋にCIP効果が素晴らしいので使われているだけで
弐符につなげるため・・・ということはない。
(ただ、弐符紫はまだ使われている方。たまに見かける)


スペルブレイクの説明はこれくらい。
今回の件にはほぼ関係ないので、簡単な説明程度。

・・・で、弐符萃香は当然【弐符】を持っている。

特殊効果:弐符についての説明。

10.19.2
弐符の本来のテキストは以下の通りである。

10.19.2.a
(自動β)
〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。
この効果はスペルカードのタイミングでしか使用出来ない。

10.19.2.b
(自動β)
〔このキャラクター〕が場に出た場合、名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクター1枚をゲームから除外しても良い。
除外した場合、除外したキャラクターにセットされていたカードを全てこのキャラクターに移す。
除外しない場合、このキャラクターをゲームから除外する。
Aはこのカードの本来の名称である「符ノ弐“B”」のBに等しい。

10.19.3
弐符の「自動β」によって壱符を持つカードをゲームから除外することを
「スペルブレイク」という。



・・・ワタクシも確認してびっくりしたのですが、
スペルカードのタイミングとはいえ、場には出せる。

壱符がいないと効果を使っても無意味なので
今まで誰もかんがえなかっただけ。
そして自動効果なので、ジェラシーなど相手に邪魔されて
効果使おうと思ったとき壱符が除去されて解決失敗・・・なんてことはない。

壱符が場にいないと名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクターを除外できないため、
弐符は除外されることになります。


・・・じゃあ、弐符萃香に5枚セットされるのは・・・おかしいような・・・

ここが今回記事の肝です。

弐符萃香
(自動β):
〔このキャラクター〕が場に出た場合、
〔あなたの冥界の上のカード5枚〕を裏向きにしてこのキャラクターにセットする。


弐符の効果
(自動β)
〔このキャラクター〕が場に出た場合、名称に「A」を含み【壱符】を持つ、
あなたの場のアクティブ状態のキャラクター1枚をゲームから除外しても良い。
除外した場合、除外したキャラクターにセットされていたカードを全てこのキャラクターに移す。
除外しない場合、このキャラクターをゲームから除外する。
Aはこのカードの本来の名称である「符ノ弐“B”」のBに等しい。



・・・どちらも同じ「自動β」。

7.1.6.a
同じタイミングで解決される効果が複数ある場合、
その解決順序はその効果を発生させたプレイヤーが決定する。


先に弐符萃香の自動βを解決し、次に弐符の自動βを解決する。

これにより、場に西行妖がいる場合、
弐符のスペルブレイクの特殊効果を使い弐符萃香を場に出し、
5枚セットして、10点バーンが成立。


・・・ちなみに10弾西行妖が手札から場に出るのも自動効果、
弐符萃香を手札から場に登場させるのも自動効果・・・

干渉のタイミングは・・・ない。

ただ、このバーンの最大の欠点は弐符萃香は
デッキに3枚しか入らないこと。


今のところ防ぐことが出来るのは・・・


★禁弾「カタディオプトリック」
先貼り限定。10ダメージを無効にすることが出来る。


★雲外蒼天
手札に持っているだけで相手の10点以上のダメージを無効、


自動効果に割り込めるとすればこの2枚しかないだろう。


そして、妖3枚、弐符萃香3枚をデッキに入れるだけで
残り44枚を使って人間や幽霊中心のデッキを構築すれば・・・

人間、幽霊・・・これは、西行妖を自動効果で場に出す場合に
冥界に落としておく必要があるため。

ビートで相手のライフを削っていって
追加ダメージとしてこのバーンを使うのもアリ。



・・・以上、「萃香バーン」についてわかっていただけたでしょうか。

完全な初見殺しである。

ただ、大会で使用するには
2戦目以降の対策をなんとか練らないと・・・

また、計4枚揃えなくてはならないため
フルバーン1ショットで30ダメージ発生させるよりも
10点火力として考えた方が現実的かもしれない。


大きな大会ほど
こんなデッキとは対戦したくないなー

第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認) 終了

昨日(11日)、横川駅周辺に移転したカードショップ ますかれいどにて
「第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認)を開催しました。

・・・やはり、場所がわかりづらくて何人か迷い、
大会開始時間が少し遅れました。

そして、少し前から店内で開催されていたバトルスピッツの大会参加が30人とかね・・・

店内飽和状態。

さて、こちらVISIONの大会参加者はワタクシを含めて8人。

スイスドロー3回戦。


<総合結果(敬称略。書いた順番がそのまま順位)>

★3勝

AFK(6-0)

★2勝1敗

学生です(4-2)
亮藍(4-3)
ふみ(4-2)

★1勝2敗

うへー(2-5)
みき(2-4)
もりなが(3-4)

★3敗
すかーれっとしゅーと(0-6)

くわしい対戦組み合わせ、オポーネントはこちら


優勝はAFK様でした。おめでとうございます。

デッキは・・・本人はユキマイビートと言っていましたが、
ディバパラ神前ラプラスでした。

彼の名誉のために書きますが、
前回の広島東公認ではこのデッキで3位に入っております。

決して秋杯の優勝デッキから・・・というわけではないので。


しかし・・・
神前ラプラスは強い。
決まるのが早いんです。

あとは事故がコワイ・・・くらいか。


そして・・・全敗だったワタクシの簡単な対戦レポでもあげますか(ぁ


デッキは・・・なんば公式からそこまで変わってませんよ・・・
小町が入って、あっきゅんがドローの主軸になっただけかな・・・

後日書くとは思いますが、
前日(10日)の山口周南公認では1勝2敗(4-5)だったのですが、
今大会では0勝3敗・・・


★1回戦 みき様 天狗ハンデス ××ー

ハンデス相手は精神的にキツイです・・・
出だしはよかったのですが、椛出てきて攻撃してきて
無作為ハンデスでムラサ引かれたのが・・・後々響く。

2戦目は椛攻撃と文で手札ズタズタ。
霊峰の魔獣から天魔出てきたけど、攻撃で小町の効果で決死に。
ただ、今度は天魔の尖兵チームが出てきたので
ムラサ防御+雛とる~ことの効果で決死にする・・・まあ、出てきますよね、天魔。
対処できるカード引かず、負け。


★2回戦 ふみ様 萃香入り除去コン ××ー

萃香より、フランと念報が厄介だった・・・
念報貼られたらなんでこんなに動きにくくなるのだろうか・・・

2戦目も頼みの朝倉出ても続かず・・・
フランを除去するカードを引かない、カウンター合戦に負ける・・・ダメ続きでした。



★3回戦 もりなが様 難題 ××ー

1戦目は・・・早々と輝夜、難題が着地・・・そもそも勝てないよ・・・
2戦目サイド投入からが勝負。
・・・ただ、結局は

ワタクシ・・・2ターン目にる~こと登場
もりなが様・・・1ターン目にマナ生、る~こと登場

この差で朝倉を出すのが1歩遅くなり
ウォールブレイクで神前試合を割られて難題再び着地。
それでもムラサ、雛、神前試合のコンボでなんとか輝夜を葬るも
結局、またもウォールブレイクで神前試合を割られて残りライフ1を削られ負け。





・・・・来週の岡山どうしよう・・・

セイバー様のデッキの12衣玖が強かったので、
彼のデッキを参考にして組もうかな・・・


あと・・・小町は強かった・・・
場に出て攻撃や守りにおいても冥界にいる場合でも。

そして「キャラクターカードの効果」・・・
天魔がいても関係なく決死にできるところとか
本当に「キャラクター効果」「キャラクターカードの効果」
分けていいのだろうか・・・

小町については何個か少し気になる点があるので、
近々改めて考察記事書こう・・・そんな気になっています。


大会参加してくれた皆様、ありがとうございました。

上位デッキについて考える<10/14 秋葉原公式 1位>

今回は少しがんばっちゃおうかな・・・

告知に引き続き・・・上位に入ったデッキレシピを勝手に考察しよう・・・

そんな記事を書いてみようかと。

・・・え、おーたむカップの優勝デッキ?
ディバパラ神前ラプラスのデッキレシピはまだ公開されてないのかな・・・?


とはいえ、このデッキ、
そこでベスト8に入った・・・といっても過言ではないはず。

10月14日に開催された秋葉原公式で
優勝されたにしうり様のデッキを考察していこうと思います。

・・・おーたむカップで対戦したそのまま・・・なのかな・・・

小町いたっけ?記憶がない・・・(ぁ


<キャラクターカード22枚>
3 サニーミルク/12弾
3 稗田 阿求/12弾
3 リリカ・プリズムリバー/11弾
3 秋 穣子/11弾
3 鍵山 雛/11弾
3 小野塚 小町/11弾
2 八坂 神奈子/11弾
2 豊聡耳 神子

<スペルカード3枚>
2 騒符「リリカ・ソロライブ」
1 贄符「御射山御狩神事」

<コマンドカード25枚>
3 マナの生成
3 紅葉狩り
2 緑眼のジェラシー
3 運命のダークサイド
3 是非曲直庁の威令
2 十王の激怒
2 瞋怒
3 陰謀論
2 離反工作
2 神の加護

<サイドボード>
3 朝倉 理香子
2 村紗 水蜜/12弾
3 満月の爆発
2 無縁塚



マナチャコン。

穣子とあっきゅんでデッキを回し、
手札を保ちつつ、12弾サニーでノードも拡充。

ある程度ノードを増やし、手札も揃えば
無理をしない程度に徐々に制圧、
小町や神子が場に揃ってしまえば
相手は攻撃しにくくなり、手が止まる・・・
そこから手札、ノード、カウンター系カードが充実してるので
ある意味やりたい放題・・・何されても大丈夫な状態になるだろう・・・

また、冥界に小町を落とすことにより、
相手の大型キャラの攻撃を牽制・・・
決死にできなくても相手はコスト4払うことになるので
後々のカウンター合戦で有利に働くことうけあい。

そして、種族:神のキャラが穣子、雛、神奈子・・・と8枚。
穣子か雛のどちらかは場に存在しそうなので、
小町の即死を使い相討ちのところが決死にならない・・・
・・・これ、相手にとって非常に痛い・・・
対天子や対神子など、相手の大型キャラの防御として有効。

サイドの朝倉は対スペル、ムラサは全体除去・・・
満月の爆発はメインの御狩神事と合わせての絢爛対策かと。



★小野塚 小町/11弾


攻撃6耐久5・・・と、攻撃特化型小町。
その分、ノード6・・・となったけど、今の環境なら問題なく出せるレベル。

耐久幽霊で強いおじいちゃんに一方勝ちできる・・・とか
即死を持っているので、ほぼ相手を決死にしてくる・・・

そんな小町ですが、冥界にいるときの効果が目立っているために
場に出て活躍・・・というイメージがない・・・

戦闘ダメージを受けた場合、
冥界にあるこのカードを除外することにより目標のキャラを決死にすることが可能。

・・・加護はどうなるのかな・・・?
「キャラクターの効果」ではなく、
「キャラクターカードの効果」は対象になるのだろうか・・・?

<質問>(幻視ブログ:2012年9月3日付)
No.932 小野塚 小町 の自動βは、このカードが冥界にある場合にしか使用できませんが、
これは「キャラクター効果」として解決されるのでしょうか? 
それとも、「キャラクターカードの効果」と分類して解決され、
加護の効果を受けないものとして解決できるのでしょうか?

<回答>
キャラクターカードの効果です。キャラクター効果ではありません。


・・・強いな・・・加護関係ないのか・・・

また、冥界2枚の小町の効果を使う場合、
戦闘ダメージを受けたタイミングで効果の使用を宣言して、
1まいずつ解決することとなります。

・・・と、思ったのですが、少し違うのかな・・・
幻視ブログをさかのぼって小町の効果についての解答を見て思った・・・


<質問>(幻視ブログ:2012年7月9日付)
一度に複数の小野塚小町の効果を起動した場合
(便宜上小町A・小町Bとします)
7.1.6効果は1つずつ順番に解決する。
複数の効果が1度にまとめて解決されることはない。
7.1.6.a同じタイミングで解決される効果が複数ある場合、
その解決順序はその効果を発生させたプレイヤーが決定する。
複数のプレイヤーが関係する場合、最初にターンプレイヤーが
自分の発生させた効果を解決する順序を全て選択する。
その後、ターン進行順の次のプレイヤーが解決する順序を選択する。
上記総合ルールにより、戦闘ダメージを受けた際に
冥界の小町A・Bの効果の使用を宣言し、まず小野塚小町Aを除外し
目標の指定、効果の解決。その後、小野塚小町Bを除外するかの選択、
除外した場合目標の指定、解決。という手順で間違いないでしょうか?


<回答>
戦闘ダメージを受けた場合、IR-1.10.12.bの時点で2枚の小町の効果が同時に発生します。
(小町の使用を宣言するということはなく、この効果は自動的に発生します)
また、同時に発生したことによりIR-7.1.6.aに従って解決順序を決定し、
解決を開始しますが、目標の指定はIR-8.2.4.bにより解決の開始時に行う為、
小町を除外するかどう選択する前に目標を指定することになります。



まず・・・使用を宣言ではなく、自動的に発生・・・
一瞬、「ん?」・・・と思いましたが、ダメージを受けた直後に
小町を除外するか決めて決死にしたいキャラを宣言する・・・ということで
「使用を宣言」することとほぼ同義・・・
違うところは目標を指定する時点で効果の解決に入っているところ。

なので、2枚以上落ちている場合は

① 相手キャラの戦闘ダメージを受ける。
② 決死にしたいキャラを目標指定(小町Aの効果使用)
③ 小町A除外
④ 相手プレイヤーがコスト4払うか決定し払うなら払い、払わないなら決死にする。
⑤ 決死にしたいキャラ目標指定(小町Bの効果使用)
⑥ 小町B除外
⑦ ④と同じ


・・・こんな手順になります。
自動効果のため、戦闘干渉時に無縁塚とかプレイしないかぎりは
この効果に干渉するのは不可能。
(小町の効果に干渉して神の加護とかも無理)

あと・・・戦闘ダメージを受けるたびに
「冥界の小町の自動β効果を使うかどうか」を問われるため、
わざわざ相手に「使用します」「使用しません」を言う必要はない。

「今、冥界に2枚落ちていますが使うの?」
「使う」
「どちらの効果?」
「・・・」
「決死の目標は?」
「神子で」
「もう1枚は」
「・・・コスト払うか決めて下さい」

・・・相手がコストを払うかどうか見極めて
もう1枚の効果を使用するか決定できるところも
この効果の素晴らしいところ。

もちろん、相手がコスト4を払えない場合は
無条件で決死が決定します。

また、「相手プレイヤーはコスト(4)支払うことで~」と
テキストにありますが、カタディで効果無効にできません。
〔〕で「相手プレイヤー」が括られていないので、対象をとっていないので。

・・・まぁ、事前に防ぐには戦闘する前に相手の冥界の小町を除外してしまうこと。
ただ、戦闘干渉でノードから落とされたらほぼ成す術ないですけどね・・・



・・・うーん、11弾小町の考察に終始してしまった感が・・・

ただ、ワタクシ自身、11弾小町について若干もやもやしていたので、
こうやって記事を書くことにより理解できたように思います。
(幻視ブログで回答があったことは知っていたけど・・・)

他にも穣子あっきゅんや神の加護、陰謀論のことについても
いろいろ書けそうなデッキ考察ですが、
少し前に書いたような気がしますので今回は見送り・・・



今日は周南公認。

ドローソースとして穣子あっきゅんかお空十凶星か・・・使用を悩んでます。

何回か調整して考えるか・・・

第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認) 告知

・・・東方偽紙舞の参加受付終了は16日。

早く受付メール送らないとな・・・

そして、今回遠征希望は何人なんだろうか・・・

人数が少なければ東京遠征で借りたアクアが第1候補。
・・・ただし、5人しか乗れないけど。

人数多かったらハイエース・・・これでも10人。

バスは・・・財政的にないなー多分。

今週末の周南、広島東公認で一応希望を聞いてみる所存です。



では、広島東公認まで3日となったので告知。




★第58回 広島東交流会@ますかれいど(公認)

日時:2012年11月11日(日)13:00大会開始

場所:カードショップ ますかれいど
   (広島市西区横川町2丁目12-12藤本ビル2F 地図
※ 場所が移転しました。お間違えないよう。


参加費:200円



そして・・・開催においての注意事項。

・スイスドロー4回戦の予定(人数による)
 全勝者が1人になった時点で終了。

☆優勝賞品   PR120 悪魔の星 

☆特別賞    PR074 八坂 神奈子/5弾 

※全勝者が1人になったら大会は終了いたします。
 順位の決定はオポーネント差で決定します。

※特別賞は当日大会参加人数の4分の1の順位の方まで配布します。
 (参加人数が20人の場合、5位までが対象)


・1回戦50分、2戦先取で勝ちとします。
・先攻・後攻の決め方
 1戦目:ジャンケン(コインやダイスも可)
 2戦目:負けた方が選択
 3戦目:2戦目負けた方選択

・時間切れ
 3戦目の場合は現ターンの次のターンからエクストラターンとして4ターン
 それでも決着がつかなかった場合は、以下のようになります。

 <その対戦が3戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方を勝者とします。

 <その対戦が2戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方が
 勝ちとなる勝負を3回してもらいます。

 1戦目に勝利を治めているプレイヤーが3回のうち1回でも勝てば勝ち、
 未勝利のプレイヤーは3回のうち2回勝って初めて五分(1ー1)に、
 3回勝って全体の勝利を治めるもの(2ー1)とします。

 <その対戦が1戦目のとき>
 お互いのデッキをシャッフルして、
 デッキの1番上のカードをめくり、
 ノード数とコスト数の合計が多い方を全体の勝ち(1ー0)とします。

・MTGスイス支援サイトをつかいオポーネント計算の上、
 順位、対戦組み合わせを決めます。

・デッキレシピの提出はナシ。
 デッキ審査もありません。 
 ただし、1位、2位、3位に入った方には書いてもらいます。

・デッキはメイン50枚、サイドは10枚か0枚。

・マリガンなし。

・ドロップも基本は認めない。


☆裁定関係
 ルール、Q&A裁定、エラッタ適用、カードテキストなど、
 すべてにつきまして公式アナウンスに従います。
 
 こちらの都合(主催の人数等)上、
 ジャッジが常にそばにつくわけにいかないので、
 基本的にプレイヤー(当事者)同士の話し合いにより解決していって下さい。

 その上で、

 「どうしても納得できない」 とか、

 「この場合はどうなるの?」 とか、

 「…だと思うんですけど…」 という場合は、

 主催を呼んで下さい。ジャッジいたします。
 想定外の事もあるかもしれませんが、その時はジャッジに従ってください。


★会場での注意
今回はカードショップますかれいど様に場所を借りて開催します。
以上のことは禁止されています。モラルを守っての参加、お願いします。

・カードの金銭トレード
・飲食物の持ち込み
・携帯ゲームの持ち込み
・対戦や店内の撮影
・喫煙

また、あまりの大騒ぎになると回りの迷惑になるので注意。
同時間内に別カードゲームの大会もあるのでほどほどに。



・・・以上のことに気をつけて楽しい大会にしましょう。

10/28 なんば公式 対戦レポ

最近、更新をサボっていてすみません。

毎日仕事で疲れて・・・というのはただの言い訳ですね(汗


それでは、東京帰りに寄った「なにわ公式大会」の対戦レポを
書いていこうと思います。


その前に。


毎年この時期、関西では「東方秋紙舞」という
大型大会が開催されていました。

けれど、今年は大きな「秋葉原公式」が開催されたので、
開催できなかったわけですが・・・

今年は時期をずらして開催することになったようです。

東方偽紙舞

とうほうにせしまい だそうです。

開催は12月8日(土)。ワタクシは参加するつもりです。



さて。


秋葉原で宿をとり、ふみ様と二人で4時間くらい仮眠。
その後、品川海洋大学にて輪ごむ様、ヘイゼル様、音信様を拾って一路大阪へ。

朝10時半くらいに大阪・日本橋に到着しました。

東西のオタ街を車で・・・というすごいことをやってのけたわけですが、
そんなことは関係なく、会場となるイエローサブマリンなんば店へ。

そこではVISIONのカードが単品で売っていました。

少しキズや汚れがあるものは・・・1枚22円。
リニューアル前のカードもユニオンカードもちらほら。

ただいま3枚とも借り物の香霖堂は・・・635円。・・・断念(涙

7弾静葉が売り切れなのは環境のせいなのか。

れが様からアドバイスを受けて入れたかったのですが・・・

11弾神奈子・・・売り切れ
神子・・・売り切れ
11弾穣子・・・売り切れ
11弾雛・・・家にたくさんあるのに買うのか?


・・・ということで、朝倉理香子と瞋怒を2枚ずつ購入。

本当はPRぬえやキメラなど
なぜか枚数が少なくなっているカードを補充したかったんですがね・・・

偽紙舞のときにリスト作って買いにいきましょうかね・・・



そして・・・大会参加人数は・・・定員の16人。

デッキは・・・

<キャラクターカード20枚>
3 る~こと
3 リリカ・プリズムリバー/11弾
2 秋 穣子/11弾
2 鍵山 雛/11弾
3 村紗 水蜜/12弾
2 霊烏路 空/9弾
3 永江 衣玖/9弾
2 比名那居 天子/12弾

<スペルカード10枚>
2 騒符「リリカ・ソロライブ」 
3 焔星「十凶星」
2 紅魔「スカーレットデビル」
3 電符「雷鼓弾」

<コマンドカード20枚>
3 香霖堂
2 紅葉狩り
2 作戦阻止
3 是非曲直庁の威令
2 瞋怒
2 緑眼のジェラシー
2 神の加護
2 陰謀論
2 無縁塚

<サイドボード>
2 朝倉 理香子  
1 秘術「天文密葬法」
2 熱符「ブレイクプロミネンス」
3 神前試合
2 破壊工作



12弾阿求は持ってきていなかったので、
代わりのドローソースとしてお空十凶星を採用。

相手の攻撃に干渉でムラサで防御→3ダメージ・・・と考えはするものの
11神奈子がいないため、耐久4が並ぶと相当苦労しました。

れが様が言う話ではフィニッシャーは神子・・・だったのですが、
フィニッシャーになるキャラなら何でも可・・・とのことなので天子。

サイドの朝倉さんは少しでも相手がスペルに頼り気味なら投入。
静葉フォーリン、優曇華からのテレメスはその対象。
プロミネンスは神子対応のため。


★1回戦 クシー様 9弾衣玖+布都呪符コン ×○×

大会参加初めての方でした。
仲間ウチではやってるけど・・・という貴重な人材。
これからもちょくちょく参加願いたいものです。

初参加・・・とはいうものの、芳香や衣玖が出てきて
こちらはキャラが出ては除去されていく・・・という状態。
1戦目は前半にライフを削られすぎて立て直せなかった・・・
2戦目以降はほぼこちらのペース。天子が強かった。
3戦目開始の時点で残り時間15分。案の定、時間切れに。

この大会ではタイムアップの干渉終了後、即めくりで決着つけます。
ワタクシ作戦阻止、相手壊滅の咆哮・・・負け。

盤面では天子と衣玖で殴っていくだけでしたので、
エクストラターンあったら勝ってました。残念。


★2回戦 ひだり様 テレメス+エア巻物幻想郷 ×○○

観月宴などいろんなところで会っているものの
フリー対戦も含めて初の対戦となりました。

1戦目は静葉フォーリンを2度決められノードが後手に。
テレメスで穣子を取られてますますノード差を広げられて
芳香などでビートされて負け。
2戦目はエア巻物からの千年幻想郷で一度リセット。
それでも朝倉さんが手札に来てくれて相当有利に働いた。
3戦目は完全に事故ったらしい・・・

それにしてもエア巻物からの千年幻想郷は有利な場面ほど怖い。
今大会は4回戦でしたが、千年幻想郷で何度かリセットしたようで、
11戦した感覚だ・・・とおっしゃっていました(笑


★3回戦 ソラやろう様 ぐるコン ××ー

今回の大阪大会参加。
実は大きな目的に「ソラさんに会う」ということがありまして。
mixiでの関西勢の日記やつぶやきにて存在感の増す彼。
そんな彼と大会で対戦・・・目的達成です。

そして・・・いざ対戦・・・どんなデッキなのか・・・

キャラが出てこない・・・イントゥが飛んできて穣子が・・・ってぐるコンかー
関西にぐるコン・・・って違和感・・・と思ったら、
そういえばfai様のデッキを参考にしてもらったことあったなぁ・・・

塚は止められて逆に塚を撃たれて十字が消える・・・
カウンター合戦が完全に不利に。
衣玖のパンチと遊泳弾で1戦目は成す術なく負け。

2戦目は・・・サイド投入の朝倉さんで1度止まるも
ジェラで消されて再度相手のペースに。
今回も塚をプレイされて十字が・・・こちらの塚は陰謀論。
再び朝倉を出せたので体勢を整える。
その間、天子が出たり衣玖が出たり・・・
盤面は有利・・・ですが、飛んできますよね、法界の火。殴れない。

そしてとうとう相手の場に衣玖登場、
衣玖が居れば朝倉さんによるプラス3コストもなんのその、
雷鼓弾がプレイされて朝倉の壁、崩壊。
その後、遊泳弾で場が更地に・・・

・・・その時点でタイムアップ。
この大会のルールだと、タイムアップになると
今までの勝敗関係なくめくりで勝った方が勝ちなんだそうな。

ソラ様の完全に押されてたし・・・というか、
エクストラターンあったら負けてるので、快くサレンダー。



★4回戦 ふみ様 萃香パンプアップ1ショット ○○ー

そして閉めは・・・いつもの、である。
大阪まで来てこれですか、さっきまで調整してましたよね・・・

・・・萃香やミッシングパワーに気をつければなんとかなる・・・
そう思いつつ進めていき、カウンターがザックザク・・・
正念場のカウンター合戦で勝って1戦目勝利。

2戦目は・・・朝倉さんが2枚も登場しまして・・・
ふみ様はカメのようになにも出来なくなりました・・・とさ。


なんだか、今までふみ様と対戦してきて一番楽に勝てた。
萃香スペルがたんまり入っているそのデッキにとっては
完全メタ、しかも塚まで入っている・・・



・・・ということで、2勝2敗で10位くらい・・・
賞品としてスリーブを貰いました。



あと・・・店のひとがきちんとした運営をしていて、
こんな感じが店主催の本来あるべき姿なのかな・・・と感心してしまいました。

カメクラでも運営進行はちゃんとしている方ですが、
デッキレシピも提出・・・まではしていないので。





・・・・して、4日に松山の美柑たると。8に参加してきました。

そこのカードゲームブースにて松山勢と対戦。

・・・このデッキではなく、12弾阿求、11弾神奈子、神子を投入し、
陰謀論を3、雷鼓弾を運命のダークサイドに変えてまわしてみましたが・・・

うーん、穣子2積みだと阿求の効果がなかなか使えない・・・
神子が思った以上に場に出ないんですよね・・・

大阪で使ったデッキをベースに考えた方がいいのかなぁ・・・


今週末の周南公認に向けてもう少し考えないと・・・悩む・・・

AUTUM CUP2012 対戦レポ

・・・もう1週間ほど経ちますが、遅ればせながら対戦レポを。

まぁ、基本どのブログや日記にも対戦レポが出揃っているとは思いますが、
下位に沈んだワタクシが書いたところで
勉強にもならないだろうけど、ご覧あれ!

・・・これを書いてしまわないと
本当の意味の「黒歴史」「なかったこと」になりかねないからな・・・

対戦自体は楽しく、レベルの高いものでしたので。

<デッキレシピ>

<キャラクターカード19枚>
3 る~こと
2 秋 穣子/11弾
3 秋 静葉/7弾
2 鍵山 雛/11弾
3 村紗 水密/12弾
3 古明地 こいし/12弾
3 比名那居 天子/12弾


<スペルカード8枚>
3 要石「天地開闢プレス」
3 秋符「フォーリンブラスト」
2 想起「テリブルスーヴニール」

<コマンドカード23枚>
3 強引な取引
3 香霖堂
2 作戦阻止
3 是非曲直庁の威令
3 リザレクション
3 葉団扇
2 陰謀論
2 緑眼のジェラシー
2 神の加護


<サイドボード>
1 秘術「天文密葬法」 
2 破壊工作
3 神前試合
2 ゲルゼニウム・エレガンス
2 無縁塚



散々悩んだあげく、てんこいしにしました。
こいしに相手の除去の干渉で葉団扇、これで効かなくなるよね・・・て感じ。

天子プレスはわかりやすいので、採用。
・・・とはいえ、誰もが目にした事のある、
もしくは考えたことのあるデッキのかたちではあるので・・・
今思えば無謀だったか。


現地でふみ様とフリー対戦で動きを見る。
・・・思った以上にリザレクでこいしや天子が出せる・・・
これは行けるかも・・・そう思って本戦へ。



ちなみに今回も最初にブロック分けがあって
そのブロックで4回戦を戦い、
成績優秀者上位2人が決勝トーナメントに進む形です。

1ブロック約25人いますので、
4回戦の上位2人・・・すなわち全勝者、ということになります。


ワタクシはDブロック、一緒に行ったふみ様、音信様、輪ごむ様はCブロック、
ヘイゼル様はAブロック・・・だったかな・・・

とにかく、ワタクシにとっては思いっきり関東環境を楽しめるブロックだったかも。




★1回戦 メダカ様 布都呪符コン ○○ー


・・・とはいえ、布都あまり見なかったけどね・・・
キャラが・・・というよりテリブル、プレスが活躍した対戦でした。
る~ことに薬を貼られたところで・・・問題なかった。
2戦目は塚投入しましたが、普通に五芒星がかなり厄介でした。



★2回戦 にしうり様 マナチャコン ××ー

対戦が決まった瞬間、「えー、にしうりさん?」・・・と叫んでしまいましたが、
あのときはきゅうり様と勘違いしていた・・・(汗
ただ、最近確か上位にいた気がするので、あながち間違ってはいなかったのですが・・・

今振り返れば「ザ・関東環境」と当たった感じ。
る~ことと穣子でノード基盤を作り、阿求で手札も充実させる。
充実・・・というより、カウンターカードを貯め込む・・・といった方がいいのか。

そしてこの対戦で光ったのは相手の9弾衣玖。
こいしで攻撃、衣玖で防御、干渉で神の加護、同じく神の加護・・・
次のターンまた再びこいしでアタック、衣玖で防御、干渉神の加護ェ・・・
このパターンでこいしが何回も犬死。

リザレクションやプレスに関しては1点除外のメイン塚が飛んでくる・・・

後半は衣玖の攻撃、干渉ムラサプレイ、陰謀論ェ・・・
再び衣玖の攻撃、干渉ムラサプレイ、以下略(笑

後半のカウンターの多さにもう・・・


ここでワタクシの決勝トーナメントへの道、終了。
輪ごむ様やふみ様はすでに負けていたので、中国勢全滅・・・

そしてここで対戦したにしうり様はベスト8に入りました。



★3回戦 フォルセ様 りんくうバーン ×○×

1戦目と3戦目は相手の見事なエンパシー速攻が決まり
完全に何もできませんでした。
・・・除去を抜いたことをかなり後悔した1戦。
ジェラすら引かない・・・てね。とはいえ、2積みだからそうなるか・・・

それに加えてお燐の効果で冥界から12弾こいしが出てくるという・・・
7点パンチ+4ダメージ・・・すでに致死量である。

エンパでりんくうを出す・・・実によく考えられていて
エンパシーで手札破棄を出したいキャラにすることで、特にディスアドにならないという・・・

ただ、塚や除去には大変弱いようで、
2戦目においてはジェラや塚が間に合ったのでなんとか対応。
・・・うーん、除去はないと苦しい・・・



★4回戦 2号様 えいこま ××ー

1戦目、ムラサが通れば勝ち筋はある・・・そんなプレイを
見事にえいこまチームで防がれる・・・手札1枚の。

そこに至るまでにはいろいろあったわけですが、
こちらのる~ことを裏切りの少女で奪ってくれたところから
本来除去できそうもない神子の除去に成功するわけですが・・・
る~ことをかたくなに守られた(笑

・・・実は大会途中で気づいたこと・・・神子出たら蹂躙されるだけじゃん・・・
倒せない、除去できるのはジェラだけ・・・加護あるよね~(涙

神子とムラサを相打ちにして場をまっさら・・・
そんな目論見をあっさりえいこまチームでカウンター。


2戦目は・・・冥界の小町を使わせたものの
最後の1枚が素材になってえいこまチームが出陣。
・・・その際の陰謀論の抵抗コストを払い間違えて笑顔でサレンダー。

そこまで展開されてしまったら勝ち目はナイデスヨ・・・





・・・ということで、1勝3敗でした。


今回は広島→徳山→岡山→大阪→川崎・・・と約1000kmを走り参戦したのですが、
前に同じように車で参加した「東方冬晶寓」のときに比べれば
精神的にも肉体的にも余裕があったようです。


プレイミスらしいプレミはほぼ皆無・・・

強いていえば、敗因はデッキ構築でしょうか・・・


そして、大会終了後、れが様から関東環境についての説明・・・


まず・・・
こいしが息していない・・・

12弾環境が始まった当初はいろいろ使われていた12弾こいしですが、
上位の方々の間では対策されているみたいで・・・
11弾神奈子と12弾ムラサ、11弾リリカを使うことにより簡単に除去できる・・・と。

また、この体勢になると最近よく使われだした耐久4のキャラたちも
根こそぎ排除することも可能だという。


そして・・・
強引な取引も今は危なくて使えない

多分、静葉フォーリンの対策にあおりを受けた形だとは思うのですが、
メイン運命のダークサイド3積みがよく見られるようです。
7弾静葉のプレイに干渉ダークサイド・・・
相手は手札が潤うどころか相当な痛手をこうむることとなります。

今回、運よく静葉プレイの干渉でダークサイドという場面はありませんでしたが、
そういえば静葉ブラストは見なかったなーというのが率直な感想。


・・・で、取引の代わりにドローしていくエンジンとなるのが12弾阿求。
穣子と一緒に揃えばコストもそんなにかからずドローできます。
それに加えてる~ことまでそろえば・・・

ちなみにる~こと決死にされてあっきゅんみのりこ飛ばされたら痛いのでは・・・
そう思って聞いてみたられが様は笑って答えてくれました。

「る~こととあっきゅんは場に出るだけで十分仕事しているから問題ナシ」


・・・あと、る~ことやあっきゅんに除去カードを1枚でも費やしてくれたら
後々の主要キャラを除去するカードがその分減るので、戦いやすくなる、とも。


・・・で、12弾朱鷺子は・・・?

能力は優秀だけど、3ダメージでアクティブノード1のくるみに軍配が上がるようだ。
同じノード帯、同じ奇襲・・・となると
攻撃することにおいては同じグレイズ1あげるならくるみの方がいい・・・とのこと。
朱鷺子出されたらあっきゅん効果使わなければいいし、
耐久1ならリリカや神奈子で消えてしまうから大きな問題ではないらしい。



そして、メインから入る無縁塚

れが様いわく

「自分が陰謀論をプレイするときは0コスト、相手がプレイするときは5コストかかるのが理想」

・・・これだけでもカウンター合戦において有利になる・・・とのこと。

ノードコスト軽減能力が付与されているため基本的にデッキに採用されている陰謀論。
抵抗3までも付いているからこれを相手がプレイしにくくなるだけでも
かなりのアドバンテージである。



そして・・・サイドボード3積み「朝倉 理香子」

今回、4回戦で対戦した2号様。
2戦目には朝倉さんを投入してきました。

場に出されたら手札のプレスとテリブルの腐りようは半端なかった・・・
・・・と、言う点からもサイドあちゃくらさん。

2号様は東海勢なので関東環境・・・というのかはわかりませんが、
れが様いわくフォーリンやテレメスなどスペルに頼っているようなデッキ相手には
迷わずサイドから投入してもいいレベル・・・だとか。




・・・うーん、考えさせられた・・・

そして持ってきていたカードたちを入れ替えて
れが様の理論通りの構築をして挑んだのが次の日に大阪で開催されたなんば公式」。



対戦レポは次記事で書くと思いますが、

結果は2勝2敗。

しかも2敗はいずれも時間切れ。
1回戦は押していたので実質勝ち。
3回戦は1戦取られての2戦目での時間切れだから負け。



サイドからの朝倉で相手がかなり止まっていたので
関東以外でも十分に通用すると思われる。


今月は周南、広島東、岡山・・・とあるので
この指南どおりのデッキ構築で挑んでいきたいと思っています。
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。