HOME   »  幻視通信
Category | 幻視通信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻視通信4号 内容考察 後半

ほむら様とフリー対戦して11弾神奈子を離反されたら
確実に負ける・・・ってどういうこと・・・?
(・・・というか、神奈子奪われなかったときは負けてない)

どんなにライフを詰めていても
神奈子奪われたら一気に流れが変わる・・・

神奈子さん強いわ・・・離反、恐るべし!
(・・・最近、大会では離反見ないが、採用率落ちてる?)



・・・そんな前置きはいいとして(汗

前回記事に引き続き、
ふみ様発行の「幻視通信4号」で取り上げられた項目について
少し掘り下げた考察を書いていこうと思います。

幻視通信 4号


カードの誘い”幻視への誘い”

このコーナーではカードについてピックアップしております。

今回取り上げているのは
バーカバーカ、バーカバーカ、バーカバーカ
・・・でお馴染み、⑨のチルノです。

なぜチルノは⑨(まるきゅう)と言われるのか?

説明を入れると長くなるのですが、
原作:東方紅魔郷の画面説明の項目にて
敵キャラとして画面にチルノが登場しています。

そのチルノに「⑨」の表示が。

この表示は説明のための表示で、
例えば「①ライフゲージ」とか「②残り機数」とか
そう書かれている項目です。

・・・そしてチルノを指す⑨の項目には「バカ」・・・

ここから「チルノ=⑨=バカ」の法則が始まったようです。

・・・長くなかった・・・か(汗


そんな「人気者」の愛すべき「バカ」なチルノなのですが、
VISIONでは1弾、7弾、11弾・・・と登場しています。

それぞれテキストを紹介すると・・・


★No.010 チルノ(1弾) 
GRAZE(2)/NODE(2)/COST(1) 種族:妖精

(常時)(1):
〔あなたの手札にある「種族:妖精」をもつキャラクターカード1枚〕を破棄しても良い。
破棄した場合、ターン終了時まで〔このキャラクター〕は
「戦闘修正:+X/+Y」を得る。
XとYは、この効果で破棄したキャラクターカードの攻撃力Xおよび耐久力Yにそれぞれ等しい。

攻撃力(3)/耐久力(2)



手札の妖精を破棄してターン終了時まで戦闘修正を得る。
コスト1、破棄する妖精さえあれば、いくらでも戦闘修正可能です。
(ただし、戦闘での干渉は1回のみ)

一番戦闘修正を得られるのは攻撃力4/耐久力4の
光の三妖精チーム(スペコレ2)とチルノ/7弾。

・・・ただ、今では9弾リリーブラックといういいカードがあったりするので、
このカードはあまりお目にかからない。(1弾は絶版してますし)


★No.497 チルノ(7弾)
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(2) 種族:妖精

(自動α):
〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのスリープ状態のノード3枚につき、
「戦闘修正:+1/+1」を得る。

(自動α):
〔あなたの場の「種族:妖精」を持つキャラクター全て〕は
必要ノードがX枚以下の相手プレイヤーのスペルカード、コマンドカードの目標にならない。
Xはあなたの場の「種族:妖精」を持つキャラクターの枚数に等しい。

攻撃力(4)/耐久力(4)



ノードが重くなった分、少しは使える・・・と思ったが、
使えても妖精デッキだけかなぁ・・・(笑

相手のノード次第で戦闘修正が付くが・・・
相手のスリープノード10枚あっても+3・・・あまりあてになりそうもない。

それよりももう1つの自動α・・・
あなたの場の妖精は
場にいる妖精の数のノードのスペル、コマンドの目標にならない。

チルノがいるだけでジェラシーが効かないわけですが・・・
・・・って、10弾幽々子と同じ能力もっているんですね・・・
(ゆゆ様は場の幽霊の数のノードのスペル、コマンドの目標にならない効果)

10弾発売のときにはそれなりに注目されたゆゆ様の効果。
なぜこのチルノは登場当初注目されなかったのか・・・(今も注目されてはないが)
9弾に登場した「緑眼のジェラシー」がいなかったためなのでしょう。

このカードも意外と見ない・・・
妖精にしても幽霊にしても数出てくるようなら
「1体除去」よりも「全体除去」で対処しますからね・・・
「対象にならない」だと強いのですが・・・強すぎるか(笑


★No.914 チルノ(11弾)
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(1) 種族:妖精

(自動β):
〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、
目標の〔相手プレイヤーの場のキャラクター1枚〕を裏向きにする。
以後、そのカードは以下の効果を持つキャラクター
「氷塊(GRAZE0、0/1、種族:なし)」として扱う。

「(自動γ):
  あなたのターン終了時、〔このキャラクター〕を表向きにする。」

攻撃力(4)/耐久力(2)



さて・・・今回の本題。
幻視通信で取り上げられているのはこのカードです。

今回の能力は
プレイして場に出た場合、目標の相手キャラを氷塊にする。
・・・相手キャラなので、少女密室で目標を変えられても
自分のキャラに被害が及ぶことはない。

氷塊・・・攻撃0/耐久1の裏向きキャラ。
どんなキャラでも瞬時に最弱に変化します。

そして、「あなたのターン終了時表向き」に戻る・・・とありますが、
この効果を付与するのは裏向きの氷塊自身なので、
チルノをプレイしたターン(自分ターン)の次のターン(相手ターン)まで。
(氷塊を保持しているプレイヤーのターン終了時)

実質、相手は氷塊にされたままターンを進行しなくてはならない。
強力なアタッカーの一時的な足止めに使えます。

・・・ただ、プレイした後は何の効果を持たない
普通の攻撃4耐久2のキャラクター。

戦術は何も持たないので、相手にキャラがいると攻撃もできない貧弱なもの。
DNAの瑕(9弾)を付ければ常に相手キャラを氷塊にできて愉快かもしれない。

・・・と、プレイの場面が問われるカード。
キャラクター・・・というよりスペルカードやコマンドカード的な性質を持ちます。

それをよりコマンドカード的に使うには・・・
ルナチャイルド(9弾)が場に出ていれば、奇襲の戦術を持つようになります。

奇襲を持てば、自分ターンのメインフェイズのみならず
相手ターンの戦闘干渉時にまでプレイできるようになります。


そうなると、いつの場面でも相手キャラを氷塊に変えることが可能に。


<相手キャラの攻撃に干渉してプレイ>

この場合、攻撃していたキャラと違うキャラ(氷塊)となるため、
攻撃自体が無効、ただスリープしただけ・・・となります。


<こちらの攻撃に防御された干渉でプレイ>

この場合も防御していたキャラと違うキャラ(氷塊)になるので、
防御自体が無効、スリープしただけとなり、攻撃が通ります。

<強力なカードがセットされている場合>

強力なカード・・・戦闘修正付きの装備や呪符・・・が付いていたり、
離反工作で奪われている自分のキャラ・・・など、
チルノプレイで氷塊になった場合、
全く別のキャラになるためセットカードは破棄されます。

離反の場合は「本来のプレイヤーの場に戻る」・・・とあるので、
氷塊のままこちらに戻ってきます。

・・・ワタクシ自身、セットカードは
そのまま付いているのかな・・・と、前までは思っていたのですが、
9弾サニーに11弾リリカが付いて決死になった場合、
決死無効にしたら裏向きになりリリカが外れる・・・ということを聞いたので、
この場合も当てはまる・・・と考えました。


※3/18追記
総合ルール5.7.2.c
改めてそのカードが場に出るものとして扱う。
カードがセットされていた場合、そのカードはセットされ続ける。

・・・により、裏向きになってもセットされているカードはセットし続けます。
・・・と、いうことで、全文間違いです。




そして・・・他のカードと組み合わせた戦法・・・

幻視通信でも取り上げられているカードですが・・・

★No.944 氷符「アイシクルマシンガン」

チルノのスペル。装備を持つカード。

スリープコスト1支払い、キャラクター2枚指定して1ダメージを与える。
(どちらか1体に1ダメージ)

この効果を使い、氷塊を壊してしまおう・・・
めちゃくちゃチルノらしいっちゃらしい・・・あたい、最強!

実はスリープコストが払えれば何回でも使えるので
どんなキャラでも決死にできる。コストはかかるが(汗


★No.937 八坂 神奈子(11弾)

相手の場の全てのキャラに戦闘修正:-1/-1を付与させる効果を持つ。

そのため、神奈子が自分の場にいるときにチルノをプレイして
相手キャラを氷塊にしてしまえば、一気に決死になり除去することが可能。


★PRNo.046 封獣 ぬえ

奇襲持ち、プレイして場に出た場合、
相手の裏向きカードを奪ってきて攻撃4耐久4の幻夢に変更する効果をもつ。

チルノの効果で氷塊になった裏向きキャラを
相手ターンのディスカードフェイズでぬえをプレイすることにより、
奪ってしまう・・・

氷塊から幻夢に変わるため、
当然氷塊のテキストも変更される。

そのため、表向きになることはないが、
効率的に相手キャラを減らすことができる。


幻視通信で紹介されているイベントホライズンは・・・
裏向き1枚のために使うことはお勧めできない。

ただ、相手の場に鰐や蛇など大量に裏向きがいる場合はオススメ。
(この場合、地霊殿の方が・・・と思うが)




最近、11弾チルノで氷塊化してPRぬえで奪う・・・
このコンボをよく見る気がする。

奪われた裏向きは攻撃4・・・と間違いなくアタッカーとなるので、
少々もったいない気がしても
PRぬえのプレイの干渉でジェラシーをプレイし、
除去した方がいいでしょう。


妖精の殻を破って単独行動できるようになった11弾チルノ。
これからもいろいろな場面で活躍するもの・・・と思います。
スポンサーサイト

幻視通信 4号 内容考察 前半

・・・昨日(15日)、急遽仕事が休みになったので、
幻視通信4号をメロンブックス広島店、イエローサブマリン広島店に
配布をお願いしてきました。

幻視通信 4号

今回はこの「幻視通信」をネタに
詳しく書いていこうと思います。


最初の項目”ライフを削るだけが勝ちじゃない?”

今回は相手のライフを削る普通の勝ち方以外の勝ち方を
簡単に紹介しています。

★山焼き(デッキデス)デッキ

簡単に説明すると、
「相手プレイヤーがデッキからカードをドローしなければいけない時に、
 ドローする事が出来ない状態にする」
・・・この勝利条件を成り立たせるために相手のデッキ枚数を0にしようとするデッキ。

このデッキタイプの場合、相手のデッキから冥界に落とす効果のカードが
たくさん採用されていて、ライフを削るためのフィニッシャーは
最低限しか入っていない場合が多いです。

・・・最近までも山焼きデッキはたまに見かけていましたが、
10弾、11弾・・・と、山焼きに特化したカードが増えて、
山焼き狙いでも勝ちを拾いやすくなりました。

・・・ただ、リアニメイト等、冥界利用のデッキも多くなったため、
相手に有利に働く場合もあるので、
昔に比べて「勝ちを拾いやすくなった」との表現(ぁ


では、代表的な山焼きカードを紹介。


☆No.130 竹林の火事(2弾)

VISIONで山焼きといえば、外せないカード。
デッキの上4枚を冥界に送り、妹紅が場にいればさらに4枚・・・
合計8枚を削ることができる。

ノード2コスト1・・・と比較的軽く、効果的なため採用される。
・・・このカードを見れば間違いなくデッキデスデッキである。

最近は、変装により妹紅にしても十分代わりが勤まるし、
10弾妹紅の効果がデッキデス向きなので、問題なく採用筆頭カード。



☆No.203 河童「お化けキューカンバー」

にとりのスペルカード。幻想生物。
このキャラがプレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、
ダメージを無効にしてそのダメージ分ドローさせる。

攻撃力が5あるので、普通に素通しすれば相手は5ドロー。
デッキデス的な表現をすると5枚削ることができる。

相手のデッキが攻撃力以下の場合は勝利が確定する。

・・・ただ、相手にドローさせるってことは、
相手の手札が増える・・・ということでもあるので、
相手にはチャンス・・・となる場合も多い。


☆No.290 光の春(4弾)

お互い相手のデッキから破棄するカード枚数を指定、
破棄された枚数の2倍分ライフ(最大10)を得る。

相手ライフを0にする勝利条件を完全排除し、
相手のデッキを削ることに特化したデッキによく採用されています。

・・・ただ、最近は11弾雛がいるので、
ライフの回復度外視でお互い最大枚数(5枚)破棄して
結果デッキ枚数の差が生まれない可能性があります。

それでも相手のデッキを0に近づけるためには入れてもいいカード。


☆No.808 藤原 妹紅(10弾)

ダメージを受けると受けた数分、相手のデッキを破棄する。

このカードが出るまではデッキデスデッキは
主にドローさせて・・・という形が多かった。

そのため、安定した勝ちを拾うことが難しかったのですが、
このカードが登場してそれなりの構築ができるようになりました。

まず、この妹紅はなかなか死なない。
ターン中1回までは決死を無効にできる能力が付いている。
そのため、ある程度は優秀な壁として存在可能。

竹林の火事に連動し、
デッキデスが難しい局面でも相手に攻撃してライフを削ることも可能。

また、槌の子を一緒に場に出すことによって、
マナチャージ→妹紅3ダメージ→相手デッキ3枚破棄
そのコンボが生まれます。



☆No.867 エコー(10弾)

相手のデッキから6枚破棄して自分のデッキも3枚破棄する。

・・・6枚削ることができる。

基本的に初手札7枚、ターンがめぐると1ドローは確実にするので、
相手のデッキは35枚~40枚削り切ると無くなると考えていい。

竹林とこのカードを連続でプレイできれば、
一気にデッキを削っていける・・・


☆No.911 幽谷 響子(11弾)

ダメージを受けた分、相手のデッキを削る。
・・・ただ、耐久3なので、10弾妹紅みたいな使い方は無理。

相手の大型キャラの攻撃の盾として立たせていたり、
アステロイドベルト等、大ダメージ(15枚破棄)を与える使い方になるだろう。

ちなみに貫通キャラを防御した場合のダメージは
直接は3しか受けていないので3枚破棄。


☆No.943 大声「チャージドクライ」(11弾)

響子のスペル。デッキデス版ウェルディ。

毎ターンカードがセットされて
セットした枚数×2倍の枚数、目標のプレイヤーのデッキを削れる。

竹林が8枚、エコーが6枚・・・と考えると、
5枚セットされれば10枚・・・十分である。


・・・以上、代表的な山焼き効果を持つカードでした。

最近は十凶星を採用しているデッキも増えているので、
山焼きデッキにとっては勝ちが近づく・・・?



★その他の勝ち方

☆No.299 すべてがFになる時(4弾)

15ダメージを代償に15ターン経過したら勝ちが転がり込む。
・・・相手ターンを8回経過したら勝ち。

ただ、ライフを15減らされて15ターン持たせるのが至難の業。
回復するか相手に攻撃させないか・・・それをサポートするカードが必須。

源泉やカフェテラスで回復し続けるか、ゴットンで攻撃させないか・・・
嫦娥を出して・・・と考えても11弾リリカが多いから・・・

少し勝ち筋としては難しい・・・かも。


☆No.564 大将棋(7弾)

維持コスト3の装備/場を持つカード。

このカードが場にあるとき、
全てのプレイヤーは手札が10枚以上になった場合に敗北する。
・・・ということは、勝利条件は相手の手札を10枚以上にすること。

ただ、このカードをプレイしたとき、
手札が4枚以上ある場合は3枚になるまで破棄することができる。
・・・この勝ち筋が相手にバレている場合、確実に3枚になるまで破棄されます。

捜符「レアメタルディテクター」(7弾)をキャラに装備して
水符「河童のポロロッカ」(6弾)をプレイすれば・・・



☆No.611 「反魂蝶」

冥界に西行妖を5枚、場に西行妖がいれば勝利。

・・・普通に考えると
テッキには同名カードを3枚しか入れることが出来ない・・・

・・・ただ、VISIONには
「名称:X」を指定する効果では、対象の名称の一部にXを含んでいれば良い。

・・・このルールがあるので、「西行妖」と参照できるのは・・・

・西行妖/1弾
・西行妖開花
・西行妖/10弾
・・・と、いうことで、6枚までデッキに入れることができる。
(西行妖/1弾、10弾は同名カードのため、3枚まで)

これらのカードを何とかして5枚冥界に落として場に1枚西行妖を・・・
そうすれば勝つことができる。

・・・と、難しく思えるが、場の西行妖は変装でなんとかできる。
冥界に6枚落とさないように注意しないといけないが。
(6枚落ちている場合は何も起きない)




・・・以上、相手のライフを0にして勝つ以外の勝ち手段の紹介でした。

どの方法も一癖も二癖もあって、
相手を黙らせる「地雷デッキ」になることは間違いない。

ただ、2戦目以降、勝ち筋を知られた後苦労するかもしれないが。



次回記事は後半部分・・・11弾チルノについての考察。

幻視通信1号 発行

今週末(17日)は山口・周南市にて忘年会があります。

・・・毎年行っていた「カラオケ忘年会」を形式と場所を変えて開催する予定です。

形式を変えて・・・って、
皆年齢が上がったし・・・ということで、アルコールOKの飲み会となりました。

カラオケはその後・・・各自自由参加で。

そして、その次の日(18日)には
「第42回 広島東交流会」を開催します。

フリープレイ他、初心者講習もしますので、お暇な方、ぜひお越し下さい。



前置きはこれくらいにして・・・
今回は先日発行された「幻視通信」について。

山口のVISIONプレイヤー・ふみ様が秋頃から準備を進めてきた、
VISIONの紹介とプレイヤー募集のフリーペーパーです。

東方紅楼夢があった時期から
M.I.W様にカード画像の使用許可を得て(快く了承)、
他方ではふーぷ様に絵を頼んで、とうとう出来上がった新聞。

・・・本当は軽く「幻視通信」の写真を・・・と、思ったのですが、
ワタクシの画像技術が非常に心もとないので、
こちらで確認してください。

幻視通信 1号


最初の項目”VISIONをはじめてみませんか?”

VISIONについての簡単な説明が書いてあります。

最近、VISIONって戦術が多岐にわたっていますので、
「簡単に」説明文をまとめるのはなかなか難しい。 

あと・・・ここに書いてある通り、
VISIONのフリー対戦している方を見かけたら、声をかけてください。
・・・声をかけるのが難しいなら、ただ観戦されていてもいいかも。

近くでじっと見られると、こちらも
「・・・このひとは仲間(VISION対戦経験者)かも・・・」
そう思い、お声をかけるかもしれません。

また、冬コミ2日目(今月30日)にVISIONは新弾(11弾)を発売します。

・・・広島でも新たなプレイヤー増えないかなぁ・・・



カードの誘い”幻視への誘い”

このコーナーではカードについてピックアップしております。

晴れある第1回では「むきゅー!」のかわいさ
喘息持ちの魔法使い「パチュリー・ノーレッジ」です。


☆パチュリー・ノーレッジ
No.695 Character <第九弾>
GRAZE(3)/Nord(6)/Cost(4) 種族:魔法使い

マナチャージ(2)

(自動α):
〔このキャラクター〕は戦闘ダメージを受けない。

(自動β):
〔このキャラクターカード〕をプレイする時、
このキャラクターカードのコストを-Xしてプレイすることができる。
Xはあなたのアクティブ状態のノードの枚数に等しい。

(自動β):
〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたのデッキ〕を全て見て、
術者が「パチュリー・ノーレッジ」であるスペルカード1枚を抜き出し、
相手プレイヤーに見せてから手札に加えても良い。
その後、デッキをシャッフルする。

攻撃力(6)/耐久力(3)




通信にもあるとおり、「戦闘ダメージを受けない」効果を持っています。

・・・それなら「我、最強也」・・・となるわけですが、
実のところこのキャラで率先して攻撃していく場面はあまりありません。
(ただ・・・彼女が攻撃をし始めると最終局面、勝負を決めに入っています)

・・・と、いうのは、攻撃6に対してグレイズ3。
相手にグレイズを与え過ぎると、その分使えるカードが増える。
使えるカードが増えると反撃、反抗がしやすくなりますので・・・

どちらかというと、
彼女は「戦闘で負けない大きすぎる壁」であることが多い。

・・・どちらにしても相手には厄介な存在となるので、
「戦闘以外の除去手段」を多様して排除しようとします。

・・・が、実のところ彼女の仕事は
プレイされて場に出た時点でほとんどの仕事を終えています。

通信にも書いているとおり、
プレイされて場に出た場合、デッキから
「術者がパチュリーのスペル1枚」をサーチして手札に加えることができます。

そして・・・術者が場にいるので、ノードコスト気にせずにプレイ可能。

また、デッキからサーチしているため、
「デッキを見た場合、デッキにいればそのまま場に出せる効果」を持つ、
9弾小悪魔を登場させることができます。


さて、パチュリーのスペルですが・・・


★木符「シルフィホルン」(1弾)

幻想生物。通称「シルフィ」
攻撃4耐久4ですが、戦闘修正ー2/-2を対価に
何度でもアクティブになって攻撃できる・・・そんな効果を持っている。
・・・ということは、耐久力が尽きない限りは攻撃ができる・・・と考えても良い。
そのため、VISION環境を度々震撼してきた歴史を持つ。
(幻想生物がスリープ状態で登場するルールとなった要因)

・シルフィ1ショット
シルフィ+鬼符「ミッシングパワー」(2弾)×2
(4+3+3攻撃→10-2で攻撃→8-2で攻撃→6-2で攻撃)

・ミステリシルフィ
シルフィ+新難題「ミステリウム」(スペコレ5)
ミステリウムを装備するにあたり、
(ミステリウムはユニオンスペルのため素材が必要)
装備カードを除外するのですが、
そのカードたちの戦闘修正をそのまま受けるため、
シルフィが大きい戦闘修正を得ることが出来る。
それに加えて、隠密を持ち、種族:なしのキャラしか防御できなくなる。
そのため・・・相手が何も出来ずにライフ0になってしまう場合が多い。

※このカードは新弾イエローサブマリン購入特典カードとして
 今も配布されています。
※鬼符「ミッシングパワー」はBased Starterに封入されています。
 




★日符「ロイヤルフレア」(2弾)

両プレイヤーの手札を全て破棄する。
自分の場が優勢の場面で使われることが多い。
「ターン終了時にお互い1ドロー」・・・これがどう勝負を分けるか・・・・

・パッチェロイフレ
9弾パッチェでデッキサーチしてすぐさまプレイ・・・
相手の場の状況を見てプレイ出来るため、
相手の手札が充実しているときほど大ダメージ(精神的に)を与えることとなる。
自分の場が相手より優勢で
あとは攻撃していくだけ・・・そのときに邪魔されたくないときに。
・・・相手の神ドローがない限りは勝負がつく。

※このカードはBased Starterに封入されています。 



★火符「アグニシャイン」(3弾)

幻想生物。
相手に戦闘ダメージを与えた場合、
相手の場のキャラクター以外のカードを選んで破棄する。

キャラ以外のカードとは・・・
・呪符
・装備
・世界呪符
・装備/場
・カードにセットされているカード

・・・9弾勇儀で割れる相手の場のカード・・・と考えるといいのかな・・・

場面によっては相手が喜んで戦闘ダメージを受けるので使いどころが難しい。




★金符「シルバードラゴン」(3弾)

速攻を持った幻想生物。通称「シルドラ」。
攻撃5でグレイズ3・・・少しグレイズが多いが、
幻想生物には1ターンプレイ制限がないため、
同ターン中に3体並んで攻撃・・・15ダメージは痛い。
・・・ただし、ターンを経る度に
戦闘修正-2/-2を持つ呪符が付くため弱体化。
それでも・・・いきなりの速攻攻撃は怖いものがある。

※このカードはBased Starterに封入されています。



★火金符「セントエルモピラー」(スペコレ2)

幻想生物。
アグニシャインとシルバードラゴンを素材とするユニオンスペル。
攻撃宣言時、コスト1支払えば場のカード1枚破棄できる。
ただ・・・攻撃力が2。
攻撃するには不向き・・・かもしれない。
強化して殴っていきたいところ。
現環境だと活躍の場はありそうですが・・・素材除外してまで出しても(ぁ



★木&火符「フォレストブレイズ」(スペコレ3)

攻撃力3、グレイズ0の幻想生物。
アグニシャインとシルフィホルンを素材とするユニオンスペル。
攻撃宣言時、
コスト1支払えば、目標のスリープノード3枚を破棄することが出来る。
今の環境、グレイズ0で相手に影響を及ぼすキャラは
ジェラシーの格好の餌食になる。
せっかく苦労して素材除外して出しても・・・と思ってしまう・・・(汗



★水符「プリンセスウンディネ」(9弾)

幻想生物。
自分の場にいる幻想生物の枚数分のマナチャージを持つ。
・・・少なくともマナチャージ1を持っています。
このキャラ自身を維持するためにコスト2がいるため、
幻想生物を2枚以上出せることが理想。
・・・しかし、wikiを見る限り、
このカードを使っているひとはあまりいなさそうだ・・・




以上、幻視通信の紹介・・・というか、9弾パッチェの説明に終始しました。

ふーぷ様の絵がかわいい・・・
気づかれているとは思いますが、このブログの絵も彼女の作品です。

今、忙しいみたいで、当分はパルスィのままの予定。

ま、このブログの絵なんて後回しにしてもいいので、
他の仕事がんばって・・・と、ささやかながらここからエールを送っておきます(笑



また、幻視通信は1ヶ月に1回製作できたらいいな・・・とはふみ様談。

「幻視の誘い」に載せるカード考察を考えていただける方、募集しております。

そして、山口、広島地区以外でも
最後の項目「○月の交流会情報」の部分をアナタの地区に代えれば・・・
普通に告知、配布できる仕様にはなっています。

希望される方、ふみ様に直接mixiメッセージを送るか、
このブログの「管理者しか見えないコメント」にてコメント下さい。
(こちらにコメントくれた方については責任持ってふみ様にお伝えいたします。)


・・・あと、幻視通信はふみ様の許可なく不正使用(印刷して配布等)しないで下さい。 
(このブログで取り上げることも許可とっております)

許可申請してもらえれば、基本通ると思いますよ・・・
最近の記事
プロフィール・イベント告知
各地東方、その他の同人イベントの告知をします。

すかーれっとしゅーと

Author:すかーれっとしゅーと
「VISION」を楽しもう!!!
水難事故の念縛霊「村紗 水蜜」を応援しています。

・・・厳しい環境だねー発電機とか。それでも何とかなってる地獄っていいわ・・・



広島の絵師 ふーぷ様(サークル:AirPlanet)の絵です。
絵をクリックすると、ふーぷ様のpixivに行きます。



★Phantom Magic VISION ラインアップ
第一弾 『基本セット』
(No.001~100)
第二弾 『紅魔の睥睨』
(No.101~150)
第三弾 『洩矢の王国』
(No.151~250)
第四弾 『幻想の四季』
(No.251~300)
第五弾 『神霊の劫火』
(No.301~400)
Special Collection Vol.1
(No.401~410)
Special Collection Vol.2
(No.411~420)
第六弾 『悠久の月明』
(No.421~470)
第七弾 『魔界の幻船』
(No.471~570)
Special Collection Vol.3
(No.571~580)
Special Collection Vol.4
(No.581~590)
第八弾 『死霊の復活』
(No.591~640)
Special Collection Vol.5
(No.641~650)
Special Collection Vol.6
(No.651~660)
第九弾 『天空の覇者』
(No.661~760)
Special Collection Vol.7
(No.761~770)
Special Collection Vol.8
(No.771~780)
第十弾 『霊峰の魔獣』
(No.781~880)
Special Collection Vol.9
(No.881~890)
Special Collection Vol.10
(No.891~900)
第十一弾 『Starlight Glory』
(No.901~1000)
Dark Night Illusion
(No.1001~1020)
第十二弾 『Mind Revelation』
(No.1021~1120)
第十三弾 『Cosmic Dimension』
(No.1121~1220)
Special Collection Vol.11
(No.1221~1230)
Special Collection Vol.12
(No.1231~1240)
第十四弾 『Elemental Ritual』
(No.1241~1340)
Arcane Magic Vol.1
(No.1341~1350)
Arcane Magic Vol.2
(No.1351~1360)
第十五弾 『Vengeful Pygmy』
(No.1361~1460)
Arcane Magic Vol.3
(No.1461~1470)
Arcane Magic Vol.4
(No.1471~1480)

FC2カウンター
カウンター画像は神楽丼様のものを使っています。  
各地プレイヤーブログ
各VISIONプレイヤーなどなどのブログリンク集です。 赤字は各地公認大会主催ブログ(運営中)となっております。 また、半年以上更新が見られないブログはリンクをはずしています。ご了承下さい。
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。